禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    学生時代 >  俺を好きだと告ってくれた彼女と初体験

俺を好きだと告ってくれた彼女と初体験

中2の時、おれは学校にアイドルの隠し撮りの写真とか載ってる某雑誌を学校にもってってまわりのやつにみせてた。そんでなんか隣の女子がその本みせてって言ってきた。なんかスピードが好きらしいので見たいらしかった。
「いいけどエロいよこれ?」
っていったけど、「いいからいいから」とか言われたんで見せた。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


「へぇー、やっぱ男ってこういうの見るんだねぇ」とか言ってた。その時はそれで終わったんだけど。

掃除のときにさっきの女子(以後寛美)が来た。
「さっきはありがと。実はこの前いとこ(♀)とああいう本買ったんだけど、見る?さっき見せてもらったしね」といってきた。おれはどうせたいした内容じゃないと思ったし、冗談かと思ったので
「あぁ、じゃあ明日もってきて。」
と適当に返事してその日は帰った。
  
次の日、おれは昨日のことなんか忘れてて、普通に寛美と会話してた。そして放課後、寛美が周りを見回しながら
「ねぇ、もってきたよ」と言ってきた。おれは完全に忘れてた。
「はぁ?なにが?」
「ほら、あの本だよぉ」
寛美の手には紙袋が。
「え、あれマジだったの?うん、じゃ借りるわ」
「うん、それじゃね。」
って感じで家に帰った。

家に帰って、本を見ることにした。すでに裏本とか結構見てて、女が見るような本じゃものたりねーよと思いながら、その本を見た。

表紙はいかにも女子が見るような雑誌って感じだった。中身を見ると、そんなに過激な写真とかはなかったけど初体験やエッチな体験の投稿のコーナーとかあった、もちろん全部女子の体験だったので普段マムコの写真とか見まくってたおれもなんか興奮した、ページをめくってると、四十八手の解説とかいろいろのってた。

あいつこんなの読んでるのか、とか思いながらまたページをめくってるとなんかちぢれた毛が挟まってた。おれはまだズボンおろしてない。。ってことは寛美の!?急になんか興奮してきた。

寛美は明らかにかわいいってタイプじゃないけど、付き合えたらいいなって思えるくらいには可愛かった。結局その毛を見ながら3回くらいヌイた。

次の日、昼休みに寛美を呼び出した。
「あ、これありがと。つーかお前こんなの読んでるんだな。」
「違うよぉ、いとこが色々教えてくるんだもん。」

そこでおれは周りにだれかいないかたしかめた。
「あのさあ、実は本にちぢれた毛がはさまってたんだよね、やっぱお前のあれの毛だろ?おれのじゃないし。」
「えっ、な、何言ってるの?」
「誰もいないから平気だよ、おれ口堅いし(嘘)」
「うん、そう・・だと思う。」
「けど普通に読んでるだけじゃ挟まらないよね?何してたの?」
「えぇ?だってあの本読んでたらなんか急に、、」
「ってことはもうオナニーだろ?」
「う、うん。。いとこに教えてもらったから。。」

「やっぱ女子のエッチなことに興味あるんだな、つーかおれらなんか変な関係だね。2人だけの秘密できたし。」
「・・・・あのさ、私、祐介(おれ)のこと好きなの、祐介いつもエッチなこと言ってるからああいう本見せたら喜ぶと思って、えと毛はわざとじゃないんだけど。。私と付き合ってくれる?」
生まれて初めて告られた、いま思うと変な状況だが彼女もいなかったし断る理由はない。

「うん、おれも前から気になってたから。付き合おうよ。」
「本当?やったぁ!」
「あのさ、ちょうど誰も来ないとこにいるんだし、キスしない?」
「えっ?うん、いいよ。」
おれは滅茶苦茶緊張した、震えがとまらなかった、自分でいいだしたのに。裏本を見慣れてるこのおれがこんなことで震えるなんてなんか自分で意外だった。

「じゃあ、いくよ。目つぶって。」
唇が触れた。やわらかくて、ちょっと暖かかった。3秒ほどで離れた。そして寛美が抱きついてきた。一分ほど抱き合っているとチャイムが鳴ったので、2人は怪しまれないように別々に教室に帰った。

とにかく寛美と付き合うことになった。その日は部活があったので寛美と帰れなかった。そのころはお互い携帯なんかもってなかったのでパソコンのメールとかで連絡とりあってた。付き合って一週間くらいたった。

