禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  とんでもないパワハラ女性社員の弱みを握って怒濤のハメ倒し

とんでもないパワハラ女性社員の弱みを握って怒濤のハメ倒し

入社して五年経って異動させられた新部署に、こんなクソ女が世の中に存在していいのか? と思わせるお局社員が居た。
顔はそこそこなんだけど、なんか態度がでかく、社内では完全なお局。
海外プロジェクト部と名ばかりの部で、社員は10人そこそこ、その中に明美は居た。
高学歴社員としかまともな話はせず、早稲田、慶応と聞こうものなら猫なで声で「お茶はいりましたぁ~」と・・・。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


低学歴の俺なんかは相手にもされず、同僚女性社員を味方にし意に反する女性社員はイジメて退職に追い込み、有給休暇はフル消費。
昇給や昇進が無ければ、やれ男女差別だ、男女雇用機会均等法だ!
と騒ぎたて、生理休暇は取るくせに、裏では女性社員に「生理うざいし、ピル飲んでる」と言う始末。

責任のある仕事は他人にまわし備品は私物化、電話番すらせず、お茶を入れるのは気に入った高学歴社員のみ。

気に入らなければセクハラした!と冤罪申し立て「社内は私が仕切ってる」と豪語し、客先が来てもお茶すら出さず、挨拶もせず、トイレさえ案内しない。

こんなお局を置いておく会社も会社だが、まぁわがままお嬢さんがままごと仕事してるだけ、という感覚で上司も放任主義。

俺も朝会えばいい方で、帰りも遅いので会う日も少ないし、自分に害は無いからまぁ放って置こう。と思ってた。

しかし、俺の担当の零細企業社長さんが挨拶に来るという事があって、零細でも大手でも関係なく、お客さんだから大切にもてなしたいと言う思いから、女性社員の優子に「お茶をお願いできますか?」と頼んだ。

低学歴の俺が頼んだのが気に入らなかったらしい。
いつまで経っても出てこない。

優子に「あのぉーお茶はまだかなぁ?」と聞くと
「ごめん、明美さんが・・・」と。

揉めると優子も可哀想なので、自分でじょぼじょぼとお茶を給湯室で入れていると、「あんな零細の親父に出す茶なんてないし」とかわざわざ聞こえるように優子と話す。

それにその親父さんが連れてきた自分の娘というのが気に入らなかったらしく、自分より若く、可愛い上に、語学留学か何かを修了し、もしよかったら御社でしばらく修行させて欲しいとか言う話だから余計気に入らない。

男性社員も「おぉ!きれいじゃん!」とか「身体つきエロいな」とかそう言う話題で盛り上がってるのも余計明美の気持ちを逆なでしてるみたいだった。

そんな親父さんと上司と俺と娘、計4人で飲みに行き、ほろ酔いだったのだが・・・ふと上司に「明日、客先資料揃えた?」と言われわれに返り、明日の会議書類をまるまる忘れてきてしまった事に気が付き、帰り電車を降りてすぐさま反対方向へ。

夜の会社はなんか不気味。

でもオフィスに入ると誰も居ないのに電気がついてる。

ん?誰かいるのか?

タイムカード見ても皆帰宅してるし…

すると奥のほうでゴソゴソと音がした。

ビクッ!!な・・!だ・・・だれ?だれなの?

この時点で超スローな動きに変更。

そろりそろりと歩む脚に変更し、自分の机まで進む。

まじやばい。泥棒なら殺される。

うは?!どうする俺?ここでガタガタ音出すか?

会議資料だけ出してすぐに取って逃げるか?

再びゴトッ・・・ うっわぁ!

そしてその後「あん・・・きもちいぃ・・・んんっ」

ん?なんだ?その声?

ん?だれだ?誰かやってんのか?会社で!

「あん、いっちゃう・・・そんな挿れたらいっちゃ・・・あぁあぁ」

おぉ!なんだこの喘ぎは!

ん?ロッカールームから聞こえてくるぞ。

そろり。そろり。

段々と声が大きくなってくる。

「あぁ~ん、そんなクチュクチュしないで~ん」

アホかこいつは?

くちゅ、くちゅ、という音がロッカーから聞こえ、衣服のこすれあう音がそれに混じってガサガサと聞こえる。

よし!一気に開けてやる!で中でやってる二人を見てやる!

でも・・・課長だったら、俺左遷っぽいし、同僚だったら俺会わす顔ないし・・・

ドアノブに手を掛ける。

ドキドキ。一気にあける。

!!!!!!!

