禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  ソープ嬢になって大勢の男に抱かれる妻(1)

ソープ嬢になって大勢の男に抱かれる妻(1)

午前0時過ぎに玄関のドアのロックが外れる音がしました。
私はいつもの様に玄関まで迎えに行くと、妻は俯いてセミロングの髪を垂らし、赤いハイヒールを脱いでいました。
俯くとキャミソールの胸が垂れ、盛り上がって露出した乳房が零れそうで、体をちょっと動かすとその乳房が妖しく揺れ、スカートからはみ出た白い綺麗な太ももが艶めかしく、私はそんな妻の姿に興奮しムラムラとさせらたのです。

動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!


「疲れただろう?」
そう労わってやると妻は無言で頷き、妖しい目を私に向けて来たのです。
その妖しい目は・・・妻が3ヶ月ほど前から、隣り町の歓楽街で風俗嬢のアルバイトを始めてから、ずっと見せている目付きなのです。

その目は私に媚びるような・・あるいは「あなたの為にして上げているのよ!」っと、年下の甘えん坊の夫を諭しているようにも見えるのです。
 
妻が風俗の世界に足を踏み入れたきっかけは・・私が強い寝取られ願望を持っていた事と・・妻にも堕落願望が有ったからなのです。

私達は高校の同窓で妻が2才年上の29才。結婚してもう4年が経つのです。
結婚をして私の仕事の関係でこの街に転勤して来たが、結婚して2年も経つと妻とのセックスにマンネリ感を覚え始め、私の「寝取られ願望」が頭をもたげて来たのです。

夏の暑い夜だったと思うのです。
ベッドで妻の大きな乳房を弄びながら「靖代は他の男と寝てみたいと思った事はないのか?」そう聞いてみたのです。

妻だって世間には寝取られ願望を持つ夫がいる事や、夫公認で男と遊んでいる妻がいる事くらい既に知っていたのでしょう。
「あるって言えば誰と寝ても良いの? 私が誰かと寝れば吾郎は興奮するのでしょう?」
笑いながら茶化すように答えたから、私がマゾヒストで寝取られ願望を持つ事は既に見抜かれていたのです。
でもその時はまだ冗談だと考えていたと思うのです。

だがそれから始まった私の説得に寝取られ願望が本物だと知り、妻には浮気願望が有ったのか、私が「誰と寝ても良いから考えてくれよ。」そう説得すると、三カ月ほどして妻がパートで勤める個人経営の会社社長と「寝ても良いか?」と許しを請うてきたのです。

妻は雰囲気がタレントの「小池栄子」に似ているし、豊満な体つきまで似ているから、妻がその気になれば大抵の男は簡単に引っ掛かってくると思うのです。
私は妻が男と寝る事を願望していたから二つ返事で許してやると、妻は社長と飲みに行きもうその夜ホテルに行ったのです。

妻は社長と付き合い始めると妊娠を避けるために避妊リングを入れたが、寝取られ願望を持つ夫だから自由に浮気が出来る事に気付いたのか、私の願望通り男を誘惑してくれ、妻の友人と元彼、社長を含めて1年で3人の男と寝たのです。

私にとっては清楚で愛する妻なのに、直ぐ男に股を開いた事に驚いたが、そんな淫乱な妻に異様な興奮を覚え、他人に抱かれた淫らな肉体に強烈な快感を覚え始めたのです。

だが私は、マゾヒストで自分が思っている以上の強度の寝取られ願望を持っていたのか、私の興奮や快感は留めを知らず、もっと強い興奮と快感が欲しくなって来たのです。

だが、ただ単に妻が男達に抱かれるだけでは物足りなくなり、私の「寝取られ願望」もエスカレートし、妻が行きずりの不特定多数の男、それも卑賤的な男達に淫らにサドチックに抱かれる事を妄想する様になったのです。

