禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  寿司屋で修行中、オーナーの娘とやりまくってました

寿司屋で修行中、オーナーの娘とやりまくってました

私は現在35歳の既婚者で子供もいます。
思い出すとこんなこともあるのか、と思う出来事でした。
当時私はまだ24歳で料理人になりたくて大将が1人でやっているすし屋で働くことになりました。当然修行の身なので給料も10万円ほどで、それでも毎日すしは食べられるし、よく飲みに連れていってもらったのですが、それでも毎日朝から夜までびっちり、魚のさばきから仕込みまで、一生懸命に働いていました。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


こんな状況なので、離婚して1人で生活している大将の家によく泊まっていたのですが、ある夜のことです。
オーナーには26歳と19歳の娘2人いて、別れた元奥さんと住んでいて、店にはよく遊びに来ていて、カラオケに行ったりいろいろと遊んだりしていたのですが、26歳の姉は結婚していて19歳の妹と遊びに行っていたのですが、当時1年付き合っていた彼氏と別れたらしく、私とよく飲みに行って、どちらかと言うと私が愚痴を聞いてやるほうで、私から見ればかわいい妹みたいなかんじで、仲良くしていました。

姉(みな)妹(ゆか)私(隆)名前を書いておきます。
話を戻しますが、その夜、オーナーと3人で家で飲んでいたのですが、オーナーは酔いつぶれて寝てしまい、仕方ないので、隣の部屋に布団をひいてもらい、ゆかちゃんと一緒の部屋で寝ることになりました。

オーナーに見つかると怒られるかな、と思いつつも、他に部屋もないし、リビングで寝るわけにもいかず、また、私も結構酔っていたので、とりあえず寝ることにしました。

ただ私は魚のさばき方とか頭の中で思い出しながら、オーナーにならったことを寝る前に復習することにしているのですが、ゆかちゃんが隣の布団に寝てて、寝ているかと思っていたのですが、ゆかちゃんが、「たかちゃん寝てる?」と聞いてくるので、「いや、まだ寝てないよ」と答えました。

するとゆかちゃんが、「何考えてるの?」
「魚のさばき方」
「熱心やね」
「いちお修行の身だからね、それに何回も聞くと怒られるし」
「ふ~ん」すると、ゆかちゃんは横向きにこっちを向いて、「彼氏と別れたよ」
「え、ほんとに、でもどうして」
「もう好きじゃないから」

「それに今はこの店に来れば、たかちゃんがいるし・・・」
「それっておれのこと好きってこと?」
「そうなるかも」
「それはまずいよ」
「お父さんにはだまっておくから」その時私はすごくうれしかったのですが、オーナーは厳しいし、手も出せません。
だからまずいと思いました。

少しの沈黙のあと、「そっち行っていい?」
「いいけど・・・・」ゆかちゃんが私の布団の中に入ってきて、私に抱きついてきました。

「あたたかい」前から思っていたのですが、ゆかちゃんは152センチくらいの背丈ですが、胸が大きいなと思っていたのですが、パジャマの上から胸があたると、やっぱり大きくて柔らかいな、と思っていると、やはり私のあそこは反応してきました。

するとゆかちゃんが、「なんか当たってるよ、もしかして・・・・」1年以上も修行に入って、自分でオナニーするくらいしかなかったので、当然反応します。
「私のこと好き?」
「嫌いじゃないよ」
「そうじゃなくて、はいかいいえで答えて」
「そしたら、はい、だね」
「良かった」

ゆかちゃんは姉と違って、次女らしく、かわいらしく、でも少しわがままで、年上の私から見ると非常にかわいい子でした。
「たかちゃん、キスしてもいい?」
「う、うん、いいよ」

私はゆかちゃんに覆いかぶさり、やさしくキスをして、なんかこれで終わるのもいやだったので、そのまま首筋に舌をはわせていくと、ゆかちゃんは私の首に手を回してきて、
「好きよ、たかちゃん」
「もうどこにも行かないで」
ゆかちゃんの声が次第に喘ぎ声に変わっていくのがわかりました。