そこにはタイトスカートを腰まで巻くりあげ生脚で、床に座布団を敷き、M字開脚気味に右手を股間に左手をブラウスの前ボタン外した所から入れ胸を痛いくらいにこねくり回してる明美が居た。

はっ!!!!!!っとした顔をしてる二人。

向こうはあまりのびっくりさに全然隠そうとしない。

「な・・・なにやってるんですか?」

「別になんでもないわよ!」

あまりの恥ずかしさに俺はドアを閉めて、自分の机に戻り書類をかき集めた。

脳裏に焼きつくM字開脚。

明美相手にギンギンに勃起する俺。

前が痛いくらいにパンツから出たがってる。

ガチャ・・・出てくるお局。

下向いて俺はシカト。

「ちょっと!いきなりロッカー開けるなんて失礼じゃない?」

「いや・・・誰も居ないと思ってたんで、泥棒かと・・・

タイムカードも押してありますし社内には誰も居ないはずでしたから」

ちょっと間を置いて

「・・・そうは言ったって失礼でしょ?これだから低学歴はイヤなのよ!」

確かに低学歴かもしれないが、そこまで否定しなくたって!という怒りが湧き起こった。

「職場で。プッ。オナニーしてる女に言われたくないですね。」

思いっきり笑ってやった。

顔真っ赤にしてしてない!してない!と言っていたけど

「だって、プッ。 指二本も入れてオナニーしてたじゃないですか?」

「明日俺、会議なんで プッ。 みんなに言えないの残念です」

「してないったら、してない!ふざけないで!」

「なら、その指なんで濡れてるんですかぁ??」

思いっきりからかってやろうと決心してたのでどんどん煽る事に。

「ピル飲んで生理止めてるくせに、生理休暇ってなんですかぁ?」

「もう!私かえるから!」

「どうぞどうぞ~プッ」

あまりにからかい過ぎたのか、つかつかと歩み寄ってくると、
ビタンと平手くらいました。

ふと、こんな女雇ってる会社俺から辞めようとそこで決心。

その手を捕まえて机に無理やり押し倒す。

「ちょっと!なによ!やめなさいよ!」

「だって、こんな濡れてるんだもん」

タイトなスカート捲り上げるとビチャビチャな下着が登場。

「やめてよ!やめて!会社に言うから!」

「どーぞ、どーぞ。 あんたの言う事なんて誰も信じないし」

「課長に言うから!」

「オナニーしてました!って言うんですか?」

机で強引にバック体制にして下着の中へ尻の方から手を入れてみた。

「いや!やめて!」

「こんな濡れてる、ほら~指とかどんどん入っていきますよ」

「やめて・・・やめ・・・やめな・・・さい」

そのまま指でクチュクチュ音がなるほど弄繰り回す。

ギンギンのチムポをあてがうと、すんなり入ってしまう。

「うくぅ・・」

「明美さん、入っちゃいましたよ」

「抜いて、なにしてるの!抜いてよ!」

「こんな濡らして抜いてってなんです?」

尻に肉掴んで強制的に前後させる

「んんんっ!だめぇ・・・」

「明美さんこういうの好きだったんですね」

「抜きなさいよ、ひどい!ひどいわ」

ギンギンなものを肉壁でこすっていると、あっという間にいきそうになるが実際頭で思い浮かべてるのは、さっきまで飲んでた親父さんの娘。

あの娘とこんな風にオフィスでズブズブしたら楽しいだろうなぁとか・・・

「明美さん、このまま中で出しますね!」

「いや、いやよ!いやぁ、ダメよ」

「あぁ明美さんの吸い付いてはなれないよ!」

「お願い、外に、いやぁ中だめぇ!」

「あぁぁ明美!出すぞ!白いの明美の中に出すぞ!」

「いや、だめぇ、外で!外にお願い!」

「しっかり中でたっぷり出してあげるからね!」

「だめよ!ほんとうにダメ!」

「あぁぁぁ イク!明美!」

「いやぁ?!」

「あぁ!明美!出すよ!明美の中に白いの出すからね!」
「やらしい明美の身体犯すよ!」
「あぁだめぇ!いやぁ?!」

その絶叫と共にドクドクと明美の中に注がれる精子。
出る時に断面描写を思い出してしまった・・・

抜いて、そのまま抱きかかえてM字にし、机の上に晒す。机の上にポタポタと精液が落ちてきて、それを見てる明美は「あぁ・・」と彷徨顔だ。
床にはベチョベチョな下着。机には精液混じりの自分の液体を目の当たりにして「こんな・・・」
椅子に座り、
「明美さん、咥えてよ」
命令口調で反撃してくるのかと思いきや反撃する気配さえない。
「はい」と、従順な女の様に床に跪き俺のを咥えた。

