禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    マニアック >  性感マッサージされて突きまくられて、白目剥くまでイカされた人妻(2)

性感マッサージされて突きまくられて、白目剥くまでイカされた人妻(2)

「ふ、滝沢さん……あの……」
「篠原さん。実は、あなたが今感じている不満を解消して差し上げることが出来る特別コースがあります。もちろん無料ですよ。そちらも体験なさいますか?」
目を見つめられながら夫剣な表情で言われて――言葉の意味もろくに考えないまま、気付けば亜紀は頷いていた。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


あっというまに、ぐいっと水着のカップが押し上げられて亜紀のバストが露わにされる。
「あっ」と声を上げて亜紀は隠そうとするが、それをやんわりと押しとどめて滝沢はそこへ直にオイルを落とした。
ふるふると震えるモチのような丸い乳房、そしてすっかり膨張した桃色の先端がぬるぬるにまみれていく。
 
谷間に水たまりならぬオイルたまりが出来るくらいたっぷりとそれを注いでから、滝沢はついにそこへ触れてきた。
「あっ?!」そうされると分かっていたはずなのに、亜紀は思わず驚いた声を上げてしまった。
あまりに感触が強すぎたから。
 
体中の血行をよくされた上で散々に焦らされた亜紀の体はかつてないほど敏感になっている。
そんな亜紀の乳房の上を、滝沢の手が思うさまに這い回る。
「あっ、ま、待って滝沢さん……あたし……」
感触に体を震わせながら亜紀は制止を求めるが、滝沢は手の動きを緩めようとはしない。

その手つきは夫のものとはまるで違っていた。
ただ責めるだけではなく、まるでこれも本当にマッサージだというかのように、手のひら全体で乳房を包んでゆっくりとこね回す。

オイルまみれになった両乳房、そして滝沢の手がこすり合わされて、いやらしく糸を引きながらにゅるにゅると音を立てる。
その度に手のひらの中で乳首がころころところがされて、亜紀は「あっ、あっ」と為す術無く声を上げた。

亜紀の反応を見ながら、滝沢は責めを徐々に先端へと集中させはじめる。
両方の乳首を人差し指と中指で挟み込んで、ぬちゃぬちゃと上下にしごきあげる。
「んあっ、は、ん……っ!」まるで膣を突き上げるペニスのように、その指の動きは激しさを増していく。

普通なら強すぎるはずの責めも、豊富な潤滑油のおかげでそのまま強すぎる快楽に変換されてしまう。
「あ、あ、だめ、だめっ!」胸への責めだけで亜紀が絶頂に達そうかというそのタイミングで、滝沢はするりと手を下へと滑らせてきた。
そのままへそをなぞり、恥部を覆う水着の中へと入り込もうと――

「待って!そこは主人の……っ!」その瞬間、亜紀ははっと正気を取り戻した。
そう、そこだけは何があっても許してはいけない。
ここまでやっておいて何を今さらと人は言うかもしれないが、亜紀にとってそこだけは譲れない一線だった。

「……そうですか」滝沢は食い下がったりせずにあっさりと言って、亜紀の上に覆い被さっていたその裸体をどかせた。
これでよかったはずなのに、急激に亜紀の体の芯から切なさがこみ上げてくる。

「ですが、一応篠原さんにも最後まで経験して頂かなくてはいけません。違う方法でのアプローチを試してみましょうか」
「えっ……」亜紀が問い返す前に、滝沢はころりと亜紀の体をマットの上で転がせて再び俯せにする。
そして、素早く亜紀の下の水着の紐を片方だけほどいた。

「あっ!だめです!」
はらりとめくれる水着を慌てておさえようとした亜紀の手は、しかしやはり滝沢にやんわりと押しとどめられる。
「大丈夫ですよ。篠原さんが希望しないことを致すつもりは一切ありません」
確かに、うつぶせの状態で片方の紐を外しただけだと秘所までは露わになっていない。

その代わりに丸くて白い亜紀のお尻が剥きだしになっている。
そこへ、滝沢はどばどばとオイル――
いや、もうそんな言い方をする必要はあるまい。
まぎれもないローションを、滝沢は亜紀のヒップへと大量に注いでいく。
「な、なにを……」
「ご心配なく。すぐに分かります」
滝沢はぬるぬるになったお尻を両手でつかんでひとしきり撫で回したあと、片方の手でぐいとおもむろに尻たぶを広げた。