「ねぇ、よかったら家にこない?うちの両親夜おそくならないと帰ってこないし、お姉ちゃんもいつも彼氏といるから」
「え?もちろんいくよ。」てなことで寛美の家に行った。一戸建てで結構いい家だと思う。
「なんか飲み物もってくるから待ってて。」寛美の部屋ではなくリビングに案内された。そんで学校のこととか話したりしてた。

「お前さぁ、おれなんかのどこがいいの?」
「んー、頭いいし、スポーツできるし。あと口悪いけど結構優しいしね。」
そういうと寛美は抱きついてきた。おれは寛美の髪をなでたりしながら、しばらく抱き合っていた。するとガチャンという音とともにドアが開いた。寛美の姉とその彼氏が帰ってきたのだ。おれと寛美は抱き合ったまま固まった。

しばらく時が止まったが、寛美の姉の彼氏が気を利かせてくれたのか
「カラオケいこうぜ。」みたいな感じで外に出て行った。
「これで完全に2人きりだね。」
「うん、ねぇ。キスしよ?」
二人は唇を重ねた。もう普通のキスは何回かしたので、舌をいれてみた。
「ん、んー。ちょっと待って!」寛美はキスをやめて離れた。
「いきなり舌なんか入れるからびっくりしちゃった。」
「嫌ならもうしないよ。」
「それは駄目。じゃあもう一回しよ?」
今度は舌入れOKだった。2人はしばらくの間舌をからませていた。キスがこんなに気持ちいいものだとは知らなかった。おれは寛美の胸に手を伸ばした。
「ちょっと待って、ブラはずしてからさわって。」
おれはゴクリと唾をのみこんだ。
「うん、わかった。」

おれはこんな日のためにママンのブラでこっそりホックをはずす練習をしていたのだ。
まさかこんな早く実行することになると思わなかったが。

抱き合いながら背中に手を回した。練習の甲斐あってあっさりはずれた。床に落ちたピンクのブラを見て、ちょっと興奮した。そのまま寛美の背中のほうにまわり、後ろからおっぱいをもんだ

「ん・・・。」寛美が吐息をもらした。トゥナ○ト2やワンダフルなどで予習バッチリなおれは寛美の耳たぶをやさしくかみながら、胸をさわっていた。
「ねぇ、上脱いでみてよ。寛美のおっぱい見てみたいんだ。
「え・・・?恥ずかしいな。。」
「大丈夫大丈夫、おれにまかせろって。」などと意味不明なことを言いながら寛美を説得した。
「わかった、見てもがっかりしないでね?」
さっき触っていてわかったのだが寛美は結構胸でかい、制服を着てるとよくわからなかったが、中2にしてはかなり大きいほうだった。
「寛美胸おおきいじゃん。きれいだよ。」
そういっておれは寛美の乳首に舌を這わせた。

「どう?気持ちいい?」
「うん・・なんか変な気分になってきた。。」
ここまできたらもう下のほうに行きたかった。
「ねぇ、スカート脱がしていい?」
寛美は黙っていたがぬがそうとしても嫌がらなかったのでスカートを脱がせた。
「てか一回ワイシャツきてくれる?」
「え?なんで?」
「いいからいいから。」
おれは彼女ができたら裸にワイシャツだけきてもらうと決めていたのだ。そしてパンツを脱がそうとした。

「待って、恥ずかしいから自分で脱ぐ。」
寛美は後ろを向いてパンツを脱いだ。そのほうがかえって興奮した。これでおれが夢にまで見た裸にシャツ一枚が実現した。足も長く綺麗だった。
「ここじゃなんだから私の部屋いこ?」
そして寛美の部屋に行った。

寛美の部屋はいかにも女の子って感じの部屋だった。
「へぇ、お前ここであの雑誌見てオナニーしてたんだな。」
「もうそのことはいわないでよ。」
そして寛美のベッドに入った。
「へぇ、祐介も脱いでよ、さっきから私ばっかり脱いでるじゃん。」
「わかったよ」
おれは上を脱いだ。
「下も!私も脱いだんだよ!」
「わかってるよ!」
おれは少々躊躇いながら脱いだ。もちろんもう臨戦態勢だ。
「うわぁ、もうおっきくなってる。私見て興奮しちゃったんだね。」
さすがにあんな本を読んだり、オナニーをあっさりカミングアウトする寛美は結構エロい。
「ねぇ、さわっていい?」
そういうと寛美はおれのものをにぎった。
「男の人ってこれ上下させると気持ちいいんだよね?」
寛美はそういってこすりはじめた。すでにイキそうだ。

