禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  よき妻よき母親だと思っていたのに、本当は淫乱だった私の妻

よき妻よき母親だと思っていたのに、本当は淫乱だった私の妻

私は45歳になる。世間ではお堅いと言われている職業についている。
妻の名は「朋華」という。43歳、身長は160センチ弱、子供は2人いる。
美人タイプではないが、他人には愛想がよく、妻はパートで歯科病院の受付をしているが、そのお客さんにも受けがいいという。たまに、男の客にあからさまに誘われることもあるという。少し男好きのするタイプである。


だが、家庭では、独裁者そのものだ。事あるごとに、私につらく当たり、私をなじる。
そんな時私は口答えもせず、じっと耐える。

一番上の子は、妻の離婚した前夫の子である。
結婚して15年といったところだ。さすがに「女」としては、まったく興味がない。

この妻のことで、先日、知り合いの男性の川島から(知り合いといっても、妻の妹の亭主である。歳はわたしより上である)ずいぶん昔…、私と妻が結婚する前のことだが、私には、普段の妻からは想像もつかない意外なことを聞かされた。

それは一緒に酒を飲んだとき、かなり二人とも出来上がってきたときのことだ。

突然川島は「奥さん(朋華)元気?」
私「相変わらずだよ。なんで?」
川島「奥さんから何か聞いた?」
私「いゃ、別に」
川島「それならいいよ」と言い含み笑いをした。

私はすごく気になり「何だよ。話してくれよ」

川島「聞かないほうがいいと思うけど、奥さんに絶対に内緒にするって約束できるなら、話してもいいよ」と言うと川島はまた含み笑いをした。
私「約束するよ。どんなことだよ?」

私は川島の様子から、少し不安になった。
川島は、十六~七年前にあった朋華とのことを話し出した。

川島はもとから、私に話し聞かせるつもりだったのか、エロ小説を読み語るように、リアルに描写を加え語った。そして私を、異常に興奮させた。

川島が朋華の妹と結婚する時期にこんなことがあった。

朋華は当時28歳。
川島が実家に夕食に招かれたときだったという。
川島は朋華の父親と母親と世間話をしながら、酒を飲みながら夕食を食べさせてもらった。
朋華は気分が悪いとのことで、二階で寝ているといって、食事には参加しなかったという。

食べ終わって、食卓のいすに座って、テレビを見ていた。父親と母親は、酔いをさますために二階に上がって休んでいる。

少したつと、突然二階から、朋華が子供を連れて、降りてきた。
川島は、朋華をよく見ることもなく、テレビの映像を目で追いながら挨拶代わりに「気持ち悪いの治った?大丈夫?」と尋ねると、

朋華「大丈夫、ひろちゃんは(妻の妹・川島の妻である。)いないの?」
川島「少し遅れるって。帰ってくるまでもう少し居させてもらうよ」
朋華「どうぞ。ごゆっくり」と愛想よく返した。そして朋華は川島から2メートルほどのところのソファーに子供と一緒に、腰を下ろし、雑誌のようなものに目を落としている。

川島は、何気なく朋華を見て、「えっ」と思った。
朋華の服装はといえば、ぴったりとした、体の隆起がはっきり分わかる、よくこんな薄く作れるか感心するほどの薄手の白いTシャツ、ベージュのブラが完全に透けて見えている。

すごく柔らかそうな豊かな胸の膨らみや、ブラ紐の食い込みによる腋の下辺りの肉の隆起を、はっきり確認できた。

下半身は、素足にジーンズ生地の膝上30センチぐらいの、歩くだけでも窮屈そうな超ミニタイトで、肉好きのいい太もも、ほんのり柔らかそうなふくらはぎ、足首はよくくびれている。
足のつめにはうっすらピンクのペニュキュアを施している。

ソファーに深く座り、子供と学校の話をしていて、いかにも川島の存在を意に介してない様子である。
川島もさすがに、あからさまに朋華を凝視することはできないが、テレビを見ているふりをしながら、朋華の様子を覗っていた。
とりわけ、ピッチリとしたタイトの奥、ムチッリととした太ももの間を。

