禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  ひな祭りの日に巫女さんに生挿入しました

ひな祭りの日に巫女さんに生挿入しました

私の町は痴*が滅多に出来ない場所です。
大きな駅があってそこでみんな人が降りてしまうからです。
だから私の身体はいつも女性に触り、そしてSEXをしたいという欲求に悩まされていた。
しかしある日そんな私を救う出来事があった、私がいつもどうり会社から帰る途中に珍しく人が混んでいた、理由は簡単だった、年に一度3月2日から3月4日までひな祭りを行っている神社があって、そこが観光地の目玉として扱われるようになったからだ。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


私は迷わずその駅に降りた。
神社に着くと予想外なほど人がいた、正直身動きがとれないくらいだった、私は電車でもそんなに混んだことはなく、あまり女の子に触れず余計に欲求不満になっていた、

すると細身で結構顔立ちの良い女性が真横に流されてきた(たぶん20前半)、その女性も動けないのか私の傍から動けないみたいで人混みが少し動いたときに私はその女性の後ろに立った、

だがたったのは良いものの緊張して中々手が出せなかった、すると太鼓の音が鳴り始め周りの人たちも騒ぎ始めた。----- だんだん周りの声が聞こえない位の音になった。

私はここしかないと思い女性のスカートをめく利上げおしりを触り、もう片方の手で服の中に手を入れ胸を揉んだ、女性はビックリして逃げようとするが、左右前後ぎっしり人がいるため逃げれずにいた。

女性は何か喋っているがうるさすぎて何も聞こえなかった。
私は興奮してきて自分のものを女性の中に入れた、女性はよほどいやだったのか私にも少し聞こえるくらい「いや」と言ってきた、

しかし周りは誰も気づかず、私はあっさり奥まで入れれた、少ししたら大量の精液を女性の中に放出していた、

すぐ逃げようかと思ったが周りは騒いでいる上まだ動けないくらい人がいるため二度目も入れてあげた、二回とも奥の方に入れてあげたから安全日以外なら妊娠すると思う。

うまく人混みで女性から離れると神社の人がいない奥の方に行き一息ついていた、さっきの女性に射精した感覚を思い出しているとそこに祭りの会場の方から巫女さんが歩いてきた(明らかに十代後半の顔)。

私にペコッと頭を下げて林の奥の方に行く、すると急に折れ曲がり山を上り始めた、どうやら奥に階段があったみたいでその上の方をよく見るとお寺見たいのがあった、

私は行けると思い巫女さんが登ったあと急いで私も登った、すると中くらいのお寺の中に大仏様があって、そこお供え物を置いていた、ここだと思い巫女さんに襲いかかった。

巫女さんは「え!や!」と叫ぶが周りは誰もいないおまけにお祭りで神社は太鼓の音が今でも聞こえてきて誰も聞こえるわけがなく、一方的に服を脱がした。

巫女さんは最初「や、なに!やめて!いや!」叫ぶだけで何をされるかよくわかっていなかったが、私がパンツを脱がし足を開かせて身体を足の間に入れてきてようやく気づいたみたいだった。

「いや!やめて!はなして!」私は運動部にいまでも所属しているためいくら暴れてもそう簡単に逃がしはしなかった。

私は胸にしゃぶりつきチンポをおまんこに入れてあげた、するとなかなか入らなかった。
どうやら処女らしく「いたい!いたい!」と叫んでくる、ぐっと力を入れて腰を振った、なんとか一番奥まで入った。

巫女さんは「うう、やだ、やめて、おねがい」と言ってくるが私は遠慮無く腰を振る、二回も短時間で出したためなかなか出ないがついに出そうになってきた。

そのとき巫女さんに「出すよ」と言うと「え?い、いや!やめて!今日危険日なの!おねがい!やめて!」 私は(処女を無理矢理破られ、さらに妊娠する巫女さん、

しかも10代と思われる女の子)と思うと興奮しまくってたっぷり出した、あまりにもたっぷり出たのか巫女さんも気づいた。

「い、いやぁ!早くのいて!奥まで入ったら妊娠しちゃう!」「もういっぱつだすから頑張ってね」と言い私は再び腰を振り始める、巫女さんは「いやぁ!やめて!」と叫ぶがむなしく寺内に響くばかりだった。

結局巫女さんには二時間近く犯してその場を離れた、その後も私は祭りの中で痴*をしているとなんとその巫女さんにあってしまった。

私は捕まると思い寒気がよぎったが、なんと顔を合わせただけで素通りしてしまった、べつにおびえる様子も無く行ってしまったためどうやら多少くらかった寺の中が幸いだったみたいだ、

試しに後を追ってみると、なんと流れに捕まっていた、私は巫女さんに痴*してみるといやがる様子もなく、おまんこまであっさり触らしてくれた、

触ってみるとおまんこがぬれていてどうやら感じているようだ、私は会社で使っていたハサミをカバンから取り出しおしりの部分を斬ると、そこから手を入れおまんこをぐちゃぐちゃとかき混ぜてあげた、

すると急に重たくなった、どうやらイッてしまったみたいでちからが抜けたみたいだ。

私は更にチンポを入れてあげ中に出してあげた、今度は感じていたから受け入れるように中に射精できてすごく気持ちよかった。

私はそろそろ帰ろうと思い電車に乗ろうとするが祭りが終わったばかりですごい人混みだった。
なんとか電車に乗ると私の前に浴衣姿の女の子が入ってきた(中*生くらい)、女の子は友達と来ていたみたいで窓の向こうに手を振っている。

女の子は私の正面を向いているため正直やりにくかったが、かまわず浴衣の中に手を入れた、いきなり抱きしめるように行ったため、驚いて声が出ていない。

普通に考えたらマズイのだがその子は騒ぐこともなく大人しく触らしてくれていた、多分直接手を入れたためパンツが丸見えになっているからだと思った私は浴衣の帯を取り始めた、

さすがに抵抗しようとするが私の手が脇の下にあるため抵抗は殆ど出来ず正面は下着だけになってしまった、女の子は赤くなり無抵抗になっていた。

女の子をしばらく触っていると興奮してきて私はブラとパンツを捕った、女の子もビックリはしたが怖いせいか無抵抗だった。
私は我慢が出来なくなり女の子の足を少し開かせてチンポを入れてあげた。
よほど怖かったのか多分処女と思われるほど堅いおまんこで泣いていても声は出なかった。

しばらくして奥にまで達すると私は腰を強く振った、気持ち良すぎて頭がぼーっとしてきた、さっきの巫女さんも気持ち良かったがもっときついためあっという間に射精しました。

たっぷり出したはずなのにもうしばらく出来ないと思うと名残惜しくなり人混みが減るまでさらに二回ほど出してあげました、最後の方は女の子の方からしてくれました。

今でもあの日は忘れられません、もう一度あんな日がこないかと思っています。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2018/10/07 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する