禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  俺の友人にハメられて快感を覚える妻に興奮、結局俺も参加して3Pに

俺の友人にハメられて快感を覚える妻に興奮、結局俺も参加して3Pに

俺:38歳 妻:33歳 俺の友人(剛太):38歳
それは10年前の出来事です。僕たちは結婚を目前に控え、既に同棲しておりました。
そんな2人が住むマンションに僕の中学時代からの悪友剛太が遊びにやってきました。
彼は遠方からわざわざ来てくれたので当然最初からお泊りの予定でした。
その夜、普通に3人で晩ご飯を食べに行き、普通に3人ともお風呂を済ませ、
寝る前に3人でお酒を飲みながら普通に普通の会話を楽しんでいました。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

唯一普通じゃなかったのは「ケーブルテレビのアダルトチャンネルを見ながら」飲んでいた、
という事でしょうか。

僕はとてもお酒が弱く、少し飲んだだけでも心臓がドキドキ、顔は真っ赤になってしまいます。
逆に妻はお酒が大好きで、飲むと少しだけHな気分になってしまうそうです。
剛太はお酒が強いわけではありませんが、飲んでも変わらないっていうか、普通にテンションが少し上がる感じでしょうか。

その日はアダルトチャンネルを見ながら飲んでいたので、当然会話はHな方向へ。
アダルトチャンネルでは、H大好きという人妻が3人の黒人男性を相手にHしまくる、
といった内容でした。
今思えば、その内容もポイントだったんじゃないかと思います。

僕は普段は飲まないのに久しぶりに飲んだからでしょうか、頭痛がひどくなり、隣の部屋のベッドで休憩していました。
妻と剛太は未だお話しながら飲んでいます。

1時間くらい経った頃かな、妻が「彼も休んでるし、私たちももう寝ましょう」と言い、
僕が休憩しているベッドの下にお布団を敷き、剛太はそこで休みました。
妻は僕の隣で寝ました。

少し経ってから剛太の寝息が聞こえてきました。
妻は「剛太は寝ちゃったね」と言いながら僕にくっついてきました。
妻は酔うと少しHになるタイプです。
さらにその日はアダルトチャンネルを見ながら飲んでいたのでかなりHな気分だったのでしょう。
珍しく妻から責めてきました。

僕のアレを握り、「ね~、Hしよ。Hな気分になっちゃった」と言ってきます。
でも僕はお酒に弱く、頭痛もひどく、薬も飲んでいたため全然元気になりません。
「もぅ、どうしてできないの?」と握りながらガッカリする妻。

でも滅多に無いせっかくの妻からの誘いです。
俺がダメでも、妻だけは満足させてやろう!と強く思いました。
俺は剛太に注意を払いながら妻を愛撫し全裸にしました。
当時俺の好みでパイパンにしていた妻のアソコはもうグショグショです。
妻の声も漏れてしまいます。

「そんな声出したら剛太に聞こえちゃうよ。剛太が起きちゃうよ」
「たぶん、アッ、大丈夫だよ、アッ」
「こんないやらしい音を剛太に聞かれちゃっても良いの?」
「ダメ、だけど、アッ、でも」

友人が隣で寝ているというのにHな気分になった妻はいやらしい声を出し、
クチャクチャピチャピチャといういやらしい音まで聞かせている。

そんなオイシイ状況なのに悲しいかな僕の愚息はまるでダメ。
でもこんな機会は滅多にない。
妻だけは満足させたい、

その時です。
俺の頭にあのアダルトチャンネルで見た映像が思い浮かびました。
冗談半分で
「俺はダメっぽいから剛太にしてもらったら?」
と言ってしまったのです。

元々、そういう願望が無かったわけでもありませんが、特に強い願望があったわけでもありません。
自分でもなぜそんな事を言ってしまったのか今でもわかりませんが、
きっとその場の空気や何となくの流れがそうさせたのだと思います。

「え~、でも、良いの?」
「だって俺はダメっぽいもん。我慢できるの?」
「できない、けど…」
「ほら、もうこんな声とかこんな音とか聞かれちゃってるんだしさ」
「あっ、ダメ、我慢できなくなっちゃう…聞かれちゃう…」
「剛太の布団に潜りこんできなよ」
「う~ん、じゃ、そうする…」