しばらくして、朋華の様子が少し変なのに気がついたという。朋華は川島と努めて目を合わさないようにしている。だが、時折川島の様子をちらちらと覗っているのだった。
たまに視線が合ってしまい、お互いに急いで目をそらすこともあった。

川島は(まさか…、もしかして、俺に意識して…。見せてる。そんなことないよな?)といろいろ思いをめぐらしていた。
その時急に、朋華の子供が「ママ、ほっぺ真赤だよ。どうしたの?」と言った。

朋華は、子供の予想しない問いかけに、アタフタし、「な・何でもないよ。すごく熱いだけだよ…」と言って、川島の反応を確認した。
川島は、全く気にしてないがごとく、テレビに視線を向けていた。

そんな状況がどのくらい続いたか、川島も徐々に、大胆に朋華に視線をむけるようになっていった。
朋華はと言うと、ますます頬を赤らめ、目を潤ませている。

さすがに川島が凝視していることに気が付いている。ソファーに深く掛けた状態で、もうタイトの奥の薄い布地がはっきり確認できるほど、むっちりとした両太ももを大きく開いている。

子供に気付かれないかと、びくびくしながら。その太ももは、小刻みに震えている。
今や、川島からは朋華のおまんこの部分を覆っているパンティの薄布が全部確認できる。

川島は、はっとした。(あいつ、おまんこ、濡らしてる!)
朋華は、パンティの薄布をビチョビチョに濡らし、自身の淫裂の形状をくっきりと浮かびあがらせている。

ねっとりと淫汁でしめったパンティの薄布のスクリーン越しに、すこし薄めであることを想像させる陰毛の滲んだ黒いろの内側に、ピンクのルージュを引いた唇を縦にあてがったような、そして少し口を開いた形状をくっきりと浮かびあがらせていた。

(この女、いたずら心でパンティを俺に見せて、反応を楽しんでいるつもりが、興奮しすぎておまんこをビチョビチョに濡らしているんだ。あんなに透けてるの気がついてないんだろうな、きっと。あれじゃ履いてないのと同じだぜ。)

川島のちんぽは痛いほど勃起していた。
そのとき、朋華の子供が「ママ、お腹が少し痛い。トイレ行く」と言った。
「早く、行っておいで」と言い、子供をトイレにうながし、子供はトイレに消えていった。

川島は意を決して、朋華の傍に歩み寄り、朋華の横の本棚の本を調べるふりをして、朋華に「ちょっと雑誌さがさせて」と言いながら、朋華のそばの雑誌を探すふりをした。

そして、川島のいきり立ったちんぽをズボンの上からつかみ、心の中で(おまえのおかげで、こんなにでかくなってるんだぜ!)と叫び、朋華に巨大になったちんぽの形を示し、反応をみた。

朋華は、赤く充血し、潤みきった目で川島のちんぽの雰囲気を凝視している。体全体がブルブルと小刻みに震えている。

川島は我慢の限界となり、朋華の鼻先でズボンのファスナーを下げ、いきり立ったちんぽを引っ張り出した。ちんぽははじけるように、朋華の目の前に現れた。

朋華は川島のこのような行動を予期していたのか、いなかったのかはわからないが、表情は緊張で硬直している。
川島はどうにでもなれという気分で、ちんぽを朋華の唇に押し当てた。

「あっ」という表情に続き、朋華は口にあてがわれた、いきり立った、匂い立つベトベトのちんぽを咥え込もうと少し口を開けたが、すぐ思いとどまり
「だめぇ…。絶対だめぇ」と小さな声で拒否した。

その声の弱さとは対照的に強く川島のちんぽを握り、唇から引き離し、顔を背けた。
朋華の唇からは川島のちんぽが漏らしたすごい量の先走り汁がタラァーツと長く糸を引き、朋華の首筋に。

フェラを拒絶された川島は、当然おさまりがつかず、朋華のTシャツの首から強引に手を押し込み、ブラの中の乳房を思い切り、まさぐった。
すごく柔らかな、ボリュームのある感触であったという。

