エロビデオ見ながら寝ていたら、母が初体験させてくれた

中学の頃、DVDではなくビデオが主流だったころ、僕は秋葉原のビデオ
ショップで購入したエッチビデオを家族が寝静まった後にリビングのテレビ
で見るのが日課だった。そこにしかビデオデッキがなかったためだ。
毎日びくびくしながらやっていたが、数カ月するとなれてきた。
リビングのソファで音が出ないようにイヤホンであえぎ声を聞きながらしごいていると、気持ち良くなりうとうとすることも多かった。


ある日、いつものようにオナニーしながらうとうとしてしまった僕は、夜中にちんちんに温かい感触を感じて目を覚ました。

母が隣に座って、手で僕のちんちんを触ってくれていたのだ。

僕にしーっと指で合図すると母は僕の手を胸に持って行ってくれた。

胸を張って僕に両手で揉ませた後に、パジャマを脱ぎ柔らかくて大きい胸で抱きしめてくれた。

夢中で胸に吸いついていると、母は僕のちんちんをさすってくれた。

あっけなく射精してしまったが、母は慌てることなく手に付いた精液を舐め、僕の顔の前でパジャマの下を脱ぎ、下着を僕に脱がせると、口元に股間を突き出すように押しつけてきた。

「いっぱいおつゆが出るから全部舐めてね」

同時に優しく手でちんちんを揉んでくれた。

そしてゆっくり僕から離れ、キスしてからしゃがんでちんちんを咥えてくれた。

頬をすぼめてちんちんを吸い込みてっぺんから付け根までていねいに舐めてくれた。

もう一度キスしてちんちんを母に向けて突き出すように向けてくれ、そのまま腰を落として挿入させてくれた。

想像よりずっと締め付けられ、口よりも強い圧迫感だった。

ぬちゃぬちゃいやらしい音をさせながら腰を動かしちんちんを出し入れさせると、ほどなくして強烈な射精感とともにそのまま射精した。

「疲れた?」

「大丈夫、すごい気持ち良かった」

「良かった。内緒でエッチしてあげるからね。恥ずかしがらなくて良いよ」

もう31歳になってますが、母とのエッチは続いています。

関連記事

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