「なあ!風俗嬢をしてみろよ?」
妻が社長と付き合い始めて1年ほどしてから、そんな説得を始めました。
その時はただ「妻を娼婦に・・!」と言う妄想と言葉遊びで興奮をしていただけなのです。

勿論、妻からはそんな馬鹿げた話は相手にされなかったが、それでも私は諦めず「嫌ならもう社長と寝るのを止めろよ!」と嫌味を混ぜながら「一度だけで良いから風俗嬢をやってくれよ!」と説得を続けたのです。
もう私のの心の中では、妄想から願望に変わってしまっていたのです。

説得も長く続ければマンネリ化して日々の会話の一部に成ってしまったが、あの日もベッドの中でいつもの様に「風俗嬢に成って多くの男に抱かれてみろよ。」と笑いながら説得していました。すると・・・

「風俗嬢ってどうすれば成れるの?・・・一度だけやってみようか!」
突然に、妻はそんな風に応えて来たのです。
妻は浮気願望が強く男好きな事はもう解っていたが、まさか娼婦に成る事を承諾するとは思っていなかったから、私だって心構えが無く言葉に詰まってしまったのです。

妻は私が読んでいた「小説・東電OL殺人事件」を読んだと言い、被害者の渡邊泰子と言う女性に強い関心を持ったようなのです。
「泰子さんが娼婦になった心境は理解出来るわ。」
と言い、「女は皆、堕落願望を持っていると思うのよ。私だって同じ願望を持っているかもわからない・・・。」と言ったから、妻の「堕落願望」はその小説を読んで目覚めたのかも分かりません。

その夜、私は妻と十分に話し合いました。
妻は「吾郎から娼婦に成れと言われ続ければ、自分が娼婦に堕ちた事を妄想する様になった。」と言い、
「妄想していると自堕落的な気分になり、娼婦に堕ちた自分に身体の奥で妙な興奮が現れる。」と話し始めたのです。

私は妻のその言葉を聞き「妻を短期間だけ娼婦に堕としてみよう。」と決心したのです。
だが私だって妻を娼婦にする術なんて分からず、色々とネットで調べてみたのです。

最初は「ホテトル譲」にと思ったが、ホテルの密室で知らない男達に体を売る事は危険な気がし、店内で全てが完結するソープ嬢の方が安全の様な気がしたのです。

どのソープランドでもソープ嬢を募集しており・・体験入店可・・と書かれた店も有り・・・勤務は自由に選べるらしいから、数軒に電話を掛け様子を探って見たが「妻をソープ嬢に・・・」と言っても、どの店も冷かしだろうと相手にしてくれませんでした。

今度は妻を説得して電話を掛けさせました。
電話を掛ける事を承諾させるまでに数日掛かったが、高級そうなソープランドのホームページを見せ・・「体験入店だけだ。」・・と説得したのです。

妻が渋々承知をすると、私はネットで調べた入浴料金が一番高い、高級ソープランドの電話番号に電話を掛け、妻に電話機を渡し「体験入店を希望する。」と言わせたのです。

妻は電話を掛けると度胸が付いたのか、相手からの誘いに応じソープランド近くの喫茶店で面接を受けました。
面接で男から「素人では無理だ。」と言われたらしいが、思っていた以上に美人で豊満な肉体をして男好な雰囲気を持っていたからだと思うのですが、ともかくその日の夜に、一度体験入店をしてみる事に成ったのです。

だが時間が経ち冷静になると、やはり妻は体験入店をする事を渋り始め、不安になって恐いのか尻ごみを始めたのです。
「店に行ってみて嫌なら断ればいいだろう!」
私はそう言って説得して強引に車に乗せ、店側から指定された時刻に待ち合わせの場所に行くと中年の男が待っていました。

