禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  巨乳の人妻生保レディを家に呼んで、ハメまくって中出しした

巨乳の人妻生保レディを家に呼んで、ハメまくって中出しした

今日会社を休んだ。
ついさっきまで会社に来る保険のおばさんと、自宅でハメまくっていた。
「保険の話があるんだけど・・・」と言って自宅に来てもらった。
「あまり時間がないので、早く来て欲しい」
と嘘をついて、午前中の早い時間に来てもらった。
おばさんは文子さんと言う名前で、45歳くらいの巨乳のおばさんだ。


身長は155cmくらいだろうか。
やたらとおっぱいが大きい。

文子さんは、その体型を気にしているのか
いつも黒っぽい服装でいた。

俺は、いつも文子さんとSEXするところを想像してオナニーをしていたが、
もう本当にやりたいと思って来てもらったという訳だ。

玄関のチャイムが鳴り、俺が出て行くと、いつもの文子さんがそこに居た。

わざと「本当にあまり時間が無いんだ」と嘘をついて、さっさと家の中に文子さんを入れた。

文子さんは、さっそく保険の話をし始めた。

初めは俺もドキドキして、なかなか手を出せなかった。
文子さんが説明をしている間、気付かれない様におっぱいとかスカートから覗いている足とかをじっと見つめていた。

でももう限界だった。
説明をしている文子さんの前で俺はいきなり立ち上がって、着ているものを脱ぎ出した。

唖然としている文子さんの前で全裸になり、勃起しているものを堂々と文子さんに向けた。

「田中さん!な、なにを・・・!」
文子さんはこの時点で騙されたと悟ったと思う。
身の危険を感じたと思う。

文子さんはバッグの中の携帯電話を取り出し、どこかにかけようとした。

助けを求めようとしたのだろう。
俺は、電話を奪い取ると、スイッチを切った。

文子さんは大きな声を出して逃げようとした。
俺は、がっちりと文子さんをつかまえて思い切りビンタをくらわした。

「いっ!いやあっ!」
「うるせえ!おとなしくしろ!」
文子さんをその場に無理矢理押し倒して、のしかかった。

俺はもう裸だったから、後はもう挿入するだけだった。
文子さんは激しく抵抗した。でもオレに押さえつけられて動けない。

押さえながらおっぱいをぎゅうぎゅう揉みしだいたり、お尻をさすったりした。

「何で!?どうしてなの?田中さん信じてたのに」
大きな声で文子さんが叫んだ。

しかし俺は無視してスカートをまくりあげ、パンストと薄いブルーのショーツをずりおろした。

文子さんの陰毛が目に飛び込んできた。
何か叫びながらなおも暴れて抵抗する。ショーツの右足は何とか抜いたが、左足は膝下くらいに絡まったまま、俺は暴れる文子さんをさらに押さえつけた。

そして、勃起したものをあてがうと満身の力で一気に貫いた。

「きゃあああああっ!いっ、いやああああっ!」
俺は文子さんをがっちりと捕まえていた。

もちろん濡れていないので痛いだろう。俺でさえもきしんで痛いのだ。

「今日はたっぷりと犯してあげるからね。観念しな」
「もう俺のものが入っちゃってんだからさ」
そう言うと文子さんは俺を睨み付けてきた。

俺はその目を見ながらピストンを続けた。
「へへへ、いつまでそんな強気な目付きをしていられるかな」
「ほーら、気持ちよくしてあげるからね」
ズン!ズン!ズン!

20分もしたろうか。
ちんこがスムーズに動くようになった。文子さんが濡れてきたのだ。

文子さんは相変わらず俺を睨み付けている。
しかしオレはピストンしながらシャツを捲り上げ、ブラジャーをずりあげて、両手でおっはいを揉みまくった。

想像通りの巨乳だ。
ずっしりと重いのに揉み込むと柔らかい。

「なんだよ。乳首が立ってんじゃん」
俺はいったん動きを止めて、おっぱいを集中攻撃した。
「も、もう止めて」
文子さんがせっぱ詰まった声で俺に言った。感じているのはまちがいない。

「でもすべりが良くなったから、感じてきたんでしょ?」
「そ、そんなことないわ!う、うそよ!」
「あーそー。じゃあ、いくら俺が動いても平気だね?」
「あ、ちょ、ちょっと・・・い、いや・・まって・・やめて・・・あっ、ああっ」

文子さんは明らかに感じていた。
俺は両足を掴んで肩にのせ、屈曲位にもっていき、思い切りピストンをした。

俺の顔のすぐ近くで、まだ足に絡まったままのパンストとショーツが揺れている。
妙にいやらしくて俺は興奮した。

歯を食いしばり、顔を激しく左右に振って文子さんは耐えている。

「中に出してもいいかい?」
「だ、だめ!それだけは絶対だめ!」
「じゃあ中に出しちゃおっと」
「い。いやあ!絶対だめ!やめて!」

俺はいきそうだった。
これ以上ないほどの激しいピストンでおっぱいをぎゅうぎゅう握り締めながら、もちろん文子さんの中にたっぷりと射精した。
どくっどくっ。

「だめえええっ!」俺はがっちり掴んではなさなかった。
「もう中に出しちゃったからね、文子さんはもうオレのものだよ」
そういうと、文子さんは諦めきった顔になった。

「出しちゃったのね、中に・・・」
文子さんはそう独り言のように言うと、今度は開き直ったような表情になった。

「じゃあ、もう一回しようか・・・」
そう言った文子さんの顔が淫らに微笑んでいるように見えた。

オレは文子さんの豹変に内心驚いたが、顔には出さず心の中でガッツポーズした。

それから、文子さんが帰るまで計8回もやりまくった。
夕方外に出たら、太陽が真っ黄色に見えた。

関連記事



  
あるある経験あるな
若い頃、何回かあったな 翌日の太陽が少し黄色身かかった色
俺も当時はほぼ生出しゴムなど考えたこともなかった。
[ 2018/07/27 14:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する