部屋は常夜灯だけの状態で、ある程度の視界は確保されています。

妻はベッドから降り、サササッっと剛太の寝る布団の中に潜り込みました。

剛太はちょっと戸惑ったような、照れたような、
ちょっと笑いながら「いいの?」と俺に向かって聞いてきました。

「俺はダメだからさ、喜ばせてやってよ」と答える俺。

それを聞いた剛太は妻にいきなりキスしました。
濃厚で長いキスだったように記憶しております。

そして妻のグショグショに濡れたいやらしおまんこに、
キレイに剃り上げたパイパンのおまんこに手をやったのでしょう。

「ヘヘヘッ、すごい濡れてるね~」
「アッ、アッ」

妻の声が部屋に響きます。

剛太の責めは続きます。
何度も何度もキスを繰り返し、妻のオッパイを触り、乳首を吸い上げ、
その度に妻のいやらしい声が部屋に響きます。

僕は最初、剛太と妻とのプレイをチラチラとしか見る事ができませんでした。
大事な妻に剛太がキスされてる姿を見て嫉妬心が強かったからだと思います。

が、普段は聞いた事も無いような妖艶ないやらしい妻の声にたまらなくなり、
剛太の掛け布団をめくりました。

剛太は妻に足を絡めるように斜め上から抱き寄せるような態勢でした。
妻の腰は浮き、足は半開き、頭を仰け反り、剛太のプレイに敏感に反応する妻。

剛太は乳首を嘗め吸い上げ、オッパイを揉んだと思ったらまたキスへ。
剛太はキスが好きだったのか、キスの時間が長く回数も多かったように思います。

妻はオッパイを舐められる度にピクンと反応し、いやらしい声を発します。

「すごいなぁ、いやらしいね、俺の前でヤられて、いいの?」
「いいの、すごく、アッ、気持ち、いいの」
「本当はスゴクいやらしいコだったんだね~」
「そんな、こと、ないけ、ど」

剛太に犯されて体中で喜びを表現している妻に僕は言葉をかけました。

さらに剛太に「妻はおまんこを舐められるのが一番好きだから」と伝えます。

すると剛太はキスから首スジ、胸、乳首、おへそ、そして徐々に剛太の頭は下へ。
ついに妻のおまんこに顔をやった剛太は初めてパイパンだという事に気が付いたようで。

「スゴイね。キレイだね」と少し笑いながら妻を褒めます。
「恥ずかしい…」と腰をくねらせる妻。

ついに剛太は妻が一番求めていたクリを舐めをはじめました。

「アッ、ア~~、気持ち良い、アッ」

妻の声も一段と大きくなりました。

どのくらいの時間が経ったのでしょう。
ピカピチャといやらしい音が部屋に響きます。
僕の頭に今でも残っているいやらしい妻のいやらしい音。

剛太は妻のおまんこを十分に堪能したのでしょうか、態勢を変えました。

ついに挿入です。

妻も我慢の限界だったのでしょう、入れやすいように足を大きく広げます。
結婚直前の妻が剛太の前で大きく足を広げるんです。

そして剛太は妻の足の付け根の辺りに移動して、
いよいよ妻が他人某を受け入れます。

その瞬間、僕もドキドキが止まりませんでした。

妻のおまんこに、
ゆっくりゆっくり、深く深く、
剛太のいきり立った肉棒が入っていきます。

妻は「ア~~~」って感じの声を発してたかと思うのですが、
正直あまり記憶にはありません。

それよりも剛太が「オォ~、気持ち良い~」と言ったのが印象的でした。

優しく、時に激しく腰を振り続ける剛太
腰を振りながらも剛太は妻にキスを強要します。
剛太の背中に手を回し、抱きつき、押し寄せる快感を全身で受け止める妻。
ベッドの上からその一部始終を見ている俺。

「剛太は俺のより大きい? どう? 気持ち良い?
俺の前でこんな事されて、いやらしいね~
恥ずかしいね~  でも今剛太に入れてもらってるんだよ。
気持ち良くしてもらってるんだよ。 ありがとうは?」

「あっ、あ、あり、が、とう、アッ、ア~、ンッ」

「気持ち良い~、あ」

剛太が果てました。
確か妻のお腹の辺りに出してたと思います。

全裸でグッタリする妻、
掛け布団もなく、剛太にも俺にも妻のいやらしい姿が丸見えです。

そのままグッタリしている妻を見ていたら、
酔いも醒めてきたのでしょうか、
剛太に犯され、快感に身を震わせグッタリしている妻を見ていたら、
さすがに俺の愚息も元気を取り戻しビンビンになっていました。

