禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  女子社員に焦らしまくりの手コキをされて、身悶えしながらようやく射精・・・

女子社員に焦らしまくりの手コキをされて、身悶えしながらようやく射精・・・

俺は24歳のサラリーマン。同僚の同い年の彼女もいる。
でもエッチは満足できない部分があった。
それは、俺がM的願望が強い上に、彼女も責められる方が好きなので、いつもM的欲求だけは満たされない。そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。
名前は「秘密倶楽部」という名前で、Mな俺としてはものすごく衝撃的だった。

ヘルスは男がイッたら、あとは時間までお話して終わるというパターンだが、そこは時間ギリギリまでイカせてくれないのだ。
時間のある限り寸止めが続くという、他には無いサービスだった。

そして乱入コースというのがあり、途中でもう一人入ってきて、二人でしてくれるというすばらしい店だ。

東京へ研修に行く度にそこへ行っていたのだが、地元名古屋にもあることが発覚。
給料日後に名古屋の店に行ってみることにした。

サービス内容はほぼ同じで、両手を大の字に縛られて、抵抗できない俺のチンポをひらすら手コキで責め、イキそうになると止められる。

開始からすぐにイキそうになり、寸止めを繰り返されて、全身が痺れる感覚だった。
そして、いよいよ乱入で俺はもう何とも言えない快感を得るはずだった。

「こんにちわ~、あっ、やぱっぱり達也君だ~」と、聞き覚えのある声。
「え、あっ。・・・」
そう、同じ会社の彼女の友人で28歳のめぐみさんだった。

彼女とは仲が良いので一緒に食事に行くことも多く、二人でもよく話す人だった。
美人で巨乳で、「可愛い」タイプだった。
そんなめぐみさんがいきなり目の前に現れて、俺はどうしたらいいのか分からず・・・。

「ちょっ、ごめん。これ外して」
焦ってしまって、すぐ外すようにお願いした。
「いいじゃん、遊んでいこうよ~。私この部屋変わるから、美香(今までプレイしていた人)は他行っていいよ~」
そう言うと俺とめぐみさんが二人っきりになった。

俺はめぐみさんと目を合わすことができなかった。
「達也君こういうのが好きなんだ~。香織(彼女)は知ってるの」と言いながら近づいてくる。

「ご、ごめん、俺、帰るからこれ外して」
「いいじゃ~ん、ココこんなに固くなってるんだし~」
そう言って俺のチンポを握ったかと思うと上下に扱きだした。

「あっ。ちょっ。やめて」
「可愛いおちんちんね~。でもなんか香織に悪いかしら」
そう言いながらもチンポを扱く手は止めない。

寸止めを繰り返されていた俺はすぐにイキそうになり・・・。
「お、お願い・・で、出ちゃう・・」
「ええ~。もう出ちゃうの~。早くな~い」と言いながら、扱く手が加速してきた。

「私なんかの手でイッちゃったら香織に悪いと思わないの~」
更に高速で扱く。
シュコシュコシュコシュコ・・・。
「あ・・もう駄目・・」
出る瞬間、めぐみさんの動きが止まった。

「あら。イキたかったの。でも香織に悪いしな~」
俺をおちょくるように笑いながら言う。
「香織には悪いけど、達也君のおちんちんもっと見ちゃお~っと」と言って、正面に膝を下ろした。

「へぇ~、こうなってるんだ~、達也君のおちんちん」
俺のチンポを握ってゆっくり扱きながらマジマジと見つめるめぐみさん。
恥ずかしくて仕方なかった。

すると突然チンポが温かいものに包まれた。
ふと下を見るとめぐみさんが俺のチンポを咥えていた。
そして“チュパチュパ”音を立てながら頭を前後に動かす。

チュパチュパチュパチュパ・・・。
そして再びすぐにイキそうになった。
「駄目。出ちゃう。・・・」
そう言うとめぐみさんは激しく頭を前後に動かした。

ジュパジュパジュパジュパ・・・。
「あ、駄目・・」
また寸止めさせるのかと思っていたが今回は止まらずに、めぐみさんの口の中に大量の精液を放出した。
そしてゴックンと俺の精液を飲み込んだ。

「達也君の精液おいし。気持ちよかった」
勝ち誇ったような顔で言われた。
「香織には内緒にしとくね」
そして俺は店を出たが、本当の地獄はこれからでした。

あれ以来、めぐみさんとはまともに目を合わせて会話することができませんでした。
彼女の香織ともそうです。
隠し事を作ってしまった事と、香織の友達とああいうことをしてしまった罪悪感からです。

でも香織はそのことを知らないので普通に接してきます。
俺の通う会社は4階建てのビルで、香織は1階で働いてます。
俺とめぐみさんは同じ部署で2階で働いてます。

1階~3階は職場で4階は更衣室と休憩所になってます。
喫煙室もあります。
昼の休憩は時間は決まってますが、その他の小休憩は自分で勝手に行って良いので、いつも香織が小休憩に誘ってきて二人で4階で話をするのが日課でした。
小休憩は自由なので他の人と遭遇することはたまにしかありません。

