禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  俺が射精したあとも締めつけて離さない母

俺が射精したあとも締めつけて離さない母

俺は22才で母は45才、父と母は、俺が幼稚園のとき離婚、それからは母子家庭。
母はお酒が好きで、仕事から帰ると、缶ビールや缶酎ハイをたまに飲む。
飲むと陽気になり、俺にちょっかい出したりイタズラしたりする。
いきなり抱きついてきたりとか。
二年前、風呂上がりにビールを飲んでいた母、いつもやられてるイタズラを、やり返すつもりで、後ろから抱きついてやった。

驚きながら振り向いた母は、顔を赤くして、目が潤んでトロンとしていた。
凄い色っぽいと思った。

こんな色っぽい母を見たことがなかった俺は、頭の何かが吹っ飛んだ。

酔うと俺の頬にキスしたりした母、俺もやってやろうと思い、頬にキス。

「あん、いやだ」
色っぽい。
唇にもと思い、顔をよせた。

「ちょっと、だめよ」
と言いながらも、抵抗なくキス。

いつもは陽気な母が、恥ずかしそうしてる。
今まで、母に性を感じたことなど全くなかったが、初めて母の性を意識すると、興奮して、俺は歯止めが利かなくなり、暴走した。

再度キスしながら、母の胸を触る。

「い、いや。やめて。何するの」
抵抗は弱かった。

執拗にキスを繰り返しながら、母を畳に押し倒した。

母が潤んだ目で俺を見つめていた。
またキスしながら、パジャマのボタンを外し、ブラをめくり、乳首を指で摘んだりした。

「だ、め。だめだったら」
抵抗はなかった。

乳首を吸い、舐めた。
「うっ」
小さく声が出た母、ズボンとパンツを下げようとしたら、母はそれを掴み、少し抵抗したが、力は弱く、簡単に脱がせれた。

陰毛をかき分け、割れ目を触ると、すでに糸を引くくらい、濡れていた。

足を開かせると、パックリと光るあの場所。

パンツ脱いで勃起したものを出すと、母は手で顔を隠した。

指でクチュクチュさせて、母に勃起したものをあてがうと、潤んだ目をさらに潤ませて、俺をじっと見てた。

グチュっと音をさせて、頭を入れると、母は目を閉じた。
さらに奥へ入ると、少し食いしばるようにした母。

奥に到達すると、今度は目を開き
「あっ!」
と声をあげ、手で口を押さえた。

正上位でしていて、次は母に上になるよう仕向けた。

黙って腰をふる母の乳首を下から摘んだ。

しばらくしたら、母は弓なりにのけぞり過ぎて、後ろに倒れた。
息遣いから、イったようだった。

そしてまた正上位で、母の体内に射精して果てた俺。

終わったあと、抱きついて離れなかった母。

ちんぽがいまだにきつく締めつけられている。

そんな母が可愛いと思った。

関連記事


  
[ 2018/06/12 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する