禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  未亡人の母を自分のものにしたくて、一気に挿入しました

未亡人の母を自分のものにしたくて、一気に挿入しました

1年前。父は交通事故で亡くなりました。
その時の私は22才、母の貴美子が42才でした。
母と二人で暮らす様になってから、それまで考えもしなかった妄想に取りつかれました。それは、母である母を私のセフレにする事でした。
どうせ二人きりの生活。何があろうと、私と母の生活を邪魔する者はいないのです。
そう思い始めると、その妄想は益々膨らんで、母を女として観察するようになりました。

母は42才。女としてもまだ十分に魅力ある肉体です。

そして、あの夏の夜。
襖一枚を隔てただけの母の部屋に、私はそっと入りました。
部屋は暗いままです。

暫くすると目が暗闇に慣れました。母は夏掛けをかけた姿で眠っていました。
寝姿が乱れていました。白いスリップになぜかドキドキしてしまいます。

母を呼んでみる。
「母さん起きて・・」
母は事情が良く飲み込めない様で、
「えっ?何・・どうしたの?」
「今夜から俺の好きな様にさせてもらうよ、お母さん・・・そう決めたから」

母はその言葉の意味がやはり判らないようだった。

私は母に覆いかぶさった。
「何のマネ?やめて!」
母は暴れたが、それは予想していた事だ。

「大声を出したっていいけど、困るのは誰?」
組敷いたままそう言い放つ。
「母さんは俺の言う事を聞いてくれればいいんだ。それだけのことだよ」

母は大人しくなった。
私は改めて身体を見た。
隙だらけのスリップ姿の母。
スリップのストラップを下ろすと、母の乳房が剥き出しになった。

思ったよりもボリュームのある乳房だつた。
私は思いっきりその乳房にむしゃぶりついた。

母の抵抗はしばらく続いた。拒む言葉を何度も叫んでいた。
だがやがて、それらが全て虚しいことに気づいたようだった。

その頃には、母を裸同然にしていた。
母の腰辺りに、スリップが纏まった状態、上も下も剥き出しになっていた。

「アッ!ダメ・・・そんな事しないで!」
それが、私がこの世に産まれ出た肉穴に、顔を埋めた時の母の言葉です。

私の頭を押さえながら、思いっきり母は身体をのけ反らせました。
でも、抵抗しているんじゃありません。母はおまんこを舐められて感じているんです。

母にとって、本当に久しぶりのセックス。
実に素直に反応を示してくれた。

愛液が溢れ出し、もはや母に抵抗する様子は無かった。

母の腰が浮きあがる。チュパチュパと音をたて愛液をすする。
母の乳首が、まるでグミの実の様に勃起していた。
その乳首に吸いつきながら、同時に私はちんぽを母の秘部に挿入した。

母の口唇をねぶり、舌を絡ませ、そのままの姿勢でおまんこを突きまくる。
クチュッ! ニチャッ! クチャッ!
ちんぽに愛液が絡み、抽送する度に卑猥な音がしている。

今度はやや身体を起こし、母を見下ろしながら腰を振る。

母がハアハアと肩で呼吸をしている。

ちんぽが抜ける寸前まで引き抜き、再度、根元まで埋め込んだ。

母のよがり声。ひさびさのSEXに夢中になっている母のよがり声!

そのまま、激しく抽送を開始し、何度も恥骨に当たるくらい打ちつけた。

「だめ!あぁ許して」
母の叫びに呼応して、おまんこがちんぽを真綿で絞めるように包み込んでくる。
その心地よさは何とも表現できない。

ついに達した。母も一緒に達していた。

大量の白濁液が胎内に放たれる。
膣内におさまりきらず、じゅるじゅるとちんぽと肉襞の間からあふれでてくる白濁液。

「しちゃったのね、私たち」
「うん、しちゃった」

母は中出しされたことで諦めがついたようだ。
「もう、しょうのない子ね、こんな未亡人のおばさんでいいの?」
「いいに決まってるじゃないか、お母さん!」

母の腕が私の背中を抱き寄せた・・・。

関連記事


  
[ 2018/07/21 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する