もうあそこは絶好調の状態になっていました。
ゆかちゃんの声は非常にかわいらしく、声を聞いてるだけで私はもうイキそうでした。
私にとっては、修行の時期は極力女性との関係は避けており、どうしても、というときは風俗に行こうと決めていたので、この状況をどう収めようかと考えてもいたのですが、やはり男です。

あそこのコントロールが不可能になると、どうにでもなれと思い、またここで止めるとゆかちゃんに悪い、という気持ちもあり、しだいにこの子をしっかりと絶頂までいかせようと、妙な責任感が生まれていました。

それを決定ずけたのは、ゆかちゃんが、私まだイッタことないの、て言ったことでした。
処女ではないのですが、やはり同年代の10代の男ではなにか物足りなかったのでしょう。

私はもともと大手企業に勤めていたため、合コンもが学生時代から数えられないくらいやり、当時ダンスが流行っていたこともあり、ブレイクダンスやヒップホップの教室に通っていたため、クラブなどに行くと、けっこうナンパしてましたので、女性経験は実人数50人を軽く超えていました。

ですからエッチに関しては自身があったのですが、1度けじめをつけ、この世界に飛び込んできたのですが、まさかこういうことがおこるとは思ってもみませんでした。
女性と関わりたくないから、バイトのいないすし屋に来たのに、オーナーの娘まで計算に入れておりませんでした。
うれしい誤算です。

それはいいとして、ゆかちゃんですが、とにかくかわいく、今でいうとメイドカフェのメイドみたいな感じで、援助交際したら、世のおじさんたちは数万円出すだろうなと思います。
そんな子と私は今まさにエッチをしようとしています。
考えただけで興奮してしまいます。

話を戻しますと、お互いキスをして、イチャイチャしてるとゆかちゃんが、「お父さんの確認してくるね」と言って、実際に寝ているかどうかオーナーの寝室に確認しにいきました。
「大丈夫だったよ」と小声でゆかちゃんが言います。

私もニコッとして、やれることを確信し、どうせやるなら、よりエッチにじっくりやろうと考えていました。
ゆかちゃんは寝室の暗がりの中、パジャマをすべて脱ぎ、「たかちゃん見て」と、こっちをむくと、私は目が飛び出るほど驚きました。

胸は形がよく、手の平じゃ収まりきれい大きさ、そして、腰はくびれ、無駄なぜい肉が一切ついてなくて、もうそれだけでイキそうになりました。
「どう?私まだきれいかな?」
「ぜんぜんだよ。これできれいじゃなけりゃ、世の中きれいな人はいないよ」そして私も立ち上がり、トレーナーをすべて脱ぐと、「たかちゃんの大きい~」お互い抱き合いキス。
ゆかちゃんの胸が体に触れ、私のあそこがゆかちゃんのお腹辺りに触れています。

「たかちゃん、いやらしい」
「ゆかちゃんもいやらしいよ」またお互い舌を絡めあい、舌をからめ、布団の中に入りました。
「たかちゃん大好き、今日は私をイカせてくれる?」
「イったことないの?」
「うん」
「それじゃ今日は寝せないから」
「うれしい」また最初からキスをして、舌をからませ、耳元や首筋をしっかり愛撫しました。

「あ~ん、あ~ん、たかちゃん最高よ」この子は根っからのスケベだなと思い、さらに、胸を触ってみると、「あん、そこ敏感なの」乳房を下から揉みあげてみると、
「あ~ん、いや~ん」
「おっぱいきれいだよ」
「あ~ん、もうそんなこと言われると濡れちゃうよ」
「もう濡れてるんだ?」
「なんでそんなこと聞くの、いじわる」

舌を首筋から鎖骨、そして胸を円を描くように舐めまわすと、「あ、あ~ん、もういや~」
「あっ、あっ、それ気持ちいい、早く吸って~」と、ゆかちゃんは気持ち良さそうです。
乳首をまず指でくりくりと触ると、「あ~っ、だめ~」かなり感じやすいようなので、今度は吸ってみました。