大き目の乳首をクリクリと指先で転したり、引っ張ったりするたび「うっっ…。うっっっ」と声にならない声をあげた。そして手にしている川島のちんぽをさらに強く握ってきた。

痛みと快感で、川島のちんぽからさらに大量の先走り汁が出てきた。そして垂れ、朋華の首筋、Tシャツを濡らしている。

川島は、力をこめ、朋華の身体をソファの上に押し倒した。そして太もものの付け根に強引に手を入れた。朋華のパンティは、履いている感触がないほど、薄く、びしょびしょに濡れている。
生暖かい朋華のおまんこの感触が十分感じ取れる。

朋華「だめ…。子供がすぐ出てくるから。だ・めぇっっ」
川島「大丈夫だよ。まだ出てこないよ。たのむ」

川島はパンティのすき間をこじ開け、指でおまんこの淫裂をまさぐった。
女のおまんこはこんなにも濡れるのかと、驚くほど濡れている。すぐにグジョグジョというスケベな音を立て始めた。

朋華は川島の指がおまんこのプツプツした壁をこするたび、「うっっ あっっ」という声をもらし、のけぞっている。
朋華の口元からは、涎がうっすらと流れ出している。「アぁぁっ。いぃっっ」呻いている。

川島がいよいよ自分のいきり立ったちんぽを挿入しようと朋華のおまんこにあてがう。
「いいの?入れるよ」川島の問いかけに朋華は答えない。
だが、朋華は顔を背けながらも、ムチッリした太ももを開いてきている。完全に合意している。

背けた顔を見れば口元の涎はさらに量が増え、長く首筋まで達している。そして、しっかり閉じた眼からは涙が滲んでいる。

川島は朋華の口に舌を押し込み、生ぬるい舌を強く吸った。
にじみ出た唾液を大量に飲み込んだ。朋華の口臭の中に、少し酒の匂いがした。
川島は、ちんぽの亀頭部分を朋華のおまんこにあてがい、腰に力をこめ、突いた。

次の瞬間「ヌルッ」という感触を残し、朋華のおまんこはいとも簡単に川島のちんぽを根元まで飲み込んだ。川島は激しく突き上げた。
「パンパン。ぴちゃぴちゃ」行為の音が響く。

川島が絶頂に達し、精液を放出するのには、それほど時間を要しなかった。
川島の絶頂が直前に迫ったことを察した朋華の「な、中にださないでぇ…」との懇願に沿うこともできず、朋華の膣から引き抜く暇もなく川島のちんぽが脈打ち、ドクドクと膣内に大量の精液が流し込まれた。

朋華「いやぁっ…。中に出しちゃ、いやって言ったのに」
中に出されたことを察知し、小さくつぶやいた。

行為の後の虚脱感が二人を襲う。川島は行為の仕上げに、まだ尿道に残留している精液を朋華の膣内に絞りだそうと下腹部に力を込める。
その時である、トイレからジャーと水を流す音が聞こえた。
朋華は「いやぁっ」と小さく叫んだ。

川島は急いで朋華の膣からちんぽを引き抜いた。
残留していた精液が朋華のタイトや太ももに長く糸を引いて垂れる。
朋華はそれを手ですばやく拭き取る。ふき取られた太もものあとは、テカテカ光っている。

瞬間二人は、服装を正し、何もなかっかたように、川島は元の場所にもどり、テレビを見ているふりをした。朋華は子供と何やら話をしてる。

川島は、そのあとすぐに朋華の妹と結婚し、それからは、朋華とは何もなかったかのように、妻の姉として接してきたという。

それがなぜ、この時期にこんな話をしたかというと、先日川島は私に簡単な打ち合わせがあり、自宅に電話をしたという。川島は、昼間からかなり酒をのんで、ほろ酔い気分であったという。
私は留守で、朋華がその電話に出た。

