僕と人妻ルミのエッチな体験

ルミと会う直前にコンビニに寄ることにした。
今日は会って直ぐにラブホテルに行く約束をしていたので、ドリンクと休憩時のおやつを買うつもりだった。
ところが店内を見回しているうちに、ふとソーセージに目に止まった。
ソーセージは3種類ある。
『細いもの』『太いもの』そしてもう1種類は驚くばかりの『ジャンボサイズ』


体験談「ルミとソーセージ」

「あ、そうだ」
 僕はソーセージを眺めているうちにある考えが閃いた。
 結局、3種類のソーセージをそれぞれ1本ずつ買うことにした。

 以前ルミとの会話の中で、一度だけだがオナニーの際にソーセージを使ったことがあると言っていた。
 僕はその時の彼女の言葉を思い出したのだった。
(じゃあ、僕が入れてやろうじゃないか)

 しかし『太いもの』は何とか入るだろうが、ひときわ大きな『ジャンボサイズ』が果たしてルミの狭いスリットに収まるだろうか。
 だって直径が優に7センチはあるんだもの。

(どうしても無理ならルミに料理用として持ち帰らせればいいか)

 コンビニの男性店員はそんな僕の不埒な思惑など知るよしもなく、慣れた手つきで商品をビニール袋に入れていた。

 そして予定どおりルミと会って即行ラブホテルへ。
 ルミは思いがけない“みやげもの”に目を丸くしていたが、まんざらでもない様子でクスクスと笑っていた。

「あは、細いものと中間のものはたぶん入ると思うけど、その超でっかいのは……ちょっと無理じゃないかしら?あ、でも、案外入ったりして。試してみようかな~」
 そうつぶやきながら興味深げに『ジャンボサイズ』を手に取ってしげしげと眺めていた。

 シャワーを浴びてすっきりした表情のルミをベッドでたっぷりと愛撫をした後、ついにソーセージタイムへと突入した。

 粘膜に傷をつけてはいけないので端の金具を外し、さらには衛生面も考慮して剥いたソーセージの上からコンドームを装着することにした。

 自身のソーセージもすでに隆々と元気が漲っていたが、それは後の楽しみに取っておいて、今は買ってきたソーセージの挿入に専心することにした。

 先ずはじめは『細いもの』からスタート。
 でも直径が3センチぐらいしかないのであまり感じないようだ。

 以前「私の場合、長短はあまりこだわらないんだけど太さはすごく重要なの。太巻きのおちんちんって、うふ、最高!」などとのたまっていたルミにとって、やはりソーセージの太さも同様なのだろう。

 次に直径5センチの『太いもの』をチャレンジしてみたがどうにか収まった。
 ピストンすると膣壁がかなり擦れるのか、「はぁはぁ」という息遣いが聞こえてきた。

 そしていよいよ本日のメインイベント『ジャンボサイズ』の登場と相成った。
 緊張のせいか彼女の顔が少しこわばっている。

 中身のサイズが半端じゃないので、装着したコンドームもはち切れそうなぐらいパンパンにはっている。
 押し込んでみたがかなりきつい。
 入らない。

(やっぱり無理かも……?)
 先端がどうにか入ったがそれ以上進まない。
 周囲の陰唇が苦しそうに腫れ上がっている。

「入らない?もっと力を入れてぐっと押し込んでみて」
「これ以上は何だか怖いなあ……」
「だいじょうぶよ。がんばってみて」
「うん、でも……」
「だいじょうぶよ。赤ちゃんだってここから生まれるんだから。あはは」

 ルミはのんきなことを言っている。
 さすが人妻さん、腹が据わってる。

「そりゃまあそうだけど。でも痛かったら言ってね」
「うん……だいじょうぶ……あぁっ……」

 なかなか入らないので、ねじ回しの要領で少しひねりを加えながら押し込んでみた。

(ググ・・・)
「少し入ったみたいね」
「痛くないか?」
「うん、だいじょうぶ。気にしなくていいわ。痛かったら言うから」

(ググ……ググ……)
 3センチくらい入ったようだ。
 ソーセージは確かに超極太だが、原材料が肉なので弾力性に富んでいる。
 ルミのスリットは恐いぐらいに拡がっている。
 スリットは『ジャンボサイズ』をゆっくりと飲み込んでいく。

 5センチほど入ったところで一旦挿入を止め、ゆっくりとピストンを始めようとした。
 ところが……全く動かない。
(こりゃ困った……どうしよう?ある程度は入ったけど、動かせないからルミが感じないや・・・)

 悪戦苦闘している僕を見て、ルミは笑っている。

「無理かな・・・?」
「かなりきついけど・・・あ、そうだ」

 その時僕は閃いた。
(直球勝負じゃいくらがんばっても厳しい。ここは変化球を投げてみるとするか)

 さっきからぐいぐい押し込もうとするばかりだから、ルミが感じなくなっているのかも。
 ルミをもっと感じさせてやり、しっかり膣を濡らせば案外挿入は楽かも。

 挿入途中の『ジャンボサイズ』はそのままにして、ルミのクリトリスに触れた。
「あっ……」
 横擦り、円周攻め、とクリトリスを2種類の方法で交互に攻め立てた。

「ああっ、そこはだめ……感じるぅ……!!」
 ルミが激しく反応した。
 しばらくクリトリスをいじっていると、じんわりと潤滑油が溢れてきた。
 『ジャンボサイズ』の挿入をリスタートした。

 おお!すごい!!入っていく!!
 男根のように高速で動かすことはできないが、その一突きは実に重々しくまるで杭打ち機を地中に打ち込んでいるようだ。

 『ジャンボサイズ』はゆっくりではあるが、確実にルミの膣奥へ食い込んでいった。

「あぁ、シャイ!すごいわ!すご過ぎるわ!!こんな感じ初めてかも!!ああっ、いやぁん!!だめっ!!ひぃ~~~~~~!!」

 ルミは初めて体感する『ジャンボサイズ』の威力に激しく戸惑っているようだ。
 数分『ジャンボサイズ』で攻め続け、ルミが喘ぎ続けているさなか、僕は『ジャンボサイズ』を引き抜き、代わりに僕自身の肉棒を挿入することにした。

『ジャンボサイズ』の後だけにいささか引け目を感じながらも、怒張したものをルミの膣内に押し込んだ。

「はあ~っ!いいわっ!!やっぱり本物がいいっ!!もっと突いて!!もっともっと激しく突いて~~~~~!!」

 ラブホテルを後にするとき、どういう訳かルミはソーセージを捨てないでカバンの中にしまい込んだ。
 僕は翌日電話でそのことを聞いてみた。

「あのソーセージどうして持ち帰ったの?もしかしてあれからオナ用に使ったとか?それとも妬けるけど旦那さんに使ってもらったとか?」

 ルミは可愛いことを言った。
「ううん、使うのはまたシャイさんに会った時にしてもらうわ」

「ということは……」
「うん、あのソーセージね、料理に使ったの。美味しかったわ。あははは」
 これ、恥ずかしいけど、以前の恋人とのお話です(汗)

愛と官能の美学 管理人・Shy様からの投稿です

関連記事

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