「あっ!」ある意味では秘所以上に秘すべき窄まりが視線にさらされるのを感じて亜紀が声をあげる。
そこを隠そうと伸ばした手は、言うまでもなく滝沢に押しとどめられた。
「いやぁ……」たっぷりと注がれたローションが尻たぶの内側に流れ込んでくるのが分かる。
窄まりがぬるぬるになっていくその様までをも凝視されていると思うと、知らず羞恥の声がもれた。

「前が駄目なのでしたら、こちらで満足して頂きましょう」
予想していたことだが、滝沢は尻たぶをひらいたまま反対側の手でその内側を何度もなぞってきた。
「んっ、んっ……!」本来は潤滑油なんてないはずのそこも、今はローションに浸されて完全にぬかるんでいる。

アナルの入り口を指の腹でくちゅくちゅとつつかれて、亜紀はその未知の感触にぶるりと尻を震わせてしまう。
もちろん、滝沢にはそれが誘っているようにしか見えなかっただろう。
「だめ、だめ……んぅっ?!」弱々しい拒絶の言葉を繰り返していた亜紀が、びくんと一際大きく体をのけぞらせた。

入り口をくすぐっていた指の先端が、ついに尻穴の中へと入り込んできたのだ。
「篠原さん、もうだいぶ昂ぶっておいででしょう?きっとすぐに終わりますよ。しばらくこらえてくださいね」
「んんーっ!」言いながら、滝沢は指をぐいっと中まで押し込んでくる。

たぶん中指だったのだろう、たっぷりとローションにまみれた亜紀のアナルは、同じくローションにまみれたその指をぬりりと抵抗なく受け入れてしまう。
付け根まで入り込んだ指を滝沢は馴染ませるようにこちょこちょと中をいじくり回してくる。

「やぁ……中で動かさないで……」
「何を言っているんです。この程度、動かすうちになんて入らないでしょう。ではいきますよ」
言うが早いか、滝沢はそれを激しく出入りさせはじめる。
「ああっ?!あっ!あっ!」
外に聞こえかねないボリュームで、亜紀はあられもなくあえぎをもらす。
そうすることでしか、与えられる感触に反応できなかった。

「さあ、遠慮せずにイってください。篠原さんに満足してもらうのがこのコースの目的なんですから」
気付けば、挿出される指は二本に増えている。
いや、三本だろうか。
もうわけが分からない。
尻穴を犯す滝沢の指の存在感は、あまりにも絶大すぎた。

「ああっ!あああぁぁ……っ!」
触れられてもいない亜紀のアソコから、ぷしゅっと愛液が飛び散った。
もう否定しようがない。
尻穴を指で犯されて、亜紀は感じているのだ。
ローションまみれのアナルを指でずぼずぼされるたびにどうしようもなく感じてしまって、イきそうになっているのだ。

「だめ、だめぇ……」
「駄目じゃないでしょう。さあ篠原さん、イってください」
滝沢は挿出をさらに加速させながら、中をかき混ぜる動きも加えてくる。
もう、限界だった。
「あああああぁぁぁ……っ!」
びくびくと全身を震わせながら、亜紀はイった。
希望したとおり、一度も秘所に触れられないまま。

「はぁ、はぁ……」しばらく時間が過ぎて、ようやく亜紀の息も整ってきたころ。
「篠原さん」ふいに呼ばれて、顔を上げてみれば――「きゃっ?!」思わずうぶな少女みたいな悲鳴をあげてしまった。
滝沢はついに水着までをも脱ぎ去って、たくましくいきり立った自身を露わにしていたのだ。

(ああ、なんて……)また、目が離せなくなってしまう。
水着の上から見たのよりもさらにたくましく、男らしくて、いやらしい。
一度も触れられていない亜紀の女性の奥が、またじゅんと疼いた。
「亜紀さん、それではサービスの対価を支払って頂けますか」
さりげなく名前で呼ばれたことに、亜紀は気付かない。

「た、対価って……お金はとらないんじゃなかったんですか?」
「ええ、お金は頂きませんよ。その代わりと言ってはなんですが、亜紀さんにしてもらいたいことがあります」
「し、してもらいたいことって……?」
「分かるでしょう?」
見せつけるように、滝沢は股間のものをぐいと亜紀のほうへと突き出してくる。
体を起こすのも忘れて、亜紀はそれに見入ってしまう。

両の乳房は晒されたままで、股間は片方の紐がほどかれた水着でかろうじて隠されているだけだ。
もう、ここまでくれば亜紀に残された選択肢は一つしかない――そう思われた、ちょうどその瞬間。
こん、こん。
いきなり、部屋のドアがノックされた。
びっくりして声を上げそうになった亜紀の口を、素早く滝沢の手が塞ぐ。