いろいろと世間一般の話を続けた後、川島は我慢できずに、十数年封印してきたその話を朋華に持ち出したという。

川島「ねえ、ずいぶん前のことだけど二人ともすごいことしたよね…。覚えてるよね?」
朋華「なっ何?」
川島「キミ、すごく短いタイトと極薄のパンティ持ってるよね?」

朋華は何も言わない。

川島「完全に透けて、見えてたよ」
朋華「見えてたって、何が?」

川島は少しその単語を口にするのを少し躊躇したが、「朋華のオ・マ・ン・コ。すごく濡れててパンティ越しに完全に透けて見えてたよ」

朋華「えっ…」
川島「ご主人にあの時のこと、話した? まさか話してないよね?」

そのとき川島は興味本位のみで聞いたのだが、朋華は少し脅されたみたいにとったようで、
朋華「どういう意味?何が言いたいの!」と威圧的に聞き返してきた。

朋華の態度に川島は少しむかついて、それなら脅してやれと言う気持ちになったという。

「そっちがとぼけるならいいよ!俺はまだ、はっきり覚えてるからね。全部」
「これからあのときのこと、質問するから答えてよ。いやなら答えなくてもいいけどね!」完全に脅しである。

川島「わざとあんな格好して、俺に見せたよね?」

朋華は無言である。川島はもう一度「わざと見せたんだよね、ちゃんと答えなよ!」
つぎの朋華の言葉に川島は興奮したという。

朋華は動揺を隠すように、少しおどけて「あの時は変なもの、お見せしましたぁ…。ごめんなさい。誰にも…言わないでください…」

川島「ちゃんと答えるんなら、誰にも話す気なんかないよ」
川島「あそこ、ビチョビチョだったよね。気がついてた?」
朋華「結構濡れてたのはわかってた。でも透けて見えてたのは知らなかったょ…」
川島「興奮してたの?」
朋華「ん…。たぶん…」

川島「俺のもの、フェラしたよね?」
朋華「してもいいと思ったけど、しなかった」
川島(こいつよく覚えてる。)
川島「おれの(精液)、中に出されたの覚えてる?」
朋華「ん…。出されたの…、覚えてるょ…」
川島「(妊娠)大丈夫だった?」
朋華「大丈夫だった…」

川島「なんで、あんなことしたの?まぁ俺はいい思いしたけどね。妹の亭主になる人間にだよ」
朋華「…。自分だって、ひろちゃん(妹)とすぐ結婚するのに」
川島「でも仕掛けてきたのは、そっちだよ」

朋華「…。あのころ、すごくしたくなる(セックス)時があって、あの時もそうだった」
「最初は、そっちの反応見るのが面白かったけど、途中から、頭がボーッとして、(セックス)したくて、どうしようもなくなっちゃたの。女は、そういうときがあるの」

川島「そんなもんかね。わかんないけど。今も見た目悪くないけど、亭主以外の男としたことある。受付なんかやってると、誘われるんじゃないの?」
朋華「たまに誘われことはあるけど。一緒に飲みに行くことはあるよ」

川島「亭主に内緒で?」
朋華「さすがに、言えないよ。そんなこと」
川島「それで、やる(セックス)の?」
朋華「…やらないよ。一応亭主いるからね」
川島「うそだろ、たぶん、やってるんだろうなぁ…」
朋華「…。やってないよ。もう言わないで」

川島は(こいつ絶対やってる)と思った。
ここまで話したところで、川島の妻が帰宅し、部屋に入ってきたので、友達との会話を装い電話を切ったという。

私は、川島の話の真偽を朋華に問いただす勇気はない。
でも内心は、たぶん本当だろうと思っている。どこにでもいる母親であり、潔癖症で、私には暴力的でもある妻の印象しかない。

朋華の想像もつかなかった一面を知らされ、それまで女としてまったく興味を失っていた朋華対して、ゆがんだ興味を覚えている。

その後しばらくして、川島は朋華の妹と離婚した。原因は定かでないが。
川島が十数年も前の妻の痴態を話したのは、私や妻とのしがらみがなくなることがわかっていたからかもしれない。

そして、以前抱いていた「自分の妻は、良識人で、良き母親であり、世間によくいる浮ついた人妻とは違う女」であるとの安息感を、この先絶対に取り戻すことのできない私がいる。




  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