まだ渋る妻を強引に車から降ろすと、妻は不安そうな表情をして何度もこちらを見ながら男に近づくと、素直に男に付いて店に入ったのです。

私は妻が店に入ると後悔し可哀想になったが、その時私は萎えたペニスが射精を催すほどの強烈な興奮に襲われていたから、もう妻を止める事が出来なかったのです。

その夜、後悔と強烈な興奮を繰り返しながら妻の帰りを待っていたが、午後11時半過ぎに妻は帰って来ました。
帰って来た妻は目を合わさず、ちょっと興奮気味でハミカンでいたから全てを察し、異様なマゾチックな興奮を覚えながら抱き付くと、妻の体から今まで嗅いだ事の無い甘いソープの香りが匂って来ました。

「どうだった?・・誰かに買われたのか?」
興奮していた私は妻の気持ちを労わる余裕が無く、直接的に聞いてしまったのです。
「・・・」妻は無言で頷き、助けを求める目で私を見たのです。

私は妻を強く抱き締めキスをして
「俺の為にこんな事をさせてゴメンよ!・・・愛しているよ!」
私のアブノーマルな願望を満たしてくれた妻に感謝し、その行為を何度も詫び、妻の心の負担を取り除いてやった後、その日の様子を詳しく聞いたのです。

妻は二階の事務所に連れて行かれソファに案内されると、店長からここに来た事情と心境を聞かれたと言いました。
まさか「夫の願望で・・」と答える訳にもいかず、「借金のためだ」と答えると店長は頷いて「亭主は知っているのか?」と聞かれたから「知っている」と答えると興味を示し、店長の態度が少し優しく成ったと言いました。

後から知った事ですが、亭主公認でソープ嬢に応募する人妻はソープランドにとっては貴重な存在らしいのです。
夫公認だから後から揉め事は起こらず、変な悪い紐も付き難く、ソープ嬢も亭主と言う逃げ場が有るから長続きがするし、店を裏切る事も無いらしいのです。

ちょっと話が逸れましたが、体験入店で来たのに面談が終わると、店長から店のシステムとソープ嬢の心構えを教えられたそうです。

来店客用に待合室に備えられているアルバムとネットのホームページに写真を載せる為に、パンティとブラジャーの上にチャイナドレスのコスチュームを着た姿と、バスローブを着た姿で数枚写真を撮られたそうです。
もうその時、店長は妻がソープ嬢として勤める事を見抜いていたのかも分かりません。

撮影は15分位で終わり、撮影が終わると客役で講習をする男を紹介されqc4w@r>
その男は筋肉質で<歳は30才くらい>五分刈りで威圧感があり、無言でプレイルームに連れて行かれたそうです。

プレイルームに入った瞬間、妻は異様で不気味な雰囲気の空間に尻込みをしたと言いました。
客役の男はプレイルームでバスタブの取り扱い方やマッサージ台、それに備品の説明を始めたが、この部屋の何もかも全てが男のセックスを満足させる為に置かれているのがひと目で分かり、不安だが妙に妖しい気分にさせられたとも言いました。

まずプレイルームで室内の備品の使い方の説明を簡単に教えられると、講習が実践方式に変わったと言い、客役の男の上着を脱がせハンガーに掛けるところから始まり、脱衣籠を渡して服を脱いでもらう間に湯船にお湯を落とし、これからのプレイに必要な品物の準備をする方法を教わったそうなのです。

部屋の説明が終わると、男は全裸になり「お前も服を脱いで全裸になれ!」と命令されたそうです。
妻はプレイルームの異様で不気味な雰囲気に圧倒され、気分が昂ぶっていた上に男の口調が冷淡で淡々と話すから少し恐いものを感じ、自分の意思に反して体が動き、言われるままに全裸に成ったと言いました。

男は浴室の中央に置かれたスケベ椅子に座ると、バスタブから風呂桶で湯を体に掛ける方法を教えられ、備え付けられたシャンプーで男の頭を洗い、次にボデーソープを手のひらに垂らし、手のひらで男の体の隅々まで丁寧に洗わされたそうなのです。

