女子だの私は友人カップルと宅飲みして、友人の見ている前で彼氏に手コキとフェラしちゃった

3人とも酔っ払って、それぞれ布団に入って話してるうちにいつの間にか寝ちゃってた。
先週の土曜日に、大学の友達(和子)と、その彼氏(剛男君)と私の三人で、和子のアパートで飲んでました。
ちなみに和子も剛男君も同じ学科専攻のクラスメイト。
1時くらいまで飲んでたんだけど、3人とも酔っ払って、それぞれ布団に入って話してるうちにいつの間にか寝ちゃってた。


で、夜中にふと目が覚めたら、隣の布団からアンアン聞こえてくるわけ。
隣を見たら、和子が乳首を弄られながら剛男君のを咥えてた。
しかも電気つけっぱなし。

男友達のチンコと女友達のフェラ見て、ものすごく驚いて「ワッ」って大きい声を出してしまった。

向こうもびっくりして、しばらく沈黙。
で、誰からともなく3人で大笑い。
笑って和やかになったので、改めて剛男君のチンコをじーっと見てみた。
かなりデカかった。

すると和子が「大きいでしょ」とか言うもんだから、「まあまあだね」とか言いながら隣の布団に移動。

「しごいてみてよ」と和子に言うと、ほんとにしごき出した。

剛男君は気持ちよさそうに目を瞑ってた。
こうなると我慢できませんでした。

(私もしごきてー)とか思って、じーっと見てると・・・。

剛男「美由紀ちゃんも触ってもいいよ」。

上から目線にイラっとしたんだけど、「いいの?」って聞くと、和子が「いいよー」と軽い返事。

ということで、和子と交代してビンビンになった剛男君のを握る私。
握ってみるとホントに太い。
前後に動かしてみる。
剛男君、気持ちよさそうな顔してる。
友達の彼氏のチンコ握るっていう異常な状態にドキドキする。

手のひらに唾を垂らしてさらにシコシコ。
和子は剛男君とチュウ。
羨ましいとか腹が立つとかそんなんはなくて、ただただドキドキ。

ちょっと意地悪したくなり和子に「彼氏のチンコを他の女にしごかれても平気なの?」と聞いてみると、「すごい悔しい。でも興奮する」だって。

変態だなーと思っていると、和子にチンコを奪われ、和子はフェラ再開。
と、突然剛男君に引き寄せられ、キスされた。

(わ、和子見てるのにキスはまずいっしょ)

そう思ったけど、和子は無視して舐め続けてる。
剛男君はさらに舌を入れてこようとしたんだけど、さすがにそれは無理なので必死で逃げた。

ちょっと離れたところから和子のフェラを見る私。
剛男君は私のお尻を触ってくるので、思いっきりつねったら大人しくなった。
5分くらい経って、剛男君は和子の口の中へフィニッシュ。

ポーっと見惚れてしまった。
(私は口に出されたことがないので)

一段落して剛男君と和子はシャワーを浴びに浴室へ。
和子に「一緒に浴びる?」と聞かれたが、断った。
あれは本気だったのか冗談だったのかよくわからん。

2人が消えたので、電気を消して布団の中で軽くオナニーした。
その後は、いつの間にか寝ちゃったのでよく覚えてない。
朝起きて、朝ごはんをご馳走になって帰った。
とりあえず気まずくはなってないのでよかった。

別の日、二人からまた部屋に来ないかと誘われた。
12時くらいに剛男君がトイレ行ってる時に、和子から「剛男がまたこの前みたいなことしたいってさ」と誘われた。

ちょっと期待してたこともあって「いいけど、手でやるのが限界だよ」と答えた。

剛男君が戻ってくると和子と何やらコソコソ。

剛男君は「手コキまでならいいの?!」と大喜び。

何やら準備してる二人。
紐を持ってきたと思ったら、部屋の柱に下着だけになった和子を縛り付ける剛男君。

(えっ、SMですか?!)

驚いてると・・・。

剛男「和子のことは無視して楽しもうよ」

私「いや、楽しもうっって、手までだからね」

剛男君、横になって私の手を股間に。
「手までなら」と言った手前、いまさら嫌がるわけにはいかないので、ズボンの上から愛撫。

じーっと見つめてる和子。
なんだこりゃな状態です。
見る見る大きくなる剛男君のチンポ。
で、今さら遠慮してても仕方がないので、ファスナーを開けて手を突っ込み、パンツの上から触る。

しばらく触ってると、剛男君から「直接触って欲しい」とリクエスト。

今度はパンツの前の口からチンポを引っ張り出しました。
和子はその様子を見下ろしながら足をモゾモゾ動かし始めました。

(和子、感じてるのかな?)

そう思うと、ちょっとイタズラ心が芽生えます。
手を舐めてしごいてみました。
剛男君の気持ちよさそうな反応に呼応するかのように和子のモゾモゾも大きくなり、呼吸も乱れてきた感じ。

(やっぱり寝取られ萌えかー)

そう思っていると・・・。

剛男「唾をチンポに垂らして」

・・と更なるリクエスト。
素直に従う私。

チンポにとろーーっと垂らしてあげました。
その状態で手コキをすると、ネチャネチャ音がしていやらしい。

和子は股間の方にぎゅーっと力を入れてた。
立ってるのがしんどそう。
ここで剛男君からまたまたリクエスト。

「下着姿になって」だって。

(調子に乗るなー!)

・・って言いたいとこだけど、素直にブラとパンツ一丁に。
どうかしてますな私も。

私「絶対に変なことはしないで!」

剛男「なんだよ変なことって?」

しばらく手コキを続けましたが、やっぱり剛男君の手が伸びてきました。

お尻をサワサワ。
私、無言。

お胸をモミモミ。
私、無言。

お尻に戻って、パンツの中に手が侵入。
お尻の割れ目を指が這う。
やばい、ちょっと気持ちよくなる私。

和子を見ると何とも言えない表情で、思わず目を逸す私。

剛男君の手がお尻を離れ、胸に。
少し揉んだ後、ブラの中に進入しようとするも、さすがにマズいと判断し制止した。
剛男君は「ダメ?」と目で訴えるが、ハッキリ口調で「ダメ!帰るよ」と言うと、手はお尻に戻っていった。

しばらくお尻をモミモミされながらチンポをしごいていると・・・。

剛男「口でやって!お願い!」

小声で頼んできた。

それもNGだと思ったんだけどなぜか断れない。
自分で自分に(なんで断らないの?!)って突っ込みつつ、口が半開きのまま、チンポに近づいていく。
・・・と、その瞬間でした。

和子「やだ!お願い、やめて!」

大声を上げました。
びっくりする二人。

しばし硬直した後、我に返った剛男君は「ごめん、ごめんね」と言いながら、和子の紐を解いてガシっと抱擁。

私は何事もなかったように脱ぎ捨てた服を探し、てきぱきと身なりを整えました。
抱擁からディープキスと進展していく二人を横目に、私はテレビに集中。

和子のパンツが脱がされるあたりで、「シャワーを貸して」とお願いし、浴室へ移動しました。

シャワーを浴びながら一発オナって浴室から上がると、二人は裸のまま抱き合って寝ていました。

というわけで、夜中に一人寂しく我が家に帰ってきました。

関連記事

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