そんなある日の小休憩時の出来事でした。
いつものように香織が誘ってきて、俺たちは4階で話をしてました。
このときは俺たち二人だけでした。
するとすぐにめぐみさんが上がってきました。

「よ」と、いつも元気舐めぐみさんは、いつも通りハイテンションでした。
さすがに3人になると気まずくて、まともに二人の顔を見れません。
二人が楽しそうに喋ってる横で俺はタバコを吸っていました。

すると突然、香織の携帯が鳴りました。
どうやらすぐに戻ってきて欲しいとのことなので「またね~」と言って階段を駆け下りて行きました。

二人っきりになると更に気まずいです。
(香織に内緒でめぐみさんとあんなことを・・・)
俺はめぐみさんにフェラチオされて、めぐみさんの口の中に射精したのだから気まずいに決まってます。

なので俺も戻ろうと立ち上がりました。
立った瞬間、めぐみさんに手を掴まれ、再び座らされました。
「そんなに避けなくてもいいでしょ~。達也君と私はもう他人じゃないんだし~」と言って俺のチンポを揉んできました。

「ちょっ。めぐみさん、もうこういうことは辞めようよ」
そう言って立ち上がると、めぐみさんも立ち上がって俺を壁に押し付けてきました。
背中は壁でこれ以上、下がることはできません。

「達也君、自分の立場わきまえてるのかな~」
「あなたは私の口の中に射精したのよ。これは事実でしょ。香織に話してもいいのかな~」
そう言いながら俺のチンポをズボン越しに掴んで揉んできます。

「達也君は私の言うことを聞いてればいいのよ。ほらっ。もう固くなってきてるんじゃない」と言いながら揉み続けてきます。

確かに俺は勃起してきました。
どんな状況であれ、刺激を受け続けた俺のチンポは完全に勃起してました。
俺がMっ気が強いのに対し、めぐみさんは超ドSなことも大きいと思います。

するとめぐみさんはバッグから何やら取り出しました。
それはおもちゃの手錠でした。
「これ北海道に旅行に行ったときに買ってきたんだ。いつか使ってみたくて」
そう言うと、俺の手を背中にして手錠をかけられました。

おもちゃと言えども、ちょっとやそっとじゃ外れるものではありません。
手錠をかけると俺のズボンのベルトを外しにかかります。

「お、お願いだからもうやめてください。香織に悪い・・・」
そう言うとめぐみさんはちょっとムッとした表情になり・・・。
「そんなに悪いと思うなら勃たせなければいいんじゃない。達也君も興奮してるんじゃないの」
そう言いながらズボンとパンツを一緒に足首まで下げられました。
逃げようにも後ろは壁なので逃げれないのです。

「ほらっ。固くなってるじゃん」と言いながら俺のチンポを握って扱いてきます。
「気持ちいいんでしょ。よくそんなのでやめてっとか言えるわね」
シュコシュコシュコシュコ・・・。
「あっ・・うっ・・」と時折声を漏らしながら耐えます。

「誰か上がって来たらどうする~。手使えないしパンツも上げられないね~。達也君は超変態君になっちゃうよ」
そういう状況でも異常に興奮してしまって、すぐに射精感が込み上げてきました。

「お・・お願い・・・出ちゃう・・・ううっ・・・」
めぐみさんの扱く手が速くなり・・・。
「もう出ちゃうの。達也君、早漏君なんだね~」
そう言うとめぐみさんは俺の前にしゃがみ込み、俺のチンポを咥えました。

「ああっ・・」
思わず声が漏れてしまいます。
責めるのが好きなだけあって、とても上手なのです。

「お願い・・出ちゃう・・・」
めぐみさんは両手で俺の身体を壁に押し当て、口だけでしてきます。
チュパチュパチュパチュパ・・・と頭を激しく前後させて・・・。
「ああっ・・駄目っ。ごめんなさい・・」
言うと同時にドクンドクンドクン・・・とめぐみさんの口の中に大量の精液を放出してしまいました。

最後の1滴まで吸い取ると「ゴクン」と音を立てて飲み込みました。
俺はハァハァハァ・・・と激しく呼吸するだけです。

「香織に悪いとか言っちゃって、結局射精しちゃってるじゃん。私と付き合えばいつでもこういうことしてあげるよ」
そう言って、俺の手錠を外して職場に戻っていきました。
俺はすぐにズボンとパンツを履いて椅子に座り、放心状態でした。

少しして部署に戻ると、仕事をしているめぐみさんがいました。
俺と目が合うとニヤリとして唇を舐め、「おいしかったよ」と言ってきました。

関連記事


  
[ 2018/09/02 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する