「あー、いい、いいの、もっと吸って~」
「どんなふうに」
「もう、わかってるでしょ、そうよ、もっと強く~」
「あ~ん、あっ、あっ、あっ」吸うとそれに合わせて喘ぎ声も一緒に出ています。

「たかちゃん、気持ちいい~の、胸も強く揉んで」片方の手でおもいっきり握りしめるように揉むと、「あっ、だめ~、あ~ん、良すぎる~」オーナーに聞こえるような喘ぎ声で、思わず口を手でふさぎました。
でもそれにしても、なんて柔らかいおっぱいなのでしょうか。
私はおっぱい星人ではないのですが、こんなおっぱいは初めてです。

これをマシュマロみたい、と言うのでしょうか。
さらにゆかちゃんの喘ぎ声もかわいいし、感じ方もすごくいやらしく、あそこの硬直がこれ以上無理というくらいになっています。
もう今すぐにでも入れたかったのですが、ゆかちゃんをじらすと同時に、自分もじらされてる感じです。

そして舌を下腹部の方へとはわせていくと、「あっ、そこも弱いの」ゆかちゃんの体が布団の中でエビみたいにクネクネしています。
いよいよ茂みの部分に到着です。
まずは手で茂みを触ってみると、意外に毛深く、冬なので、毛の処理もしていないので、余計毛深く感じます。

私は下の毛を触りながら、まだ自分を見失っていないので、この子は19歳でなんでこんなにいやらしいのか、とずっと考えていたのですが、ゆかちゃんはそんな状況ではなく、私の舌が足の付け根あたりを舐め、太ももへ。

「もう、早くアソコを舐めて」
「まだだよ」
「ほんと意地悪」
「もっとその声が聞きたいよ」
「私のこと好きなの」
「大好きだよ」
「今日はじっくりいじめてやるからね」
「も、もう~」太ももから穴周辺へ舌をはわせていきます。

すると愛液はかなりの量が出ていて、おしりの穴あたりまで垂れています。
もう私はうれしくてうれしくて、おそらくにやにやしていたと思います。
こんなエッチな19歳を捕まえられたと思うと、これからの仕事の励みになり、まさに公私ともに充実した料理人修行になると思っていました。

そしていよいよ本命のアソコへ舌をはわせていきます。
まずはクリトリスを舌で1回ペロンと舐めてみると、「あ~ん」とゆかちゃんの喘ぎ声がします。
今度はペロペロと舐めてみると、「あっ、あっ、あっ」舌が触れるたびに喘ぎ声を体がピクンと反応しています。

そして次は、クリトリスを吸い上げると、
「あ~~~ん、そこ感じる~」
「ゆかちゃんすごいよ」
「そ、そんなこと言わないで、う、うっ、あは~ん」
「その声かわいいよ、もっと聞かせて」
「で、でも聞こえちゃうよ」
「大丈夫だよ」

さらにクリトリスへの舌の動きを早くしていくと、「あ~ん、あっ、だめ、だめ、あーっ」
「気持ちいいの?」
「そう、もっと舐めて、あ~、そうよ、もっと」私は言われるままに舌を動かし、吸ったりしながら、自分の口のまわりが愛液でびっしょりになるくらい吸いました。
ゆかちゃんは体をくねらせ、私の髪をつかみ、もだえています。

「たかちゃん、うまい~、気持ちいい~」
「あ~、なんか変な感じ~」
「そうもっと声を出して」
「あーっ、なんか漏れそう、あ~っ」
「あ っ」ゆかちゃんはイってしまいました。

はーはー言いながら、私も舐めるのを止め、添い寝するような感じで、横にくると、ゆかちゃんは、「私いっちゃったのかな?」
「今、どんなかんじ?」
「頭の中真っ白」
「なんか頂点に達した感じで、へんな達成感があるの」
「気持ちよかったん?」
「そう、とにかくそうなの」
「良かったね、すごくかわいかったよ」ゆかちゃんの恥ずかしそうな顔が暗がりでもわかりました。
そして私に抱きついてきて、キス。

