禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  子供のころに見てしまった父と母の営み

子供のころに見てしまった父と母の営み

子供の頃、両親,妹,私の四人でふとんを並べて寝ていた。
父、妹と母、そして私の順番であった。ある夜、ふと目が覚めると母が手洗いに立ち、戻ってくると妹と一緒のふとんに戻らず、父のふとんに、、
ふとんが盛り上がり、チュッ、チュッとキスする音が、、
何も会話は聞こえず、そのうちにチュバッ,、チュバッっとキスというより、吸い付くような大きな音が、それがしばらく続き、微かな話声がひとつふとんをへだてた、1、2mむこうから聞こえてきた。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

なんだか分からないが、聞こえてはまずそうにほんの微かな声であった。
ただ、不愉快そうな感じではなく、嬉しそうな、雰囲気は中身は分からなくても私にも感じ取れたのを今でも覚えている。

ヒソヒソ声の間、ふとんがゆっくりうねっているのが薄明かりのなかでも感じ取れた。
話をしながら、お互いに抱き合いながら何かをしているのだな〜、と思いつつ、ソレがなんであるかははっきりわからない、と耳を澄ましていると、

小山が盛り上がり、何か畳が揺れだし、ふとんがスレスレする音がし始め、母がひそかに笑うような、泣くような、変な声を出し始め、時々鼻水をすすり始め、父が母を泣かしている???、

そして父がひそかに、いいか、いいか、とささやき始めたら、畳がゆさゆさし始め、部屋がミシミシ音を立て始め激しくふとんが動き,母の、あん、あん、というような嬉しい?悲鳴がして、静かになった。
しばらくして母が手洗いに立ち、戻ってくると妹のふとんに入った。

部屋の柱時計がボ〜ンと一時を打った。
私は目が覚めてしまって明け方まで寝られなかった。
そんなことがあったことも忘れてしまって別部屋で寝るようになった中学*になった夏、ある夜、見てしまった。

寝間着の前をはだけて親が抱きあい、父が母の乳房に大きな音を立てて吸い付いているのを、
そしてその後、母のおまんこをいじくったり足を開かせ舐め回したり、母は母でチンポを握って目をつぶって微笑んでいたり、それが済むと、父は母に足を開かせ、本番に、

両手を母の脇腹の横に付き、ゆっくり、ゆっくり、腰を動かす。
母の口からよがり声が漏れる。例のうなされているような、含み笑いが、

それが、すすり泣きに変わり始めると母の両足を肩に担ぎ、恐ろしい勢いで抜き差しを、間もなく、射精したらしく母の上にうつ伏して、荒い息をしていた。
母は父の背中や腰の周りをなで回していた。わたしは、そ〜っとその場を離れた。

こんなことは当人にとっちゃ、すごい事件だろうが、たぶんどこの家庭でもよくある一コマだろうな。
それから、私も大人になってヨメが出来、夜になれば、おまんこをいじりまくり、チンポが立てば、股を開かせ、チンポも折れよとばかりにつきまくりる。

