禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    寝取・寝取られ >  送別会のあと、彼氏ありの同僚女を口説いて中出しした

送別会のあと、彼氏ありの同僚女を口説いて中出しした

送別会が赤坂の焼肉屋で開かれた。一次会はま~普通にお開きになったんだが、二次会のカラオケに女2人と俺ともう1人の4人で行ったんだ。その一緒に行った女2人にちゃんぽんでガンガン酒を飲ませた頃から、雰囲気が怪しくなってきた。
女2人はそれなりの子で、俺は好みの女の方に「俺、今日は優子さんを口説いてみたいんだ」って言ったら「え~ダメですよ~」とかなんとか言いながらまんざらでもない様子だった。


一緒の同僚に目くばせすると、奴も心得たもんでもう一人の彼女を口説きにかかった。

「優子さんは彼氏いるの?」
知ってはいたがあえて聞いてみた。

「え~いますよ~」
「結婚したら遊べなくなるよ、遊ぶんなら結婚前の今のうちだよ」
「まだ結婚するかどうか決まってませんよ~」

これは いける時の女の回答だな。

連れの奴も適当に口説いているのを横目に確かめてから「おい、場所かえようぜ」と。

同じ赤坂にある某ホテルのラウンジに場所を変えた。

彼女達は足元が少々怪しくなってきている。

エスカレーターで上がる時にエスコートする振りをして、脇腹へ回した手を胸まで回してみたが嫌がらない・・というより思考が鈍っている。

弾力のある胸を揉みながらエスカレーターで上がってると、彼女が潤んだ目をで俺を見上げてきた。

ラウンジで呑みながら、

「女は30歳までが一番いい女だ」
「優子さんはいい女だよ」
とか、とにかく口説きに口説いた。

ころ合いを見計らってトイレに行く振りをしてフロントへ行き、ダブル部屋を二つカードで支払いキープしてきた。

時間は11時を回っていたので、どうせこの時間で帰れば午前様は間違いないし、ダメな時は男だけで泊まってもいいや・・と思っていた。

「俺達帰ってもどうせ午前様だし、今から帰っても明日キツイからこのまま泊まるけどどうする?」

「え~どうしよう」

半分呂律の回らない彼女達。追い打ちをかけるように、
「これから帰って5時間寝るのと、泊まって8時間寝るのとどっちがいい?」と。

二人共即座に、
「8時間の方がいいよ~」
「よし、決まりっ」

気持ちが変わらないうちにそそくさと支払を済ませ、それぞれのカップルでエレベーターに乗り込み、部屋へと上がる。

またまた脇腹から回した手で、弾力のある胸をモミモミ。
連れの彼女の目を避けるように、横を向いて潤んだ目で俺を見上げる。

部屋は連れと隣同志。

部屋に入ってヨロケル彼女を支える振りをして唇を合わせると、待ち焦がれたように俺の首に手を回してきた。

そのままディープキスでお互いの舌を出し入れ。

そのままの姿勢で服の上から胸を揉むと彼女が喘ぎだした。

・・・セーターの裾下から手を入れブラを潜らせて、Cカップ位であろう胸を直に揉んだ。

乳首は固くなっていたよ。

もう双方共待ち切れずに着ているものを一気に脱いだ。

俺はスッポンポン、優子さんはズレたブラとパンティー1枚の姿でベッドに倒れこんじゃった。

ベッドの上で優子さんの上乗りの69に突入。

優子さんの尻に引っ掛かっているパンティーを一気に引き下ろすと、目の前に濡れて光るおまんことヒクつくアナルが丸見えだ。

俺は興奮したね。

クリを舌で舐め上げるたびに、優子さんの口から喘ぎ声が出る。

一瞬静かになった合間に、隣の部屋の声が聞こえた。

優子さんの喘ぎ声よりちょっと甲高い喘ぎ声、普段の彼女を知っているゆえに、意外な感じに思ったことを記憶している。

優子さんも上下の動きを止めて意外・・といった顔で俺を振り返っていたっけ。

並んで横たわりながらブラを外すと、Cカップ位のツンと上向きの乳首を備えた形のいい、寝ても崩れない俺好みのおっぱいが飛び出した。

片手でおっぱいを揉みながら尖った乳首を吸ったり、舌先で転がすと喘ぎ声が一段と大きくなった。

おまんこの割れに目に指を挿し込むと、当たり前だがヌルヌルになっていたよ。

クリを擦るたびにビクッと体を震わせてそのたびに喘ぐ。

「舐めて・・」

と言われた時は驚いた。
普段(会社に居る時)の優子さんからは想像もできなかった言葉に、俺は「えッ?」と思ったよ。

人は見かけによらないな~と思った。

優子さんも歳が歳(26歳)だし彼がいるので処女とは思わなかったけど、自分から催促する位に開発されているんだと思った。

クリを舐めだすと喘ぎ声が連続になった。

隣の部屋の喘ぎ声が時々高く、低く聞こえてくる。

そのたびに優子さんは
「凄い・・有紀チャン凄い・・」と。
(俺はこっちの声も聞こえているよな~と思ったりした)。

あとはワンワンスタイルで、後ろからいい尻を眺めならパッツンパッツンしていると、

「凄い・・凄い・・」

がいつの間にか自分の

「凄い・・」

に変っていて、中出しで一回戦おわり。

隣の喘ぎ声はまだ聞こえていたが、俺は優子さんのおっぱいを手で揉みながらいつの間にか寝ていた。

翌日(昨日)の朝目覚めると出社時間にヤバイ時間だった。

優子さんは一度家に帰って着替えて来ると言って、早々にホテルを出ていった。

昨日と同じ服装で出社すると噂になるらしい。

連れの部屋に電話すると有紀チャンも同じだったらしい。

ロビーで待ち合わせホテルを出て、途中のスタバで軽く腹ごしらえをして出社。

その日、俺たち4人は、昨夜まったく何もなかったかのように、普段通り黙々と仕事をこなした。

関連記事



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する