「たかちゃん大好き」
「俺もだよ」また長く濃いキスをしました。
結局その日はそれ以上しませんでした。
私も酔っていて、ゆかちゃんがイったので、それで満足になり、そう考えると私のあそこの勢いも急に衰えてきて、そのまま2人とも眠ってしまいました。

気がつくと外は明るく、ゆかちゃんはすでに起きていて、台所でエプロンをして朝食の準備をしていました。
そのエプロン姿を見て、私はまた勃起してしまいました。
とその時いいことを思いつきました。

今度はこの作戦で・・・・。
と思いつつ、コーヒーを飲みながら、タバコに火をつけ朝日を全身で浴び、朝の仕込みの仕事を始めました。
オーナーはまだ寝ています。
いつものように前の日飲むと決まって次の日は昼くらいにしか起きません。

起きるまでにある程度のこと済ませ、また1人厨房で昨日の夜のことをずっと考えていました。
そうです。
来週オーナーが旅行で2日間いないし、店も2日間休みだし、でもオーナーには少し仕込みと魚のさばきの練習がしたいと言って、店の鍵を預かっているので、その2日間は、・・・・。
そう考えるだけであそこは勃起してきます。

ゆかちゃんにその日に店に来てくれることを約束しました。
どうなるやら・・・・。
翌週待ちに待った日がやってきました。
今日はオーナーも留守で厨房では朝か1人でとりあえず仕込みとかを午前中で終わらせ、ゆかちゃんが来るのを待ちました。

昼過ぎゆかちゃんがやってきました。
会うのはあの日以来です。
「ひさしぶりやね」
「うん、早く会いたかったけど、試験で忙しくて」
「でももう終わったから、これから自由だよ」
「大学生はいいね、俺も昔がなつかしいよ」
「もう仕込み終わったの」
「ばっちりだよ、また新しいメニューを作ったからね」

ゆかちゃんはまたきれいになったような気がしたのは、気のせいでしょうか。
好意があると見方も変わるもんですね。

「たかちゃん2日間休みなんでしょう?」
「休みだよ、でも包丁は毎日握らないとね」
「仕事熱心だね」
「ゆかちゃんに対しても熱心だよ」
「もー、うまいんだから」
なんか新婚夫婦みたいな会話で、とりあえず、私は計画を実行に移すべく、ゆかちゃんに指示を出しました。

「今日はゆかちゃんを徹底的に解剖するよ」
「えー、なんかいやらしい」
「そう、だっていやらしいことするから」
「まだ外は明るいよ・・・・」
「明るいからいいんだよ、暗いとゆかちゃんはこの前みたいになるやろ?」
「もう、昼間からエッチね」そんな会話をしながら、ゆかちゃんを抱き寄せキス。
お互い顔を突き合わせ、笑顔でまたキス。

「たかちゃんって真面目と思ってたのに・・・・」
「真面目だよ、仕事もゆかちゃんも」
「けっこう遊んだんでしょ」
「大学が東京だったからね、誘惑も多いし」
「でもそんなたかちゃんが好き」
「俺もだよ」

ちょっと計画と違う方向へいっているので、少し軌道修正して、
「今日はこのエプロンをつけて」
「料理つくるの?」
「いいや、ゆかちゃんを料理するんだよ」
「もう、いつもそんなことばかり考えてるん?」
「そういうわけじゃないけど、嫌い?」
「わからないけど、好きかも」

またキスをして、胸を触り、シャツのボタンを外し、半分脱がすようなかんじにすると、ゆかちゃんの大きなおっぱいがブラでしっかり覆われて、それはそれですごくいやらしい。
「もうエッチなんだから」
「嫌?」
「ぜんぜん、だってまた気持ちよくなれるんでしょ」
「この前よりすごいかも」
ゆかちゃんの顔が急に真っ赤になり、「もう、ほんといやらしいよね」

「女をいやらしくするのも板前の仕事」
「お父さんといやらしい話ばっかりしてるんでしょ」
「いろいろとね、オーナーも面白いからね」そしてまたキス。
今度はシャツを脱がし、ブラを外すとたわわな乳房がどさっと落ちてきたようなかんじで、乳首を舐めると、ゆかちゃんの喘ぎ声が。