よがるヨメの子宮に向かって発射しつつ、好きよ、愛してるわあ〜とか云いながらチンポを締め上げてもらいながら、人並みのセックスライフを噛み締めている日々です。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2018/12/04 ]   母・義母
母と伯父
僕が小一のとき父が亡くなった。翌年一周忌があり、その翌年三回忌法要があった。
その日、田舎から来た伯父が泊まった。お酒を飲んでいる伯父の相手をしている母から、先に寝るように言われて僕は一人で寝室に行った。母と並べて敷いてある布団に入って寝た。
何時頃か目が覚めた。隣りの母の布団にまだ母はいない。不安になって起きて行った。
夕食をした居間には誰もいなくて奥の客間の方から母の悲鳴が聞こえた。
行って覗いてみてびっくりした。叔父の泊まる布団に母が押し倒されて伯父がのしかかっていた。
「お義兄さん、やめてください」逃れようとする母を押さえつけて伯父が母の胸をはだけた。
母の乳房をもみもみして乳首に口をつけて吸った。
「だめ、お義兄さん、いけません」小柄な母。大男で田舎相撲の横綱だという伯父は苦も無く母を押さえつけて離さなかった。
「00(母の名)ちゃん、いいだろう。もう00(父の名)がなくなって2年もたったんだ。00(父の名)も赦してくれるよ」
「いや、だめ、やめて」
伯父は母の着ているものを一枚ずつ脱がします。母は必死に抵抗しますが敵わずとうとうパンツまで脱がされて裸にされました。伯父は自分も裸になりました。
伯父の股間のものは丸太ん棒のようにそそり立っていました。
伯父は母の両足を大きく広げると母の股間の割れ目の所にそれをずぶりと入れました。
母が微かに声を上げました。伯父が静かに腰を動かしました。
「〇〇(母の名)ちゃん、いい体をしてるなあ。〇〇(父の名)は毎晩こんないい体を抱いていたんだねえ、」「・・・・・・・・」
「〇〇(母の名)ちゃん、気持がいいなあ、どう、あんたも気持がいいだろう」
「・・・・・」
「ほら、おまんこの中がぐちょぐちょになってきたじゃないか。きもちいいんだね」
「・・・・・・」
「〇〇(父の名)のチンポと俺のチンポとどっちが大きい?」
「・・・・・・」
「〇〇(父の名)のときと俺の時とどっちが気持ちいい?」
「・・・・・・」
「ああ、気持ちいい。気持ちいいよ。もう出そうだよ。中に出してもいいかい」
「あ、ダメ、中に出さないで」
「よし、」じゃあお口にね」
伯父の腰の動きが一段と早くなった後、伯父は母の股間から自分のものを引き抜いて、それを母の口に持ってゆきました。母の口の中に丸太ん棒のようなものを押し込みました。
母の顔をつかんで前後に動かしました。そして動きが止まり、叔父のお尻の筋肉が2度3度収縮しました。母の口からチンポを引き抜きました。それはバナナ状になって先端から白いものが滴ってました。
母はむせて口から白い液体をタオルに吐き出しました。
そこまで金縛りに遭ったように凍り付いていた僕はハッと気がついてあわてて寝室に戻りました。
しばらくして母が隣の布団に入ってきました。いつのまにか眠りました。
朝になって、起きて行くのが怖かったですが恐る恐る朝食の部屋に行くと、母も伯父も何事もなかった余にニコニコとしていました。



























[ 2018/12/08 20:11 ] [ 編集 ]
母が
僕も昔、似たようなことがあった。子供の頃父が亡くなって、母が農業をやっていたが、春秋の農繁期には村の親戚の人が手伝いに来てくれた。
その日も親戚のひとが二人来てくれて、母は二人に夕食を食べさせていた。
お酒を飲んでいつまでも終わらないようなので僕は2階の自分の部屋に行って勉強をして寝た。
トイレを催して目が覚めた。トイレを済ませて2階の部屋に上がろうとしたら奥の部屋で声がした。
行って覗いてみたら、親戚の男の人二人が母を押し倒して着ているものを脱がせようとしていた。
母は逃げようとしていたが男二人に敵わず1枚づつ脱がされた。
「ねえ、またいつでも手伝いに来てやるからさ、その代わり、いいだろう」
「あいつが亡くなって、あんたも寂しいんだろう、たんまり可愛がってやるよ」
「おおー、いい体をしてるじゃないか。おっぱいもでかいなあ」
二人は母の乳房を揉んだり、乳首に吸い付いたり、母のあそこに指を入れたりしていた。
「おお、濡れて来たじゃないか、気持良くなったんだね。よし、入れるよ」
一人がパンツを脱いで母の股間にそそり立ったものを押し当ててグイと押し込んだ。
母がのけぞった。男は腰を激しく動かして、やがて止まって母から離れた。
もう一人のおじさんが母に乗って腰を振った。母は目を閉じて苦悶の表情だ。
ハッと気がついた僕は2階に逃げていったが、見た光景が焼き付いて中々眠れなかった。
いつのまにか眠って、朝、起きて見たら親戚の叔父さん達はいなくて母はいつものように朝食を作っていた。











[ 2019/02/18 19:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する