禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  OLの私はマセガキたちにマワされたのに、快感を覚えてしまいました

OLの私はマセガキたちにマワされたのに、快感を覚えてしまいました

私は24歳のOLです。
私は仕事が終わり、家に帰る途中でした。いつも近所の公園の横を通って
帰るのですが、そこに少年たちが9~10人ぐらいで遊んでいました。
そのうちの一人が私の方に近づいて来て「お姉ちゃん、ちょっと来てよ」
と言うので、公園の中に入ると、少年たちが私の方を見てニヤニヤしていました。
どうもこの子達、マセガキみたいです。

そして一人が「こっちこっち」と言って、トイレの方に誘ってきました。
私は嫌な予感がしましたが、何かあるのかと思いとりあえずついて行きました。

トイレの近くまで来ると、男子トイレの個室まで押し込まれ、マセガキたち
5人が突然私を羽交い絞めにし、服の上からおっぱいを揉んできました。

振りほどこうにもマセガキ5人相手では無理で、両手を後手に縛られさらに
おっぱいを愛撫してきています。

 私が身動きできないことをいいことに、一気に下半身は露出されました。
最近のマセガキは、セックスの知識も豊富にあるようです。
おまんこに指を入れられまさぐられ感じてしましました。

経験人数も少ない私は、マセガキの愛撫で愛液が溢れ出し、次の瞬間には
おまんこにマセガキのペニスを受け入れていました。

 1人目は、挿入後、「お姉ちゃん、中気持ちいいよ~、我慢できない」
といいながら、「精子だしちゃうね!」といった瞬間に中出ししていました。
 
 私は、中出しを受け入れるしかなく、放心状態になりました。
しかし、マセガキたちは、そんなことお構いなしに次々と挿入し、中に放出して
いきました。

個室内にいた5人が中出し終えると、外で見張っていた5人と
入れ替わり、その5人も次々に中出ししていきます。
10人分の精子が床にこぼれ落ちていく感覚に、私は快楽を覚え始めていました。

 みんなが出し終わると拘束が解かれ、解放されるのかと思いましたが、
今度は複数プレイと移行されたのでした。

おまんこ、口、両手、パイズリと5人を一気に相手にさせられました。
嫌がっていた自分がどこかに行ってしまったかのように、かれらのペニスをむさぼり、
しごき、おまんこで締め付け、おっぱいではさみました。

 彼らに放出してほしくてたまらない感情にさえなっています。
恥骨を下になっているマセガキに懸命にこすり付け、自分の意思とは反対に
射精を促す行為に、私自身恥ずかしい気持ちでいっぱいです。
でも、気持よくてやめられないのです。

5分もしないうちにおまんこ、口腔の順に射精されました。
手とおっぱいではいけなかったようで、おまんこ、口でさらに精子を絞っていきました。

「お姉ちゃん、ずいぶん積極的になったね。まだ、5人分あるから頑張って」
「床の精子すごくない?池みたいになってるよ~」
「フェラ初めの時よりずっと積極的で気持ちいし、エロい顔になってるよ~」

など、マセガキの声が聞こえましたが、おまんこと口で射精させることでいっぱい
いっぱいだったので、ほとんど聞こえませんでした。

 5人が終わると次の5人。
でも、はじめの5人が回復するので、永遠に終わらない状態でした。

10人を満足させることができたのは、23時のことでした。
5時間もトイレでセックスしていたことになります。

私のおまんこと口にあふれるほど精液を注ぎ込んだマセガキたちは、
「お姉ちゃん、ありがとう」といって引き上げていき、私もやっと家に帰ることが
できました。

そして、あれから一週間がたちました。
最初はあんなマセガキに・・・と思うとくやしくて堪りませんでした。
でも、あのときの快感がなぜか忘れられません。思い出すとおまんこが濡れてくるんです。

(今日あたり、帰りに公園の前を通ってみようかしら・・・)
そう思う気持ちがどんどん強くなっていくんです。私はどうしたらいいんでしょうか・・・。

関連記事


  
[ 2018/08/09 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する