「あん、もう、感じるよ」
「感じるようにしてるから感じるんだよ」そして、舌で乳首をぺろぺろすると、「あ~ん、あはあ~ん」
「乳首も感じるんだね」
「またそんなこと聞いて」
「ちゃんと質問には答えてね」
「もう、スケベなんだから」
「スケベじゃない男がよかった?」
「どっちでもいいけど、たかちゃんがいい」

私のスケベ心に一気に火がつきました。
もうすでに勃起し、ギンギンです。
そして、スカートに手を突っ込み、パンティーに上からアソコを触ると、ゆかちゃんもそうとう濡れています。

「濡れてるから脱いだら?」と言いながら、スカートの中に顔を入れ、パンティーを脱がすとこの前はよく見えなかったところがはっきり見えます。
そして、アソコに指を入れてみると、
「あ~ん、だめ~」
「もう準備OKだね」
「たかちゃんに会う前からOKなの」クリトリスを触ると体が反応しています。

「もう、だめ~、あっ、あっ、いい」
「じゃここは」
「あっ、入れちゃだめ、だ~め~」
アソコに指を入れてみると、もうグチョグチョで、クチュクチュと音までしています。

「あっ、あっ、いい、気持ちいい~」
次にエプロンをするように言いました。
そうです。
いまからが計画実行です。
裸エプロンです。
でも全裸じゃ面白くないので、スカートだけは履かせています。
もちろんノーパンです。

「私かわいい?」
「すごくかわいいよ」スカートもタイトっぽいもので、私はあまりミニは好きではないので、OLっぽいスカートをはいてくるように、言っていたのでもう私も興奮がさらに高まってきます。
「こんなかっこうさせて、ほんとスケベよね」
「いいや、ゆかちゃんがかわいいから興奮するんだよ」
「もう、またそんなこと言って・・」

厨房の台に手をつかせ、後ろから向きにして、後ろから手を胸にまわしjdq>まずエプロンの上から揉んでみると、「あん、あ~ん」そして乳首をエプロンの上からさすると、
「あっ、あ~~ん、エッチ~」
「すごくいやらしいよ」
と耳元でささやき、耳たぶあたりを少し舐めながら、噛んだりすると、
「あ~、あ、はあ~ん、力が抜ける~」
「気持ちいい?」
「最高よ、それにいやらしすぎる~」

そのまま下へ座り、後ろからスカートの中に顔を突っ込み、お尻をパンティーの跡がついているので、それに沿って舌をはわせ、お尻の穴あたりを舐めると、ゆかちゃんの体が上へ伸び上がるようにピクンと反応しています。
とりあえず全身性感帯のようです。
確認作業はこれで終わりです。

ゆかちゃんの体はもうすでにできあがっています。
ゆっくりお尻を舐めながら、アソコに指を入れると、ゆかちゃんの体が反応し、太ももに愛液が流れ出てきます。

「ゆかちゃん、体中感じるんだね」
「もう、いや~ん、そんなことばっかり言って」
「ここも感じるんかな?」とお尻の穴を触ってみると、
「そこはだめ~、まだ何もされたことないもん」
「じゃあ、開発しないとね」愛液で濡れた指をお尻の穴に入れてみると、
「少し痛い、ゆっくりして」

もう一度愛液で指を濡らし、第一関節あたりまで入れ、指を少しまわしてみると、「あっ、あっ、なに?この感触・・・」さらにもう一度指を抜き、愛液で濡らして入れてみると、ぬるっと入っていって、指をかきまわしてみると、「あ~ん、なんか気持ちい~、感じる~」

「もう少し入れてみようか」
「ゆっくり入れて」ゆっくり第二関節まで入れ、かきまわすと、
「あん、あん、あん」
「気持ちいいの、なんで、そこが感じるの~」
「ゆかちゃんがスケベっていう証拠だよ」
お尻の穴の開発は終わりにしました。
徐々に慣らしていこうと考えたからです。

