禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    母・義母 >  酔いつぶれた母が他人棒に中出しされてるのを見て興奮した私

酔いつぶれた母が他人棒に中出しされてるのを見て興奮した私

私の母はアルコールに弱い、コップに注がれたビール半分も飲まずに真っ赤になる。なので、母は自分からは滅多にアルコールを口にする事は無い。
 それでも年に一度のパート先の旅行、忘年会などでは飲まない訳にもいかず、コップに半分ぐらい次いで貰い飲んだそうだ。
 私が高校の時、アルバイトで数ヶ月母の食堂で働いた事があるのですが、たまたま旅行の日程に重なり、私も連れて行って貰った事があった。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


私は主に裏方の皿洗い、母はレジやウエートレスをしていた。
私を面倒見てくれたのは、母とそんなに変わらない40過ぎの森田さんと言う人だった。

 やはり高校の頃になると、親と一緒に歩くのは恥ずかしく、旅行の時も森田さんと一緒の部屋になった。
部屋割りも2人づつで社長がとってあり、旅行の時も行動も共にしていた。

 旅館に着き早速温泉で一風呂浴びて出た時、母達が女湯に入って行った。森田さんは名残惜しそうに母を見つめていた・・・

部屋に戻り雑談に興じていると、声を潜めながら真顔になった森田さんが、
「俺、実は君のお母さんの事好き何だ!この旅行中にでも、少しで良いから仲良くなりたいんだが・・・協力してくれないか?」

 森田さんに頼まれた私は呆然とした。普段口やかましく勉強しろと言うような母の何処が良いのか理解出来なかった。
確かにスタイル的には胸も大きいし、年の割には尻もプリプリはしているが・・・

「そんなにお袋の事が?じゃあ、明日三人で行動するようにしましょうか?」
「頼んでくれるかい?ありがとう!!」
森田さんは大喜びで私の手を取り感謝するのだった。

ロビーに行った時母が居たので頼んでみると、
「えっ!?う~ん、他の人も居るし・・・悪いけど無理ね!」
 呆気なく母に拒絶され、内心私はムッとしながら部屋に戻り、森田さんに告げると、森田さんは残念そうな表情でガックリとしていた。

 宴会が始まり、旅館の浴衣のままの女性陣が、男性陣に酌をしていく中には、当然家の母も混じっていた。

母は森田さんの前に来ると、
「何時も息子がお世話になってすいません!どうぞ!!」
 前屈みになりながらビールを注いでいく母の胸元が乱れ、谷間が見え隠れするのが見える。

森田さんはゴクリと唾を飲み込み、一気に飲み干すと、母は慌ててもう一杯注ぎ始める。
グラスを置いた森田さんが母にも飲む用に勧め、母も遠慮するのは悪いとコップで酌を受け、ゆっくり飲んでいくと、忽ち母の頬が赤く染まる。森田さんはもう一杯と勧めるも、母はこれ以上はと遠慮する。

「折角だから飲めば良いじゃん!フラフラになったら部屋まで送ってやるよ!」
 私が森田さんに援護射撃をすると、母はキッと私を睨むも、困惑しながらもう一杯飲み干した・・・

 宴会も無事に終わり、みんなは温泉街に出掛けると言う中、母は飲み過ぎたから部屋で先に寝ると同僚達に伝えていた。

「森田さん、チャンスですよ!部屋まで送って行きましょうよ!!」
「そ、そうだね・・・」
「折角だから・・・もっと酔わせちゃいましょう!」

 私は母に水でも飲みなよと日本酒を渡すと、思考が鈍っていた母は、気付かず半分ぐらい飲んでようやく気付き、
「バカァァ!水じゃないよ・・・もう!」
私の頭を叩こうと、上体を起こそうとするもそのまま倒れる。
慌てて森田さんが駆け寄り、私達二人は、母を両脇に抱えながら宴会場を出て行った・・・

「森田さん、母の部屋知ってる?」
「い、いや、部屋に戻れば部屋割りの紙があるけど・・・」
「じゃあ、部屋に連れて行きましょう!!」

 私達は自分達の部屋に母を連れて行くと、私はわざと母の帯に手を掛け解き、そのまま母を布団に寝かせた。

母の浴衣が乱れ、白いスリップ姿が露わになり、母が脚を動かした拍子に、母のピンクのショーツも露わになった。私は自分の鞄を漁り、カメラを取り出すと、
「全く、息子の前でこんな姿晒して寝やがって・・・お仕置きだな!!」
私がカメラのシャッターを押すと、森田さんは呆然とする。森田さんに近付いた私は、
「今なら母とやれますよ!実は俺・・・母親が他の男に抱かれてる姿でオナった事あるんですよね・・・俺も協力します!!」
「お、お前・・・よ、よし!!」