しばらく咥えさせて再び大きくなった。
「よし、じゃぁ明美さん、自分からまたがってみて」

「えぇ・・・それは・・・」

「またがってよ」半分強制的にまたがらせ対面座位の状態で挿入。

「んんっ・・・だめ・・・」

「自分で動いて!」

「いやぁ・・」

また腰を持って前後させる。子宮の入口が前へ後ろへやるたびに、コツ、コツ、とさきっちょを刺激する。

だんだんとリズムに乗って明美の声も上ずってきた。

それに椅子の肘掛に脚を絡めて自分で身体を前後させてる。

ぶちゅると白濁したものが溢れ明美の毛にまとわりつく。

「明美、もう出そうだよ」

「お願い、今度は外でおねがい・・・」

「この事お互い内緒に出来るなら外に出してもいいよ」

「内緒にしますから・・・」

机の上で股を開かせ自分の手で挿入部を触らせる。

「いやぁ」

「明美のに入ってる。ほら!」

「言わないで・・・いやよ、いやぁ」

「明美はいやいや言うけどぐっしょり濡れてるね」

机の上はぬるぬると尻がすべるほど濡れている。

「ほら出すよ!」

「お願い!もう・・・そんな出されたら出来ちゃう」

「何言ってんの?外に決まってるじゃん、しっかり顔にかけてあげるからね」

「いやぁ、お腹で・・・お腹の上にだしてぇ」

肉壁がぎゅっと締まる。

奥へいくつく度にコリっと入口にぶつかる様は興奮する。

「あぁいくよ明美!」
「あぁいやぁ外に・・・お願いします」

「明美、また中汚してあげるからね!」

「あぁ・・・やめ・・・おね・が」

「あぁ明美!出すよ!中に白いのまた出すよ!」

「だぁめぇ」

「あぁぁぁぁ明美イク!」

びったりくっついたまま、どくどくと注ぐ。

浅めに戻してくるとぶちゅると脇から汁が漏れ出す。

完全に抜くと、今まであった物が急になくなった穴が急速に締まり始め、いきむ明美に押されて中からドロリ、ドロッっと尻に向かって垂れていく。

ハァハァと肩で息する明美をよそに俺はズボンを上げた。

「あぁ・・・」

「ひどいです・・・私がピル飲んでるからって知ってて中で出すなんて!」

しばらく押し問答していたが、結局はオナニーしていたのは下着を着替えてただけ。

俺との関係はたまたまそうなっただけで今回限り。

という彼女なりの言い訳をつけて終了した。

帰り際に「ほら、帰りノーパンで帰ってよ」

「こんな汚れた下着じゃイヤでしょ?」とノーパン命令。

エレベーターで帰る途中で無理やりキスしたり、胸をもみしだいたりいいように蹂躙。

下のフロアにつくと、そこはもう真っ暗。

フロアの影に連れ込み

「スカート上げてみな」

「いやです・・・」

「ほら!こうやって上げるんだろう?」

ベロンと巻くしあげ、尻を露にする。

こういうのに堪らなく興奮してしまう自分にもびっくりした。

「後ろ向いて尻突き出せよ」

「いやぁ・・・」

「ほら!入れるぞ」

乾ききってない穴にはするりと飲み込まれてく。

二回目程元気はないが、なんとか持ちこたえられそうだ。

小さいビルのフロアにこだまする腰を打ちつける音。

「いやぁ・・・あっあっあっ」

打ち付けるたびに「あっ」っと声が漏れてしまう明美。

「明美!きもちいのか?」

「き・・きっ、きもちいです、ごめんなさい」

何に謝ってるのかわからない。

いくまでに二回目よりもかなりの時間がかかったが、なんとか発射体制に持ち込む。

「ほら!出すぞ!しっかり中で受け止めるんだぞ!」

「いやぁ、もうだめ、もう・・・おかしくなっちゃう」

「あぁ明美!イクぞ!おまえの中まで犯すからな!」

「うぐぅっ」

ぎゅっと締まる明美の穴の中に再び脈打つほど出た様な気がするけれど、流石にもう量は少ないし、粘り気もない。

フロアを出て、歩き出すと明美が

「お願い、トイレ行かせて・・・」

「ん?どうしたの?」

脚のふとももを伝って足首まで精液が流れ出し黒い靴の足首のところにあるストラップに精液がべっとりと絡み付いてる。

「そのまま帰ろう」

「え!お願い、トイレで拭かせて、恥ずかしくて歩けない」

「さぁいくよ」

ムリやり歩かせると、にちゃっと音がする。

「いあぁ・・・恥ずかしい」

