禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  人妻・浮気・不倫 >  人妻ですが、バイトの男の子の身の上に同情してやらせてあげちゃいました

人妻ですが、バイトの男の子の身の上に同情してやらせてあげちゃいました

私は、今職場の若い男性とお付き合いしています。
でも私が40歳で、彼がまだ大学生です。
お弁当屋さんで、私がパートで、彼が1年半前の夏休みにアルバイトととして入ってきました。背が高く、ジャニーズのようにルックスもかわいい
もっと違うところで働けばいいのにと思っていましたもちろん、若い女の子のスタッフや、同じバイトの女子学生さんにモテモテでした。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

そんなある日、彼と夜の当番になりましたが、
あいにくお店は暇で、彼とお話ばかりしていました。

すると彼は、自分が子供のころにご両親が離婚し、
お母さんは不倫をしていた男性と外国に…そして全く連絡はなく、
お父さんは、リストラされ家にも殆ど帰らず、学費は自分で何とかしてくれと言われ、
食事ができる学校近くの弁当屋にバイトを決めたと話してくれました。

その時、私は涙が止まりませんでした。
また、来週誕生日と聞いていましたので、
下着とかを買ってプレゼントしましたら、彼は大喜びをしてくれました。

私達は、その日から、なんとなく深夜の仕事が終わると、
彼の行きつけの喫茶店に立ち寄るようになっていました。

そして、私達は、お茶を飲みながらいろいろな話をしました。
その時私は、彼の瞳に時々吸い込まれるような気持ちになることがありました。

その晩、深夜に喫茶店から出て、裏通りをいつものように歩いて帰っておりましたら、
彼が急に私に覆いかぶさるようにキスをしてきましたが、
抵抗することなく彼の気持ちを受け入れてしまいました。

私は「ばかね、こんなおばさんをからかっしゃだめでしょ!」と恥ずかしさを隠すように言いましたところ、
「俺にこんな素晴らしいお母さんかお姉さんがいたら本当幸せなんですけど…」と涙を流しながら言いましたので、
「私でよかったら、いつでもいらっしゃい。でも、みんなには絶対に内緒よ」と言ったら、また強くキスをしてきました。

この日から、私達はいつものところで抱き合ってキスをするようになっていました。

私には、こう見えても一応主人がいますので、セックスだけはしないと約束していましたが、彼の限界がみえてきましたので、私は平日の休みを利用して、彼は学校を休んで、一人暮らし状態の彼のアパートに行きました。

ところが、彼とセックスをするどころか、
部屋はいつお掃除をしたのかわからない状態で「あなたこんなところで生活していたら病気になっちゃうわよ!」と言い、二人で一日中大掃除でした。

掃除が一息ついたところで、キスして帰ってきました。
次の日は、近所の奥様から「お母さんが掃除をしに帰ってきたのよかったわね」と言われたようです。

やっと次の週の休日に、彼の部屋でゆっくりすることができました。

私が、部屋に入るなり、ベッドに押し倒してきましたので
「メールでお風呂の準備をしておいてねって言ってたけど?」と聞きましたら
「気にしない」と言いました。

なので「こういうことは、お互いに綺麗な体になってすることなのよ。いい子だらか言う事を聞いてちょうだい!」と大きな声で言ったら彼の力が抜けていきました。

お風呂では、洗ったのかいちゃついたのかわかりませんでしたが、
彼の下半身が大きいのと、本当に真上に立っていましたのには驚きでした。
こんな大きなものが、今から私の中に本当に入るのかしらと心配になりました。

そして、恐る恐るベッドに入りましたら、彼はいきなり大きな指を私の中に入れてまいりました。

でも、私は彼の大きな指だけで、あっと言う間にイってしまいました。

彼は、少しでも早く私の中に入りたいと言いますので、
こんなものが本当に入るのか少しずつ導いていましたら、
彼が「あっ!」と言うのと同時に、私の顔や髪まで大量の体液をペニスから吐き出してしまったのです。

彼は「ごめんなさい…」と泣き声で言いましたので
「いいのよ、本当に初めてだったみたいね。お風呂で綺麗にするから一緒にいらっしゃい」と言いましたら「うん」と素直な子になっておりました。

4回目ぐらいから、慣れたように深く強くしっかりと抱いてくれました。

夕方に子供から携帯に「ママ、どこなの?夕食の準備は?」とメールがありましたので
「ゴメン、ママ今日ね、臨時のお仕事が入っちゃったの。まだ帰れないから、ラーメンで済ましておいてね」とメールしてしまいました。

その間、彼は私を離すことなく、激しく動いておりました。
私達は、いつまでも無言で愛を確かめるように体を何回も重ねておりました。

やがて、終電の時間がせまってきましたので、いやいや服を着ました。
その時私は彼に「どうして私のようなおばさんを好きになったの?あなたの周りには若くてかわいい子がたくさんいるでしょうに?」と聞きましたら、
「俺のこの苦しさの中では、他の女の子はどうでもいい。今の俺にはあなたが絶対必要なんだ!」というと同時に私は彼を抱きしめて激しいキスをしていました。

電車の中では、大きいペニスを受け入れた余韻と、何回も愛を確かめ合ったことで、体中から力が抜けていきました。

私の定休日は、彼とのデートの日になっていきました。
彼は、学校から「君はどうして毎週決まった曜日に病気になるんだね?」と聞かれたそうですが、出席日数には問題がないと確認できましたので安心しました。

彼は、デートの度にセックスが上達していきましたし、
私も若い彼のセックスと大きいペニスに心のそこから喜びというものを教わりました。
今の私は彼なしでは絶対に生きていけません。

今の私には、誰が何を言っても、歳の差が大きくても、家庭が壊れても、彼がいないと生きていけません。

関連記事

DMM・FANZA 電子書籍・月額読み放題。月額1480円! ただいま4週間無料キャンペーン実施中。

単品の電子書籍も充実しています!
[ 2018/06/23] 人妻・浮気・不倫
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する