そして、立ち上がりまた濃い~キス。
「たかちゃんってほんとスケベね」
「ゆかちゃんを奴隷にするから」
「もうなってるよ、もう私には他の穴はないよ」
「わかってるよ、ゆかちゃんがスケベだと確認できたからもういいよ」

「もう、私はたかちゃんより真面目です」
「じゃ、なんでこんなに濡れてるの」と言って指をアソコに入れると、
「あん、もーそこ弱いんだって」
「でもほしくないの」
「何を」
「コレ」

ゆかちゃんの手を私のあそこに持ってくると、大きくなったアレを服の上からさすり始めました。
「大きくなってるよ」
「ゆかちゃんの口できれいにしてくれる?」するとゆかちゃんがしゃがみこみ、ズボンを下げ、硬直しているチンポを口に含みました。
「気持ちいい」チュパチュパとゆかちゃんがシゴイています。

「もっと唾液を出して」
「そう、そんなかんじ」
「手も一緒にカリの部分をしごいて」ゆかちゃんの舌と口が交互に動き、舐めまわし、「あ、出そう、あ、イクっ」ゆかちゃんの口の中でイってしまいました。
ゆかちゃんは精液をどうしようかみたいな顔をしていましたが、全部飲み込んでしまいました。

「大丈夫、飲み込んで」
「たかちゃんのだからいいの」
「でもすごかったよ、まだピクピクしてるよ」
「ゆかちゃんがうますぎるからだよ」
「もう1回していい?」
ゆかちゃんはもう一度口に含み、また、シコシコしてきました。
ほんとにスケベな女です。

また硬直し始め、またむらむらとしてきました。
ゆかちゃんを立ち上がらせ、流しに手をつかせ、もう一度お尻を舐め、クンニをすると、「いや~ん、また感じてきちゃった」
「あっ、あはあ~ん、ほしいの、入れて~」スカートは邪魔になるので脱がし、後ろからゆっくりと硬直したアレを入れてみました。

「あ~ん、入ってくる~」
「あーっ、こん感触、ずっと待っていたの」
「気持ちいいの」
「う~ん、あ~ん、気持ちいい」
「奥まで入れるよ」
「お願い~、あ~、そうよ、そう、もっと~」
「あーっ、いいの、すごい、だめ~」

腰を右へ左へ、そして出し入れすると、ゆかちゃんは隣に聞こえるくらいの声で、
「あっ、あっ、あっ、いい、もっと、もっとよ」
「そう、もっと突いて~」
「あ~、気持ちいい、イキそうーっ」
「あーっ、イク、イク、イクーっ、あーっっっ」

ゆかちゃんはイってしまいました。
喘ぎ声が表現しようのないくらいかわいく、そしていやらしく、私はそれだけで満足ってかんじです。
ゆかちゃんははーはー言って、動けない状態です。

「気持ちよかった?」
「いままでで一番よかったよ」
すっと起き上がり、私に抱きついてきました。
「ありがとう」
「何が?」
「イカせてくれて」ゆかちゃんは少し涙ぐんでいました。
やさしくキスして、そのまま強く抱き寄せました。

「ちゃんと付き合ってくれるかな」
「うん、私ほんとに大好き」
「愛してる・・・」
そして、店の座敷へ移動し、終わることのないセックスを数時間楽しみました。

今、妻と子供2人で幸せに暮らしています。
そうです。
今の奥さんが彼女です。
それから数年つきあって、彼女が大学を卒業すると同時に結婚しました。

私は30歳で居酒屋でオーナーから独立しました。
すし屋は敷居が高く、誰にでもきてほしいと思っていたので、居酒屋という形態を選びました。
妻と一緒にやっていますが、今でもお店でエッチをしています。
妻はおまんこもアナルもどっちともいけます。
今度はソフトSMあたりをしようと思っています。

でも、やはり女は怖いもので、どこまでもついてきて、新しいエッチを教えるとそれ以上に対応し、考えてた以上にいやらしい女性へと変貌をとげます。
このままだと私の体が持ちそうにありません。
でも今でも妻を愛してることは事実です。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する