 酒の勢いもあったのか、森田さんも頷くと浴衣を脱ぎ、パンツを脱ぎビンビンに反り返ったペニスを露わにするも、母は気付かない・・・

 二人で母の浴衣を脱がし、一枚撮影、スリップを捲り上げたり、オッパイを露わにさせて一枚と写真を撮っていく。
母の手に森田さんのペニスを握らせて一枚、オナニーしているような仕草にさせて一枚と写真を撮っていく。

「後は森田さんの好きなように・・・俺も席を外しますから!カメラも置いておきますね!!どうぞ、ごゆっくり!!!」
私は襖を開け、ロビーへと向かった。誰かが戻ってきたら知らせに向かう為だった。

あれから1時間経ち、そろそろ他の人が戻ってくるかも知れないと思い部屋に戻ると、母の口に放出した後のペニスを擦りつけて居る最中だった。

「森田さん、そのまま母にチンチン握らせて!和姦のようにしときましょう!!」
 私の忠告に従い、森田さんが母にペニスを握らせる。パシャリとその姿を撮り、母の身体を改めて観察すると、身体中がテカり、母の秘所からは森田さんの精液が溢れていた。

(中に出したのか・・・まあ、大丈夫だろう!)
 母の秘所もパシャリと撮り、母に色々な痴態の姿をさせ撮影する私は、とうに理性を失っていた。
二人で母の身体を拭くも母は時折ウゥンと言うものの、朦朧としているようで直ぐに寝息を立てた・・・

母に服を着せるも、ショーツだけは森田さんに手渡し、記念にどうぞと手渡した。
森田さんは興奮しながら鞄にしまうのだった。

 母を部屋に連れて行くも、まだ同部屋の人は戻ってなく、私達は安心しながら自分の部屋へと戻っていった・・・

翌朝朝食時、母は元気が無かった・・・
履いていたショーツが無くなったのに気付いたのだろう・・・

私は、朝の自由時間に母を部屋に呼ぶと、
「昨日はお楽しみだったね!まあ、旅行に来て羽目を外したんだろから、親父には黙っておくよ!!」
「ハァ!?あんた、何言ってるの?」

呆れながら首を傾げる母に、私は森田さんを指差し、
「母さんの部屋が分からないから、一先ずこの部屋に運んだんだけどさ、母さん・・・自分から森田さんにおねだりして抱かれたんだぜ!!」
「な、何バカな事・・・嘘よ!」

動揺する母、私と森田さんは口裏を合わせながら、
「だってパンティ履いてなかっただろう?母さんが森田さんに、私と思って大事にしてって手渡したんだぜ!!」
「嘘、嘘よ!そんな事・・・だってぇ・・・」
涙目になった母に、森田さんが謝りながら、
「すいません・・・俺があなたを好きだって言ったら、今日だけならって事で・・・」
「そんなぁ・・・確かに何か卑猥な夢は見たわ!でも、現実の事だったなんて・・・」

 その場に思わずしゃがみ込みショックを受ける母、私は日頃の鬱憤を晴らすように、もっと虐めてやろうと思うと、
「森田さんのチンチン見てフェラするわ!自ら跨がり腰を振るわ、息子としては見てられなくて、途中で部屋を出て行ったくらいさ!!」
「だってぇ、酔ってたもの!私、酔ってたもの・・・覚えて無いよぉぉ!」
「此処に証人が二人も居るんだぜ!実の息子の言葉も信じられない?」

 私の言葉に、母は顔を覆って泣き出した。実の息子の私の言葉に真実だったのかと、自らを責めるように・・・

母は少し落ち着くと、
「森田さん・・・昨日の事は忘れて!私、酔ってただけなの・・・お願い、お願い!」
「でも・・・妊娠したらそうも行かないよねぇ・・・母さん、中だしして貰ったんだしさ!」
「エェェ!?もう、嫌・・・私、もう二度とお酒何て飲まない!!」

 母は嫌々をして何度も首を振った。森田さんは戸惑った表情を浮かべ私を見ると、これで良かったのか?といった表情を浮かべるも、私はコクリと頷いた。
こうして社員旅行は終りを告げた・・・

 私が食堂を辞めた後、森田さんは何度も母にアタックし、一度だけもう一度肉体関係を結んだそうだ。
その時、森田さんはうっかり真実を語ってしまったようで、その夜、私の部屋に来た母は、
「あんたの望み通り、さっき森田さんに抱かれて来たわ・・・あの人の望む事を色々して上げたら、上機嫌で旅行の時の事、全部話してくれたわ!!写真撮ってるんでしょう!見せてみなさいよ!!」

私は渋々写真を母に見せた。母は写真を見てワナワナ震えるも、
「こんな写真撮られたら、何言っても信じて貰えない・・・全く、実の母親に何て仕打ちを・・・もう、あんたのせいだからね!お腹の子・・・しっかり面倒見て貰うわよ!!」
「エッ!?妊娠・・・したの?」
「あんたに何か教えません!自分のした事を反省しなさい!!」
こうして、私のお小遣いは二度と支払われる事は無かった・・・

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2019/03/18 ]   母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する