禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  女子からの告白を断ったら、集団で逆×××されてしまった!

女子からの告白を断ったら、集団で逆×××されてしまった!

僕は都内に住んでいる中3です。千秋とは同じ陸上部の同級生。
この前その千秋から告白をされました。
千秋は女子部のキャプテン、僕は男子のキャプテンで
話をする機会も多かったが、千秋はスポーツ少女で活発で
でも僕はあまり好きではなかった。
彼女はけっこう勝手にいろいろなことを決めたりするので、正直いやだった。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


そして翌日、同じ陸上部の菜穂子からも告白された。
あまりかわいくもないので、翌日断った。しかし、
それが僕の童貞喪失といじめの始まりだった。

「博之、今日の午後、ちょっと時間くれない?」
またいつものように勝手に時間を指定してくる。
「あ、ああ、いいよ」気が進まない。

ちょうど土曜で部活も終わり、昼飯も食べずに、
「博之、行こう」「え、どこへ?」「いいから付いて来て」
なんの用事なのか見当もつかず、
「どこいくんだよ」「体育倉庫」
「ちょっと用意したいことがあって、男の力が必要なの」
しょうがないので、千秋についていった。
「何をするの?」「ちょっと移動したいものがあるの」
「だまってついて来る」

ガラガラガラ・・・・・、倉庫のドアが開いた。
中は真っ暗で何も見えない。すると後ろから千秋に
押され倒された。うわーっ!
急に何人かが僕を押さえつけてきた。数人いることはわかった。
でも、あまり力が強くない僕は、手を足をたぶん1人づつで
押さえ付けられた。

「イタタタタタッ、何するんだよ」
後ろで倉庫の扉が閉まる音がして、鍵をかける音もした。
どうやら女性ばかりのようだった。
そしてロープで手と足を縛られ、身動きが取れなくなった。

「もういいわよ」千秋の声だった。すると一斉に電気が
付けられ、最初面食らったが目が鳴れてくると、女生徒5人に
囲まれていた。そしてこの前告白を断った菜穂子もいた。

残りの女生徒は、早苗、基子、ひとみの3人だった。
みんな知っている子だ。それもこの学校の不良グループだった。

そして千秋が「あんたこの前、菜穂子をふったんだって」
「お前何様なんだよ」「どれだけ菜穂子が傷ついたか分かる?」
すると基子が「今日はたっぷりいじめてやるからな」
「始めるよ」
基子の合図で菜穂子からビンタが飛んできた。

「好きだったのに、かっこ悪いね」すると基子が
「菜穂子がどれだけ恥かいたか、今から教えてやるよ」
するとまわりの子が、「どうしようか?」と話はじめ、
基子が「服を全部脱がしちゃえよ」「けっこう体してるみたいだよ」
「ちょ、ちょっと待て!」少しもがいたが、
どうすることもできなかった。

いわれるまま、ジャージを脱がされ、上半身裸になった。
「いい体してんな」「下も脱がせろ」
ジャージとパンツを足元まで下げられると、なんとも
なさけないかっこうになった。

「やめろー、こんなことして許されないぞ」
すると千秋が、
「まだ何も始まってないわよ」
と僕の顔を見て、ニヤッと笑った。そして、
「じゃあ始めるよ」
千秋が僕のお腹の上に乗り、パンツをずらして、
「なかなかいいもの、もってるじゃない」
と僕のペニスを握り、上下に手を動かし始めた。

「う、な、何を・・・やめろー」
しかし僕のペニスは気持ちに反して、どんどんと大きくなった。
「菜穂子よーく見るんだよ」
千秋は持っていたローションを手につけ、またしごき始めると、
菜穂子を呼び、手にローションをつけさせ、強引に手で
僕のペニスを握らせ、しこしこをさせると、
僕もだんだん気持ちよくなり、完全にペニスは硬直してしまった。

でも菜穂子の手の動きは自分でオナニーするより何倍も
気持ちがよかった。
「う、うううっ、やめろっ、で、でる~」

僕はその場で射精してしまった。すると千秋が、
「どうだった、気持ちよさそうじゃん」
「菜穂子、おまえやってみろよ」「えっ!私が」
「そうだよ、またとないチャンスだよ」
「あんたこの前、エッチしたいっていってたじゃん」
「で、でも私、まだ経験ないし」
「大丈夫、私が教えてやるから」
すると千秋は早苗にパンツを脱いで顔の上にまたがるよう指示。
僕の顔に早苗のおまんこが乗ってきた。