「滝沢さん?いらっしゃいませんか?」外から聞こえたのは、亜紀と同じくフィットネスクラブに通う人妻の声だった。
「滝沢さーん?今日もマッサージをお願いしたいんですけどー」
どうやらあちらは二人連れのようだ。

「おかしいですね。中から声が聞こえた気がしたのですけど」
「あはは。もしかして先客アリだったりして。ひょっとしたら今まっ最中?」
「あらあら。それでは確かに応対できませんわね。今日のところは諦めましょうか」
「ずいぶんと残念そうですね、○○さん?」
「それは……ねえ?」
「ええ、分かりますよ。滝沢さんのアレときたら……」
「ほんと、セックスというのがあんなに気持ちのいいものだったなんて」
「人生観変わりますよねー」
「きっと、滝沢さんは女を悦ばすために生まれておいでになったのですわ」
「あのペニスで狂わない女の人なんて居ないですよね」

好き勝手言いながら、二人の気配は遠ざかっていく。
それを待つ間、亜紀の視線はずっと滝沢の股間に釘付けだった。
人生観が変わるセックス。
女を悦ばすために生まれてきた。
あのペニスで狂わない女はいない――

じゅくん。
また、体の芯が震える。
触れられてもないのに、新しい愛液が流れ落ちてローションと混じり合う。
早くあれを受け入れさせろ、と疼きが止まらない。

「お願いします、亜紀さん」滝沢が覆い被さってくる。
もう逃げられない。
「私と、セックスしてください」亜紀は――
こくりと、頷いた。
水着の残るもう片方の紐が解かれ、亜紀を体を隠すものはすべて取り去られた。
滝沢が亜紀の両足首をぐいと掴んで開くと、すっかりとろけきった密壺がくぱあっと口を開く。
ローションにまみれた体のどこよりも蜜で溢れたそこは、今か今かと挿入を待ち侘びている。

前戯なんて必要ないのは、明らかだった。
「では」短く言って、滝沢はぐいと腰を押し出してくる。
それだけで、亜紀の貞操はあっさりと破られた。
「ああああっ!」勢いよく貫かれて、亜紀は二つの意味で体を震わせた。
一つは純粋に、強すぎる快楽で。
そしてもう一つは――(違う……)一度突き入れられただけで、理解できてしまった。
先ほどの二人が言っていたのが、まったく誇張などではなかったと。

これは、違う。
亜紀の知る夫のものとはまるで別種だ。
こんなもので突かれたら、一体あたしは――快楽と恐怖で身もだえする亜紀を無視して、ぬうっと剛直が引き抜かれる。
「ああ、待って!滝沢さん、待って!」止まって欲しい一心で、亜紀は腰を突き出してペニスを追いかけた。

それをどう思ったか、滝沢は亜紀の腰を掴んでぐいとマットに押しつけると――
「あううっ!」一回。
「んああああっ!」二回。
「あああああああっ!!」三回突かれただけで、亜紀はいとも容易く達してしまった。
絶頂感にびくびくと体を震わせながら、亜紀はまた恐怖する。
これは、駄目だ。
こんなことを続けられたら、あたしは変わってしまう――

「ああ……お願いです、お願いです滝沢さん……」
「すごいですよ、亜紀さん」
亜紀の懇願をさえぎって、滝沢は興奮しきった声を出した。
「こんな一体感は初めてだ。今分かりましたよ。僕のペニスはあなたを犯すためにあったんだ」滝沢は三本あったローションのボトルを一気に手にとって、中に残った液体をすべて亜紀の乳房にふりかけた。

マットの上はほとんどローションのプールみたいになっている。
「先に言っておきます。一度始めたら、きっと僕はもう自分を抑えられない」
上ずった声で言って、滝沢は亜紀の乳房に手を置いて、さっきやっていたみたいに指と指の間に亜紀の乳首を挟み込んだ。

「いきます」言って、滝沢は狂ったように腰を振った。
「あ!あ!アァァァッ!」その瞬間から、亜紀も狂わされた。
滝沢の突き入れは技巧もなにもない、ただ出し入れするだけのものだったが、それで十分だった。
他に何も必要なかった。
僕のペニスはあなたを犯すためにあった。
滝沢の言った意味が一瞬にして理解できた。