「ちょ、ちょっとまて!出る出る!」
それでも寛美はやめなかった。ついに耐え切れず発射してしまった。おれは早漏ぎみっぽい。一応手でキャッチした。
「あ、何この白いの?これが精子ってやつ?」
「そうだよ、やめろっていったのに。」
「なんか小さくなっちゃったね。可愛い。」
「まぁすぐに復活するし。」

そして2人でベッドに入り抱き合ったりキスしたりしていた。おれは寛美のふともものあたりを触った。
「あ、ちょっと!くすぐったいよ。。あ・・・」だんだん上の方に指をはわせた。そこで寛美の顔を見たが嫌がる様子はなかったのでついにあそこをさわった。なんかプリンみたいな感触だ。
「んっ・・、ちょっとあんまりさわらないで。。」
さすがに指はまずいかなと思い、キスしながら胸とかふとももとかを触っていた。

「ねぇ、もう我慢できないんだけど。入れていい?」
「うん、、はじめてが祐介でうれしい。。」おれはその言葉を聞いてちょっと感動した。
「でもあれ、、あるの?」おれはこんなことがあろうかと常時財布に近藤君をしのばせておいた。友人Mから譲り受けた品である。おれは袋を破りつけようとした。もちろんすでに装着の予習もできている。ここにきてあの努力が役に立ちうれしかった。

「ねぇ、それ私につけさせて。」
「まじで?べつにいいけどやりかたわかってるのか?」
「これをあそこにはめればいいんだよね?簡単簡単。」
「爪たてんなよ?痛いから。」ぎこちなくもなんとか装着は成功した。いよいよ初体験の時はきた。夢にまで見たこのときが来たのだ。

いよいよと思うとなんか体が震えてきた。
「大丈夫?震えてるよ?」そう言ってる寛美も震えているようだった。目が涙ぐんでる。おれは寛美も抱きしめた。すると2人とも震えがとまった。そして気持ちもたしかめるかのようにディープキスをした、5分くらいしてたと思う。
「じゃあいれるよ。。」
「あ、ちょっとまって。」寛美はそういってタオルをもってきた。これで準備万端だ。寛美が仰向けで寝て、おれが上になった。
「いくよ。。」
おれはついに寛美のあそこに挿入した。

入れると、途中で何かひっかかっておくまで入らない。
「祐介、、痛いよ。」
「ごめんな、もう少しだから。」そういって軽くキスをした。そしておれはゆっくりと、そして力づよく腰を前に動かした。
「・・・っ」寛美の吐息が漏れる。そして無事に奥まで入った。カリの部分が寛美のあそこの壁にこすれてものすごく気持ちいい。入れてすぐに出そうになった。しかしそこはがんばって耐えた。しばらくピストンしたあとついに我慢できなくなった。
「祐介、来て!」寛美はおれに抱擁をもとめた。そして抱き合ったまま腰を動かし発射した。

「痛かった?ごめんな、おれだけ気持ちよくなって。」
「ううん、思ったよりも痛くなかったし、祐介が私のためにがんばってくれたのがすごいうれしいよ。」

自分が想像してたよりもあまり血がでてなかった。こんなもんなのかな?そしてベッドの中でずっと抱き合ったままいつのまにか寝てた。起きたらもう寛美の親が帰ってくる時間だったので急いで服を着て帰ろうとした。

「待って、最後にキスしよ?」
10秒ほどのキス。もう時間がないのでその日はもう帰った。これがおれの中学校時代のえっちな思い出です。

その後、寛美は姉とちょっと気まずかったらしいです。
それからもまたエッチしたり、色々なことがありました。しかし寛美とは中学を卒業するときにわかれてしまいました。

高校に入ってからは合う時間がほとんどとれなくなってしまうので、お互い浮気とかしそうだったし、それならいい関係のうちに別れようってことになって別れたのです。
最後の長い長いキスの感触は今でも唇に残っています。今あいつはどうしてるんだろうな。。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2019/09/18 ]   学生時代
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する