禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  学生のとき好きだった彼とラブホへ、主人では到底味わえない快感をむさぼりました

学生のとき好きだった彼とラブホへ、主人では到底味わえない快感をむさぼりました

私、真理と言います。今32歳、夫と娘の3人で都会のマンション暮らしです。
主人は優しく穏やかな人で日々の生活も平和な普通の家庭だと思い満足して居ました。
ある日、親友の知子が話していた高校の同窓会の通知が来ました。
今までも数回開催されていましたが都合が悪く出席したことはありませんでした。
今回は障りになる理由も無いので出席しました。高校時代の淡い恋心を抱いた真君も出席して居ました。


宴も酣になり男性陣も女性陣もそれぞれ固まりになって思い出話や近況を伝える雑談に花が咲き、あっという間に予定の時間が過ぎました。

お酒の飲み足りない人、思い出話に興奮している人、みなさん二次会の計画を立て中心になる人に付いてお店に向かいます。

私はお酒も体質的に弱いし、親友の知子も来て居ないので失礼して一人で駅に向かい商店街を歩いていました。

すると後ろから突然肩を叩かれびっくりして振り返ったら真君が傍に居てにっこり笑っています。

「真理ちゃんと話がしたかったけど機会が無く残念だなと思っていたら一人で駅に向かって帰って行くんで、皆には悪いけど急用が出来たことにして追いかけて来たんだ」

調子のいい子では無かったので信じられるけど、
「あらぁ、私に興味なんて全く無かったのにへんねぇ、何方かと間違いじゃないの」
と意地悪く言ってみた。

「そんなことないよ、真理ちゃんのこと気になっていたけど部活で毎日しごかれてさ、彼女を持つ意識がなかったんだよ」
高校時代は早熟な子は恋愛に発展して楽しんでいた子も居たけど、恋心か、憧れか、判然としないまま過ぎてしまった子も多かった。
私もその一人だと思う。

「真理ちゃん、急いで帰らなきゃならないの?僕とゆっくり話す時間ない?」
単刀直入に聞かれどぎまぎしながら、思わず「良いわよ」って承諾してしまった。

後から考えると赤い糸が真君との間に繋がっていたみたい。
同窓会の人達に逢わないように新宿にあるホテルのスカイラウンジで落ち合うことにして別々に行動をした。

秘密めいて電車の中で気持ちの昂ぶりを感じたことを鮮明に覚えている。
実際は二次会に向かう人達に対して会いたくないだけの単純な理由なのに、
真君と示し合わせて秘密の行動をしている気持ちを持ってしまったことが予期して居ない結果になってしまった。

静かに流れる音楽の調べと光り輝く都心の夜景、家事と育児の平凡な時間を過ごしている主婦が、突然一番のお気に入りのワンピースと夫からプレゼントされた装身具で装い高校時代に恋心を抱いた方とラウンジバーでカクテルを飲めば、ただ訳もなく異次元の世界に入り、その場の雰囲気に流されて男と女の行きつくとこへ自然な形で収まりました。

主人とは、週に2回お互いの愛情を確かめるような型通りのセックスを致しております。
私が嫌だなと思うことはしませんし、主人の射精に合わせ私も達しそのまま眠りに入ることで満足しておりました。

真君と体験した後の私のセックス感は根底から変わりました。真君は私の希望したことをことごとく無視して私を翻弄しました。

最初にシャワーを使うことを拒まれ、「真理ちゃんの匂いを体全体で感じたい」といって部屋に入るなり抱きしめられキスの雨で顔一面を濡らされました。

次は、「少し落ち着かせてぇ」って言ったのに窓際に立たされ
お洋服の上から胸や背中そしてお尻の辺りまで何回も何回も撫でられたんです。

最初は綺麗な夜景に感激し気持ち良く体を真君に預けて心地良さを味わっていましたが、
だんだん性感が高まって来てもっと強く感じる部分を刺激して欲しいと思いました。

でも真君は変化しないの。
もしかして焦らしているのかしら、と思ったりしましたけれど恥ずかしくて真君に言えないし、息が荒くなり体を捩るようにしたら真君たら、「どうしたの?飲み過ぎて気持ちでも悪いの?」って聞くの。

「ううん、違うの。意地悪ね」と体を一層寄せて甘えたのに、
耳元に口を寄せ小声で「ちゃんと言ってくれないと分らないよ」ですって。

小声で話す息がくすぐったいようでいて、ぞくって感じで下腹部に響くの。
体が燃えるように熱くなってくるけど主人以外の男性に抱かれた経験が無いので恥ずかしくて自分から行動が出来ないの。

ああじれったいし、苦しい、自然に体で表現したのかしら、真君がまた言うの。
「ねっ、言ってごらんよ。どうされたいの?」相変わらず背中やお尻を擦りながら決して急所には手が行かないの。

太腿の内側をすーっと這うように撫でられて思わずしがみ付いて、
「もっと強く刺激して、真理のことめちゃくちゃにして」って言ってしまったの。

その後の真君、私には初めてのことばかりだった。
お洋服は脱がせないで、ジッパーを下しブラを下げてお乳を揉みしだき、乳首を捻るの。

今までさんざん焦らされていたのであっという間に軽く逝かされてしまったの。
その後はストッキングとショーツを一緒に膝まで下されて、下腹部全体に舌が躍るの。

シャワーも使っていない濡れ濡れの下腹部から卑猥な音をさせて吸われたり、突かれたり舐められたり凄いの。
窓枠に手を付いてやっと立っている状態、声は止められないほど出ているの。

主人にはこんな厭らしいことさせたことないし、
ベットの中で秘めやかな行為こそ夫婦和合のセックスだと思って来たのに、
真君の扱い方ったらまるで×××みたい。
でもこれって初めて知った感覚だわ。

(あっ、指を挿入して来たわ。)
(やだぁ、折り曲げて引っ掻くように擦ってる。)
(あっ、指の出し入れが早くなった。)

「あっあっああああああああ、やだぁー、出る、出る」
「真君、止めてぇ、恥ずかしい、止めてぇ」びゅっぴゅって出てるの。
「真理、すっごい感度良いな。潮噴いたぞ」

「ねぇお願い、もう寝かせてベットでして、ねっ」
真君たらもう少し我慢しろですって。
窓枠に両手を付かせお尻を思いっきり後ろに出させ、真君のペニスを挿入して来たの。

「あっあー、気持ちいい、あっあいっいー、真君、あたるぅ、あっあー」
部屋いっぱいに私の声が響いているみたい。

下腹部がびくびくして両足が震え起っていられない。
床に崩れそうなのに、真君が両手で支え、いきなりお尻を平手でぴちゃって叩いたの。

下腹部の奥に刺激が走り「うぉー」って叫び陰唇がひくひく震え逝ってしまったの。
私、こんなに刺激の強い快感って初めて知ったの。

ベットでは二人とも全裸になって真君に様々な体位をさせられ、
肛門まで舐められたり、指を入れられたりして翻弄されてしまったの。

荒々しく扱われ、恥ずかしいことをされると快感が高まり、苦しいのにより求めてしまう自分に驚きました。

主人とでは到底経験出来ない世界を知り、その夜は頭が真っ白のまま真君と別れました。

別れ際に真君も私も家庭が大事、乱したくないことを確認して、これ一回だけの不倫で済ますことを誓いました。

あの日から一月が過ぎました。
夢みたいな経験、私の体に強烈に感じ悶えることが意識に残り、思い出すと体の奥から濡れてきます。




  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