体を洗い終わると「ローションを両手にたっぷりと付けろ!」と言われ、言われたままに両手にローションを付けると、椅子の中央が大きく割れたスペースを見て、「ここに手を入れてアナルとペニスを弄ってみろ!」・・・いきなりそう言われたと言うのです。

男がスケベ椅子に座り平然と股を開いてペニスを見せられたが、妻はその椅子の割れ目にローションを垂らした手を差し入れ、教えられるままにアヌスを指の腹で弄び、ペニスを握って手を動かしたそうです。

男はペニスを勃起させ、乳房を行き成り掴んで来たから、驚いて思わず身を引くと
「お前は娼婦だろ!唇も・乳房も・おまんこも・体すべてが売り物だから、客の求めるどんな行為にも応じなければならない。」
そう強く言われ、乳房を揉みながら強引にキスをされたと言うのです。

「ここで一度、射精をするかどうか聞くのだぞ!・・出すと言えば手で扱いて射精をさせ・・求められれば口を使って受けるのだぞ!」
そんな風に教えられ
「男は射精を終えると勃起までにちょっと時間がかかる。射精をすればここで男を風呂に入れ、歯ブラシを渡して歯を磨かせ、髭を剃らせて時間稼ぎをするように・・・。」
と教えられたそうです。

講習は淡々と進み、マッサージ台に移った頃にはもう考える事が出来ず、妻は男の言い成りになったと言うのです。
「客が大金を払ってお前を買うのは射精をする為だ。お前は娼婦に徹し、客が射精をするためには求めに応じてなんでもやれ!」
男はそう言ってマッサージ台にうつ伏せに寝ると、背中のマッサージの仕方を教えてくれた後、体を仰向けにし、「俺のチ×ポを立て、おまんこに入れてみろ!」と言ったそうです。

いきなりそんな事を言われても、何をどうすれば良いか分からず戸惑っていたら「尺八は出来るのだろうが?」と、強い口調で叱られると自然に体が動き、まだ半立ちのペニスを思わず咥えてしまったと言うのです。

ペニスを咥えて勃起させ、マッサージ台に上がって教えられた通りに男の腰を跨ぐと
「サックは必ず着けろ!」
「だがサックを嫌がる客もいるから、その時は臨機応変に対応しろよ!」
と、相反する事を言い、妻の腰を半ば強引に掴み、サックも着けずにペニスを体の中に突き刺して来たと言うのです。

プレイルームの妖しい雰囲気と娼婦の講習で変な気分に成っているのに、こんな風にしてペニスを突き刺されるともう何が何だか分からなくなり、感じてしまい、妻は数回アクメに達してしまったと言うのです。

「娼婦が気をイカせてどうする。客の中には三回射精を求めて来る者もいるから、気をイカせていたら身体が持たないぞ!」
そんな事を言いながら男はちゃっかり射精をしたが、ペニスを射精寸前に抜き、膣外射精をしてくれたと言いました。

「そうそう・・・マットプレーも教えられたのよ!」
妻はちょっと恥ずかしそうに言いながらその様子も話してくれたのです。

スケベ椅子のプレイが終わると浴室にエアーマットを敷き、オイルをマット全体に塗って準備をして客をうつ伏せに寝かせるのだそうです。

男の背中全体と自分の体にオイルを塗り、男の背中に覆いかぶさって体を密着させ、自分の体を前後に滑らせるのだが「乳房が触れる程度に滑らせろ!」と言われてもその行為は力が要って案外難しいらしいのです。

背中が終わると、今度は客を仰向けに寝かせてマットプレーを続けるそうなのです。
「ソープ嬢が仰向けに寝た客の上に乗っていくと、客は必ず抱き付いて来てキスを求めて来るから、絶対に拒んではいけない。」と言われ、
「舌を入れてくれば応じてやれ」

股間を見せる事を要求する客もいるらしく「その時はシックスナインの体位でプレイをしながら股間を見せてやれ!」と教えられたそうなのです。

動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する