禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    人妻・浮気・不倫 >  バツイチ熟女の私は、ダンディな中年男性とのSEXで女を思い出しました

バツイチ熟女の私は、ダンディな中年男性とのSEXで女を思い出しました

夫と離婚して10年、女を忘れて働いてきた。
気付けばもう40歳。職場の女性が性生活を話題にして和気藹々としている時は、話の輪に入る事はなかった。自分で自身をセーブしていたんだろう。
数ヶ月前、初めてパソコンを買った。仕事から帰ってくると、お酒を片手にネットサーフィンをするのが日課になっていった。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


ほろ酔い気分になり、何を思ったか>出会い系サイトに挑戦してみた。 それからは毎日入り浸り。

とは言えただの暇潰しで、逢うつもりなどなかったので、正直に年齢は40歳だと答えておいた。

こんなおばさんを相手にはしてくれないだろうし。

それに出会い系の人達は、最初こそ当たり障りの無い話をしているけど、徐々にエッチな話題に持っていく人が多かった。

でも、裕太さんは違った。

あちらも暇潰しで、年齢も同世代という事で、色んな話をメールでした。

しばらくメールを続けているうちに、1度会ってみようという事になった。

お互いお酒が好きという事で、じゃちょっと飲みに行こうか!みたいな感じだった。

私は疑う事を全く知らなかったのだ。

その日に初めて逢った裕太さんは、チョイ悪オヤジみたいでダンディなおじさんでホッとした。

一緒にお酒を飲んで話をしていたけど、ほろ酔いになったし、時間も遅くなったのでそろそろ帰ろうかと、時計をチラチラ見ていると、裕太さんがポツリと、
「ホテルで飲み直しませんか?周りに飲む人間がいないので、久しぶりに飲み明かしたい」
と言って来た。

明日は休みだったし、飲みたい!っていう飲酒欲があったので、ついて行く事にした。

男の人と2人で食事する事すら暫く無かったし、一緒にコンビニへ入ってお酒とおつまみを買ったりして、なんだか若者みたいだなーって感じがして嬉しかった。

ビジネスホテルに入って、さぁ飲み直そうと思ってビールに手をかけた時に、急に裕太さんが後ろから抱き付いてきた。

「ひゃっ、何す……るの?」

裕太さんが唇で私の言葉を遮った。

「や…めてくださいっ!心の準備……が…」

息が苦しい。

「俺が女の本能を呼び覚ましてあげるよ」

と裕太さんは言ってブラウスを剥ぎ取ってきた。

「いやっ、やめて」

と抵抗するも、男性である裕太さんの力には敵わない。

あっという間にパンティー1枚にされてしまった。

裕太さんは私の抵抗お構いなしに、乳首を摘んだり舌で転がしたりする。

私は異様な感覚に襲われた。

恥ずかしながら感じてしまった。

でもまだ引き返せる、でも10年ぶりにしてみたいとも思っていた。

「あっ、あっ」

裕太さんに愛撫される度に、今まで出た事の無いような声が漏れる。

「嫌じゃないんだね、もっと淫乱になってごらん」

と顔から火が出るような台詞を吐く。

恥ずかしいのと気持ちいいので混乱した。

舌がどんどん陰部へと這っていき、とうとうベージュのパンティーも剥がされてしまった。

自然に腰を浮かせ、スムーズに脱げるようにする、裕太さんの舌が私のクリトリスを舐め上げる、

「あぁぁぁぁぁぁっっ、あっあっあっ」

どうしようも無い感覚に襲われ、足が痙攣し、自然に声が出てしまう。

「凄いね、ヌルヌルだよ、ほぉら、指入れちゃうぞ」

「きゃぁっ、あああああ」

もうどうにかなりそうだった。

指では満足できない、欲しい、欲しい、私は自然に裕太さんの性器ににむしゃぶりついた。

10年ぶりに見た男性のモノ、裕太さんは50歳近いとは思えないくらい張りと角度が付いたものを持っていた。
はっきり言って、私は無我夢中だった。

裕太さんの性器も私の唾液と、自身の粘液でヌルヌル光っていた。

「欲しいかい?」

また顔から火が出るような台詞を吐く。

涎を垂らしながら裕太さんの性器を口に含み、目が合った。

「欲しいです、お願いします、この一夜だけにします」

そう言うと裕太さんは、私を下にしてゆっくりと入れてきた。

クチャ…。

恥ずかしい音が聞こえた。

「あぁぁぁぁ…気持ちい…あっ、あっあっあっあぁぁぁっ」

呼吸が乱れ声の間隔が短くなってきた。

「あっあっあっあぁぁぁぁぁっ」

力が一気に抜けて頭が真っ白、体はジンジンしてイッてしまった。

「よし逝ったな、今度は交代だ、俺の上に乗れよ」

言われるがままに裕太さんの上に乗った。

はっきり言って、上に乗って自分で動くなんて恥ずかし過ぎて出来ないし、勝手も分からない。

裕太さんが手を腰に回してくれて前後に動かす、

「き…き、気持ちいい…」

あとは自分の気持ちいいまま、恥ずかしながら腰を動かしてしまった。

「あんあん、あっ、」

息が乱れる。

「よし、逝くぞ、中で出すからな、うぅあああ」

そのまま中に出され、2人でぐったりしてしまった。

そのまま眠りにつき、次の朝ネットリと膣の辺りが濡れているのが分かった。

ティッシュで拭いてみると精子らしきものが付いていた。

「あぁ、昨日避妊してなかったんだ…」

昨日は無我夢中で分からなかった。

大丈夫だろう、そう自分に言い聞かせて、まだ寝ている裕太さんを後にホテルを後にした。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する