夫と学んできた、どこを突かれたら気持ちいいだとか、そんなことは全て無駄だった。
滝沢が一度腰を突き出せば、亜紀の気持ちのいいところが全てごりごりと刺激され、そして夫ではなかなか届かない亜紀の一番の弱点、最奥にずうんと強烈に突き刺さる。
そんなのが狂ったようなスピードで繰り返されるのだ。
狂わないわけがない。

「アッ!んん、んぁぁ!」ぷしゅう、と激しく愛液が飛び散った。
次第に亜紀の目からも正気が失われていく。
多分もう何度となく絶頂に達した。

凄まじいスピードで挿出が繰り返されて、それに合わせて指の間に挟まれた乳首がにゅるにゅるとしごき上げられる。
何も分からなって、ひっきりなしにびくびくと体を痙攣させながら、それでも膣内のペニスの存在感だけは絶大で。

「ああぁ気持ちいい!気持ちいぃーっ!」夫とのセックスでも上げないようなあられもない声を上げながら、亜紀はまた絶頂に達する。
「出る!もう出る!中に出しますよ亜紀さん!」滝沢が何を言ったのかは分からなかったけど、突き込みがまた激しくなったことだけは分かった。

「んぐ、ん、ん、ん、んンー!」絶頂に達したところを激しく突かれて、亜紀はもう声を上げることさえろくに出来ない。
そして――「ンアアアアアアアッ!」中で、熱いものが弾けた。
亀頭を子宮口に食い込ませたまま、びゅくんびゅくんとペニスを跳ね上げて滝沢は射精する。

「ああ熱い、中で跳ねて……あああっ!ああああああっ!」
その刺激で、また亜紀も絶頂に達する。
なかなか絶頂から下りてこない亜紀の中で滝沢もペニスを何度も跳ねさせて、奥のコリコリになすりつけるようにして射精を繰り返した。

「はあ、はあ、はあ……」荒い息は、どちらのものだっただろうか。
長い長い絶頂感も冷めやらぬうちに滝沢はペニスを引き抜いて、亜紀を四つん這いにさせたかと思うと、まったく萎えないままのそれで亜紀のアナルを一気に貫いた。

「あああああっ?!」もうろくに動けない亜紀はそれを受け入れることしか出来ない。
滝沢はまたクライマックスの激しさでいきなり激しく亜紀の尻穴を責め立てた。

「あっ!だめっ!もうだめぇ!」
「ああ亜紀、君はお尻も最高だよ!」
「だめぇ!そんなに、ああっ、そんなに突かれたら……っ!」
「僕もだめだ、もう出る!」
「ああイっちゃう、お尻でもイっちゃうぅ!」

お互い、長くはもたなかった。
アナルセックスでの絶頂に身を震わせる亜紀の尻穴に、二度目とは思えない大量の精液が吐き出される。
「ああ、あああ……」熱いものを注ぎ込まれながら、亜紀はマットの上にへたり込んだ。
イきすぎて、全てが朦朧としている。
意識があるのだかないのだか、自分でもよく分からない。

アナルからペニスを引き抜いた滝沢は、間髪入れずにそんな亜紀の膣に背後から突き入れた。
「ああああっ……」ほとんど意識がないような状態で、それでも体だけはびくびくと反応してしまう。
膣がきゅうっと締まって、滝沢を楽しませてしまっているのが分かる。

滝沢は亜紀の両手を掴んで引き寄せて、強烈なストロークを何度も見舞った。
「ああ……ふくし、ま……さん……もう、やめ……」
背後から激しく犯されてがくがくと体を揺さぶられながら、亜紀は虚ろな声を出す。
「やめて欲しかったら僕のものになれ!」
「ああ……そん、な……」
「ううっ、出る!」
また、滝沢は奥で射精した。
射精しながら、ピストンを早めた。

「うあ、あ、も、もう……なります……なんでもしますから……」
「僕のものになってくれるのかい?なら僕のためにもっと喘いでくれ!」
射精が終わっても滝沢はまだ休まず亜紀を犯し続ける。
「あ、あ、あ、あ……」
「次で最後だ」
「あああぁぁ……」
「受け取れ……ッ!」
「んああああっ!」

最後にずううんっと一際強く奥を突かれて、その反動でペニスがぬるりと抜けてしまった。
支えをなくした亜紀は今度こそ完全にマットにへたり込む。
そんな亜紀のお尻や背中に、滝沢の白濁液がびちゃびちゃと降り注いだ。

(あたし、もう、戻れない……)
体と同じように白濁していく意識の中で、亜紀は最後にそう思った。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2019/05/01 ]   マニアック
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する