「博之、ちゃんと舐めな」
仕方なく早苗のおまんこを舐めると早苗は、
「あ~ん、気持ちいい~」
早苗は感じていた。そして菜穂子にパンツを脱ぐように指示。

早苗と交代して、僕の顔の上に。
しかたなく撲は菜穂子のおまんこを舐めた。すると菜穂子も、
「あっ、あっ、いいっ」小さな声を出している。

すると千秋が、「菜穂子もっと声を出しな」
「あ~ん、あ~ん、気持ちいい~」
菜穂子の声は僕をさらに興奮させ、さらにペニスに勢いを
増した。そして菜穂子の手は僕のペニスをつかみ、
ちょうど69の体勢になり、フェラを始めた。

もう経験したことのない快感・・・。

菜穂子のフェラはこれ以上ないくらい気持ちよく、
チュパチュパと手にはローションもついているので、
しごかれると、手がスムーズに上下に動き、さっき射精
したばかりなのに、また射精しそうになった。

「あっ、で、出るっ」
菜穂子の口の中に出してしまった。菜穂子はすごくいやな顔を
していたが、千秋の指示で無理やりぜんぶ飲み干した。

「博之、そんなに気持ちいいのか」「だったら本番させてやるよ」
「えっ!もうやめろーっ」叫んでもみんな笑うだけだった。
そして菜穂子に指示を出した。すると、菜穂子はいやな顔を
したが、僕の上に乗ってきた。

「ちょっと待った、ゴムくらいつけさせてやろうよ」
だまって見ていたひとみが言い、カバンからコンドームを
出し、ペニスにつけた。そしていよいよ菜穂子がのってきた。

「痛っ、あっ、痛いっ」すると千秋が、
「もうすぐしたら痛くなくなるから」と菜穂子の体を押さえ、
すると僕のペニスは菜穂子の奥深くまで入っていった。

「菜穂子、いまから腰を前後に振るんだよ」
千秋が横から教えると、ゆっくりではあるが腰を振ってきた。
「あ~ん、もう痛くなくなってきた~」
「あっ、なんかへんな感じ~」
すると千秋が、「気持ちよくなってきただろ」
「だんだん腰を早く振って」

菜穂子はだんだんと気持ちよさそうな表情をしてきた。
とても中学*とは思えない顔だ。そして、僕は初体験だったが、
気持ちよくて気持ちよくて、気が遠くなりそうだった。

菜穂子はある程度すると、もういい、とペニスを抜き、
横に倒れこんだ。それを見て千秋は、ひとみに指示をだした。
今度はひとみが自分のおまんこにローションをつけ、
僕の上にのってきた。

「うっ、あっ、けっこおう大きいよ」腰を振り始めると、
「あっ、あっ、いい、いい、硬い~」
僕はひとみがだんだん濡れてくるのがわかった。

ひとみのおまんこはしだいに温かくなり始め、
「あ~っ、硬くて最高よ~、あ~ん」
まるでアダルトビデオを見ているようだった。
横で千秋は菜穂子に、
「こうやってエッチするんだよ、よーく見な」
菜穂子は顔を上げ、じっと僕を見ていた。

そしてひとみは、「あーっ、だめーっ、いくーっ、あーっ」
ひとみはイってしまった。でもその時僕は、意味がよく
わからなかった。

しかしその間中、早苗はビデオを撮りながら、写真も
撮っていた。
「もうやめてくれ~」僕は涙が出てきた。
早苗はペニスを掴んで、アップで写真を撮っていた。

「チョーエロいよ」「ほらまだ光ってるよ」
そして千秋が僕のペニスを握り、
「最後は私がいかせてあげるよ」
と言って、しごき始めた。

「お、おい、もうやめろー、で、出るから、やめろー」
そして気持ちとは裏腹にまた射精してしまった。

「博之、気持ちよかっただろ」
「菜穂子もふっていい身分だな」
「これからもっと恥ずかしいことしてやるよ」
と定規を出してきて、僕のペニスを測りはじめた。

「あれ、博之13センチあるじゃん」
みんなが同時に笑った。僕はこれまで以上に
恐怖を感じた。
「もっとあんたに恥をかかせてやるから」
そう千秋は言って、菜穂子を全裸にさせ、もう一度
セックスするように支持した。そしてひとみと早苗は、
菜穂子の胸を触ったり、舐めたりしていた。

それから2時間ほどいろいろなことがあった。
そして千秋が、「他の奴に言ったら写真ばらまくよ」
と言って、縛られているものをすべてほどき、
服を着せ、僕は解放された。

あとで知ったが不良グループのリーダーは千秋だった。
部活とかは一生懸命やっていたし、地区優勝したりしていて、
勉強も学年で常に5位以内に入っていたが、人は見かけに
よらないものである。

結局、千秋と僕は同じ高校に進学した。偶然にも僕は
その高校に受かってしまった。

入学式が終わり、千秋が近寄ってきて、横に両親がいたからか
「またがんばっていこうね」
と言ってきました。あんなさわやかな子だったらいいのにな、
と思ったが同時に、すごい恐怖も感じた。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2018/11/20 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する