禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  寝ている母の太股に欲情し、パンツをずらして生挿入した

寝ている母の太股に欲情し、パンツをずらして生挿入した

母との関係は大学時代から。母は離婚して私と二人暮らし。
母が友人と飲みに行き泥酔して帰ってきた日に、母に挿入したのが始まりでした。
母はまあまあ美人だが、それまでは性欲などわかなかった。しかし、酔いつぶれてリビングで寝てしまい、むっちりと白い太ももが見えたとき、私はカーッと体が熱くなった。母を女と意識した瞬間だった。私は、母のスカートの捲くり、中を覗き込んでしまった。

当事まだ童貞だった私はドキドキしながら母のパンツをずらし、初めて女のおまんこを見た。

濃いマン毛を掻き分けると、大きなダラーンとしたビラビラが見え、開くと中は綺麗な赤色。鼻を近づけると甘酸っぱい匂いがし、それで激しく勃起した。

気づかれないようにゆっくり舐め、指を挿入、母は眠ったまま。
もう自制心が利かなくなり、挿入したい一心。
横向きに眠る母のパンツをゆっくりと太もも部分まで下ろし、後ろから、勃起を母のおまんこにあてがい、挿入した。

しばらく挿入したまま止まっていたが、やがてゆっくりと出し入れをした。
しかしすぐに我慢ができなくなり、何も考えずに激しくピストンをし、最後は母の尻を片手で引き寄せ、思いっきり母の膣の奥に中出しした。

中出ししたことと、激しくしたことで母に気づかれなかったかと急に怖くなり、母の顔を見たが、眠ったままだったので安心し、パンツを戻して部屋で眠った。

次の朝も母はいつもと変わらなかった。

昼間は前夜のことを思い出してオナニーした。
夕食時、母と酒を飲んだ。

どうしてもおまんこがしたくなり、夜中に母の部屋へ。
布団を捲くり、横向きの母の尻をそっと触っても寝ていた。

前夜と同じく、ズボンとパンツをゆっくり下ろし、おまんこを舐め、背後から挿入しようとすると、急に「ちゃんと付けるものは付けなさい」と母。

心臓が止まるような思いだった。
母は起き上がり、かばんの中からコンドームを持ってきて私に渡した。
「親子でこんなことするのも異常なのに、妊娠したらどうするつもり? 昨日みたいに中で出すのは絶対やめてよ」
と言うと、母は自分でパンツを脱ぎ仰向けに寝た。

私は母の両足を大きく開いておまんこを舐めまわし、コンドームを装着して正常位で挿入した。

母は時折「んっ、んっ」と言う以外はほとんど無反応。
私は数分で我慢できなくなり、射精した。

挿入したまま母の上衣を捲くり上げ、おっぱいを舐めているとまた勃起したので、そのままピストンを始め、2度目の射精。

抜くとも母は自分のおまんこにティッシュをあてがい、私が装着していたコンドームを外した。

「母親にこんなことして、こんなにいっぱい出して、こんなこといつまでも続けることじゃないよ」
と言ってから、母は眠った。私も母の横で眠った。

その日以来、毎晩母と一緒の布団で寝るようになり、日に2-3回、休みの日は昼間でもやりまくるようになった。

それが、2年たった今でも続いているのです。

関連記事


  
[ 2018/06/10 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する