そう言うと座り込んでしまったが、座り込んでる尻から、ポタリと精液が滲み出す。

「あぁ出てきちゃう・・」

仕方がないので公園のトイレで拭かせて、やっと歩き出せるようにした。

次の日会議から帰ると午後8時。

社内は人気も疎らでみな帰り支度。

俺は正直この件で首を覚悟していたがなんだか上司も知らん振り。

明美は一番前の受付でまだ残務みたいな事をしていたが俺の顔をみるなりキリっと睨み返してきた。

一人、また一人と帰る中、めずらしく俺以外に残ってるやつがいた。

「あのー昨日の事は誰にも言ってませんよね?」

「うん、まぁ言えるわけないし、それに乱暴した訳だから、こっちは謝ろうと思ってたんだ」一応心にもない事を取り繕う。

キリリとした睨み顔からちょっとやわらかい顔になる明美。

何を思ったか自分からするするとスカートをめくりあげると綺麗に剃り上げられたパイパンに変身していた。

「はぁ!」

「あの・・・これ・・・その・・・」

つまり、ネットか何かで調べて、俺の奴隷になる為に毛を剃りそれを見せに来たらしい。

「そうなんだぁ?」と言うなり割れ目をなぞってやる。

「あぁ・・・」指先がベトベトになる程濡れて熱い。

「今日もノーパンだったの?」

「はい」

「仕事中オナニーしてたのか?」

「我慢してました」

「それでこんなに濡れてるのか?」

「はい・・」

「なら目の前でオナニーしてみろ!」

ひるむかな?と思ってたんだけど隣の椅子に座って、M字に脚を開き、胸のポケットからボールペンを出すとそのキャップ側でクリをつつき始め、もう片方の手ではクリを露してる。

はぁはぁと声が聞こえてきたと思うと勝手に「いく!あぁいく!」と言い椅子で仰け反り逝ってしまった。

「誰がいっていいって言ったんだ?」

「ごめんなさい・・・」

「もう一度やりなよ、その代わり逝く時はちゃんと言うんだぞ」

「はい」

くちゅくちゅと音が響き、垂れた汁は尻にまわり椅子が濡れてくる。

「ハァハァ・・・あぁ・・・いきそうです」

「我慢しろ!」

「あぁ・・・もう・・・もうだめです」

「もっと指でかき回せ!もっと!やらしい音させろ!」

「そ・・・そんな・・・あぁダメです・・・もう」

指を三本も入れて左右に振る。

びちゃびちゃと卑猥な音が鳴り響く。

「よし、いっていいぞ!」

「あぁ・・・イク!明美いっちゃう!」

椅子の上で腰がガクガク震え落ちそうになりながらも必至で捕まりながら腰を振り果てた。

「よし!いい子だね。帰るよ俺は」

きょとんとしてる顔を横目に俺は帰り支度を始めた。

「あぁ・・・お願いです、ちんちん下さい」

「ん?俺の?」

「あぁもう我慢出来ないんです」

意地悪してみる。

「でもぉー彼氏居るなら悪いしー、会社にばれたらイヤだしぃ」

「誰にも言いませんから・・・」

「うーん、じゃぁ一回だけだぞ!」

会議室の長ソファに連れ込み上にまたがらせる

「自分で入れてみろ!」

「はい」

ぬぷぷぷ・・・十分にほぐれた穴にすぐに飲み込まれる。

「あったかくていいよ明美の」

腰が徐々に動き始め明美は二回も逝ってる。

「もう・・・もうだめです」

「じゃぁ俺も逝くぞ!」

「下さい、精液下さい!」

「明美の中に出すぞ!」

「いっぱい下さい、お願いします。明美の中・・・いっぱいにして下さい」

「ほら!出すぞ!明美!」

「あぁ・・・熱い。熱いのが入って・・・」

抱きかかえたままドクンドクン脈打ち薄い精液が通り抜けて出て行く。

駅まで帰りはまたノーパンで帰らせる。

垂れてくる精液でまた靴を濡らしながら歩くたびにくちゅくちゅと音をさせながら歩いてる。

そんな事を一年近く続けていたんだけど彼氏と結婚するとかで、突然会社を退社。

結婚して社内は平和そのものへ変化。

こんな女もいたんだなぁ?と振り返る程度ですが、時々メールで「いやらしい明美に指示してください」とか来る。

性癖というのは消せないものなんですね。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2018/12/01 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する