禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  元同級生の男性がオナニーしているのを見て、我慢できずにくわえちゃいました

元同級生の男性がオナニーしているのを見て、我慢できずにくわえちゃいました

42歳の主婦です。
主人が不景気で給料が下がり、子供も下の子が高校生になったのでパートを探しましたが、なかなか年齢的に見つかりませんでした。
そんな中、クラス会で昔何度も告白された川島くんに会いました。
空手部だった川島くんは太いというイメージで、その頃はそんな川島くんはいやで断りました。


20年ぶりに見た川島くんはかわらない顔で体型も変わっておらず、太いというよりムキムキな身体でした。

「仕事を探してるけどないんだ」と話すと、川島くんは親の会社を引継ぎ経営してて、事務仕事を奥様にさせてたそうですが3年前に離婚し、それでいいならと私を雇ってくれることになりました。

何ヶ月かで仕事に慣れました。川島くんは私が急用でも休みをくれたり、お給料も多めにいただいてました。

ゴルフ好きの主人にゴルフの券を何度もいただいたりするうちに主人も感謝してました。

仕事で遅くなったときは川島くんが自宅まで送ってくれ、主人にすみませんと挨拶を毎回してくれ、主人もゴルフ券をもらって、
「いつもお世話になってるんで遅くなってもうちは平気ですから気にせず使ってください」と言うと、
「そう言っていただけると助かります」と言い川島くんは帰りました。

その後は遅くなっても 主人は大変だなと機嫌もよく20時頃帰宅するのが普通になってました。

出張も多く川島くんと地方に行くこともあり、食事をして帰宅したり、地方の観光地も時間を見つけて連れてってもらいました。

一度4日連続で地方に行くことがあり、遠くだったので2日続けて23時頃帰宅すると、
「遅くて大変だな、朝も5時に出てったら大変だからそっちに泊まる方が楽なんじゃないの?」
と言われ、
「私がいるから毎日帰ってきてるの。川島くんだけなら泊まりのとこだよ」
と言うと、
「じゃあ明日は泊まりでって聞いてみたら?疲れてるのがはっきりわかるから」
と言われ、すぐに川島くんに電話をすると「助かります」と言われ、次の日は泊まりで行くことになりました。

その日に限って15時頃に仕事が終わり、次の日まで何もない日でした。
田舎だったので観光もないので部屋に戻りました。シャワーしようとすると壊れてるようで出ません。

川島くんの部屋にシャワーが壊れてることを言いに行こうとノックをすると返事がなく、戸が少し開いてたので中に入ると裸で座ってました。

見ると、エッチなテレビを見て一人でしてる川島くんがいました。
6年セックスレスの私には、川島くんのアソコは見たこともない大きさ太さでした。
私が慌てて帰ろうとすると川島くんに気づかれ、イヤホンを外しました。

ゴメンゴメンと何度も謝られ、
「こんなのあったから見たらちょっとね、音が聞こえないようにイヤホンしたからわからなかった」
と言われ、私もなぜか経験豊富な女になったように、
「元気なんだね、こんなテレビやってるなら私も部屋で見てみよう」と言うと、
「それなら一緒に見ようよ、結構凄いよ!」と言われ、逃げれなくなり本当に一緒に見ました。

川島くんはアソコにタオルをかけましたが、大きなテントを作ってます。
初めは照れ隠しでテレビを見ながら「こんなこと普通しないよね」とか言ってましたが、6年レスの私は興奮してました。

川島くんも黙ってる中、「いやぁ、興奮するわ。隣で一人でしていいかな」と笑いながら言われ、
私も「どうぞ、できるなら」と笑って答えると、川島くんはタオルを取り擦り始めました。

私は生のオチンチンを見たかったんですが、恥ずかしくて見れずにいると、
川島くんのオチンチンからクチュクチュと音がしてきました。

「何の音?」と言い川島くんのオチンチンを見ました。
大きなおちんちんが濡れていました。

「イヤだぁ、濡らしてるの」と言いながら川島くんのアソコをじっと見ました。
川島くんも私に見られるほうが興奮する、と恥ずかしそうに言うので顔を近づけじっくり見ました。

大きいと息を飲みました。あんなに興奮したことはないくらい興奮してました。
先から出てくる濡れたのを見て「どんどん出てくるよ」と言いながら、私が指で濡れてるのを触るとネバッとした糸を引きます。

指で触ってると川島くんは気持ち良さそうにし手を離して私の指だけで興奮してました。握ると熱くて硬い棒のようでした。

両手で握っても頭が余裕で出てます。私は濡れてる頭を咥えました。

咥えられるだけ咥え、根元を手でしごいてもしごけるほど大きいんです。
川島くんも私の下半身を脱がしはじめました。

お互いの性器を舐めました。その後は躊躇する川島くんがいました。
川島くんに寝てもらい、私が上から乗りました。強烈な大きさに動けずにいると、川島くんは私を四つん這いにして入れてきました。

気持ちいいのがずっと続きました。
その後も川島くんと何度もしてます。
この年になって再びエッチすることになるとは思いませんでした。




  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
携帯で見る
QR
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
アクセスランキング
人気記事ランキング 一週間
ブログパーツ