俺も見ているだけでは我慢できなくなってきました。

布団の真ん中に全裸の妻、少し横に避けた感じで剛太、
俺は剛太の反対側に移動し、妻にくっついてキスをしました。

ハァハァと肩を震わせる妻の姿がとても色っぽく感じました。

「俺もしたくなっちゃったよ」
「少し休憩させて…」
「イヤ、もう我慢できないくらいになっちゃってるから、ホラ」

妻に俺の元気になった肉棒を握らせます。
黙って握り、そのまま息を整える妻。

俺はどうしても我慢できなくなり妻を責め始めました。
隣に剛太がいるというのに、
でも彼の存在は不思議な事にあまり気になりませんでした。

妻にキス、彼より長く優しいキス。
そして首筋から肩、全てを舐めながら徐々に下へ。
オッパイを舐め、乳首を優しく舐め上げます。

妻も先ほどの余韻が残っている状態で、
剛太とは違う責めに再び快感の波が襲ってきたかのように、
いつもより敏感に、激しく反応しているように思えました。

「剛太が隣にいるというのにまたそんなにいやらしい声を出して、
聞かれちゃっても良いの?
こんないやらしい音も聞かせてあげようか?」
「イヤ、音を立てないで、すごく恥ずかしいけど、
アッ、でもアナタとも、Hしたいから」

妻に対して斜めに位置取り優しく責める俺。
最初剛太は黙って見ていましたが、俺と目が合うと責めに転じました。

両側から責められる妻。
右のオッパイは俺、左のオッパイは剛太
右手で俺の肉棒を握り、左手で剛太の肉棒を握らせ、
妻は両サイドから責められ、今まで見たこともないくらい感じていました。

キスする剛太
徐々に下に移動する俺。

そして妻の一番敏感なトコを舐めまわします。
剛太が入れたばかりだというのに、
今思えばアレですけど、その場の空気というか流れからかな、
最初だけちょっと抵抗があったのは未だにはっきりと覚えています。

が、抵抗よりも妻を喜ばせたい気持ちが勝っていたのでしょうね、
スグに妻の敏感な部分を舐め回したように思います。

妻の声は一段と大きくなり、
妻に「入れても良い? 入れて欲しいの?」と聞きました。

妻は「ウン、ウン、早く、欲しい、アナタの欲しい」

ついに俺は剛太の見守る中、妻に挿入しました。

妻は本当に狂わんばかりに喘いでいました。

俺は妻の耳元で意地悪く、
「剛太のも欲しいんじゃないの?」と聞いてみました。

ですが妻は喘いでいて何も答えてくれません。

俺は剛太にくわえさせるよう促し、
ついに3Pモノのビデオではよく見ていた光景が目の前で実現しました。

妻の口は剛太の肉棒をくわえ、下の口では俺の肉棒をくわえ、
正常位、バック、
よく見ていた光景を思い出しながらのプレイでした。

いかんせん3Pなんて初めてでしたから、
彼も俺も、要領良くなんて動けません。

ただただガムシャラというか、
もっと妻にいやらしい声を、もっと絵的にいやらしいプレイを。

そんな感じだったと思います。

そして妻は剛太の肉棒を口から離し手で握りました。

俺は妻に求められるように正常位で激しく奥まで突き上げます。

妻はもう片方の手でクリをいじり始めます。
妻がイキたくなってる証拠です。
俺はクリをイジリたがる妻の手を遮り、
「イキたいの?」と聞いてみました。

「うん、イキたい、イカせて」
「剛太の前だけど良いの? そんな恥ずかしい姿見せちゃっても良いの?」
「良いの、良いからイカせて」
「じゃぁ剛太の前でクリを触っても良いよ」
「ア~、アッ、アッ」
「剛太が見てるよ。ホラ、恥ずかしいね」
「イヤ、見ないで」
「ダメ、見せてあげなさい。イク時の顔を見てもらいなさい。
クリをイジルいやらしい姿を見せてあげなきゃダメでしょ。
剛太に気持ち良くさせてもらったんだから、お礼しなきゃ」
「ウン、ウン」

妻は声にならないような声で答えます。

「アッ、アッ、ダメ、イっちゃう。
突いて、奥まで突いて、突いて、アッ、
イっちゃう。 アッ、イク、イク」
「どこがイクの? どこが気持ち良いの?」
「私のおまんこが、イク、アッ、突いて…」
「じゃ、見ててもらおうか」
「うん、見てて、剛太クン、お願い、見て、見て、
アッ、イク、イク、ア~~~、突いて、突いて」

ついに妻が剛太に見守られながら果てました。
その後スグに俺も妻の中で果てました。

その後も朝まで何回したか覚えてませんが、
ほとんど空が明るくなるくらいまで、2人で妻の体を楽しみました。

これが僕たち夫婦の最初の3Pでした。以上です。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2018/10/23 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する