禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  母・義母 >  母親の下着でオナニーしていた息子に性教育

母親の下着でオナニーしていた息子に性教育

私が息子と関係を持つようになったのはこの夏からです。
あの日以来息子と私は男と女の関係になりました。
私(43)専業主婦、息子・秀樹(16)高1。夫はこの春からロンドンに単身赴任しています。秀樹は一人っ子。春から秀樹と私は2人で暮らしています。
忘れもしない夏休みの初日・・・、昼過ぎの出来事です。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

私は友達と映画を見に行くため、家を出ました。
秀樹には夕方までに帰る旨伝えて。ところが待ち合わせ場所に着くと連絡があり、ドタキャンになっちゃったんです。
楽しみにしていたのでガッカリでしたけど今日から大好きな秀君が家にいることを思い出し少しルンルン気分で家路につきました。

こうなったらそうっと家に忍び込んで「わっ!」とか言っておどかしてやろうって。物音をたてずに玄関から入り、秀樹の部屋の前へ。
いつもならCDでも聞いているのにその日は静かでした。お昼寝かな?とか思いながらも一気にドアを開けて「わっ!」。
その瞬間私が目にしたものは全て驚きで何が何だかパニックに陥ってしまいました。

ベッドに横たわる秀樹。
ズボンもパンツも穿いておらず下半身はむき出しに。
そして立派にそそり立っている性器。
これだけならただの自慰行為、若い盛りの男の子なのだから当然あるはずの行為でしょう。ところが彼の左手に持っているものは紛れもなく私の下着。

そして壁や天井に貼り付けてある大伸ばしにした写真、それが私の写真だったんです。
天井には顔のアップ、壁や机に私の脱衣中の写真(いつの間にどうやって撮ったの?)。もう何がなんだか。。。
さらに私の顔が真っ赤になってしまったのは彼が手にしている下着が昨日着けていたもの、つまり昨日私がたっぷり自慰行為をしてもの凄く汚れが付いてしまっているものだったことです。

次の瞬間、秀樹はタオルケットの中に潜り込んでしまいました。
数秒間の沈黙、私は咄嗟に「何か話さなきゃ」と思いました。
そのまま何もせずに出ていった方が良かったのかどうかは今でもわかりません。私は秀樹の方に近づいて行っていました。

タオルケットの上からそっと背中を叩いて「秀君、秀君。。」。するとしばらくして「ごめんなさい!ごめんなさい!」と小さく、でも吐き捨てるような返事が返ってきました。
人生の中でこれほど戸惑った時間はありません。
私自身心を静めなくては。私はこの子の母親で、この子は今とても苦しんでいるんだ。
私がしっかりしてあげないとこの子はおかしくなっちゃう。
そこまで考えられるだけの余裕を取り戻したのは1~2分ぐらい経ってからでしょうか。

辺りを見回してみるとパソコンで印刷した大伸ばしの私の顔写真。よく見ると私自身お気に入りだったよく撮れてるものを顔だけアップにしたものでした。
脱衣の写真はそっと裏返して、下着も自分のポケットに押し込めました。
そう言えば普段から秀樹は「ママのことみんなが綺麗って言ってるよ」とか、
「ママはどうして他の人より若く見えるの?」「ママみたいな子がいれば告るのに」とか男性の口説き文句みたいな冗談をよく口にしました。

考えようによっては私は老け込んでいない自信があるとは言え40過ぎのオバサン、秀樹はバリバリ10代の若者、異性として意識されることに悪い気はしない。
目の前の愛しの我が子は私に好意を抱いてくれている。
そして恥ずかしい所を一番見られたくない私に見られてしまって苦しんでいる。
とにかく思ったのは「何とかしてあげなくちゃ」、それだけでした。

タオルケットにくるまった秀樹の横に寄り添うように寝そべりそっと抱きしめて語りかけました。
「ごめんね秀君、ノックもしないで入ってきた私が悪いよね」
「・・・・・」
「秀君、聞いて、オナニーはね、恥ずかしいことじゃないんだよ」
「・・・・・」
「秀君の年頃だったら元気が有り余ってるからみんなしてることだよ」
「・・・・・」

何とか気持ちをほぐしてあげなくちゃ、そんな思いです。
でもむしろ自慰行為より私に対する好意と私を”おかず”にしていたことがバレてしまったことの方が気まずかったのでしょう。
秀樹は何も言わなければピクリとも動きません。

「ママに好意持ってくれてたんだ、ママちょっと恥ずかしいけど嬉しいよ」
「よその女の人のこと思ってオナニーしてたらちょっと妬けちゃうもん」
「・・・・・」
これは私の偽らざる心境です。返事はないけど少し意外な言葉に秀樹は驚いたかもしれません。

背中のあたりをそっと撫でてあげるとそれまで硬直していた体が解きほぐされていくのがわかりました。タオルケットを捲ろうとしても抵抗しません。
そのまま私も一緒にタオルケットの中に入りました。
顔を見せるのはまだ恥ずかしいようです。うつむいたままです。
私はとても愛おしくなり強く抱きしめてあげました。

すると私の胸のあたりに顔を埋めて体を預けてきました。
「ママもオナニーするんだよ」
「知ってる」
やっと言葉が返ってきました。
でも何で知ってるの?覗き見てた?まあいっか。

「ママもいつも秀君のこと考えながらオナニーするんだよ」
これはは出任せでした。それまで実の息子を性の対象になど考えたこともありません。
でもそう言うことによって気持ちを共有することができるような気がしたのです。
「本当?」
「本当よ。だって秀君のこと大好きだもん。ママと秀君は一緒のこと考えてたんだよ」
「嬉しい!」
やっと目と目を合わせてくれました。今度は逆にこっちが気恥ずかしい感じでしたがそこは動じてない振りをして
「じゃあママのオナニー見せてあげようか」

これは調子に乗りすぎてついつい言ってしまった言葉です。
正直どうしようって思いました。
「うん、見たい!見たい!」しまった、
これは後には引けないぞ。こうなったらなるようになれ!一瞬の間にいろいろな思考が駆けめぐりましたけどもうやけくそに近かったです。

私は夏物スーツとパンストを大胆に脱ぎ捨て「よく見ててね」と言い普段よりちょっと大胆めにオナニーを始めました。
ブラとショーツだけの格好でしたけどそれ以上は脱ぎませんでした。

下着の上から胸と性器を刺激しときには仰向けに、ときにはうつ向きに。AV女優になった気分で快楽にふけりました。私自身意外でしたけどこれがもの凄く感じたんです。普段よりずーーーっと。
心と体は不思議な関係があるものですね。大好きな秀樹に見られてる、恥ずかしい、でも喜んでくれてる、色々な思いが交錯することによって快感が倍増したのかもしれません。

そして何より若い男性の肉体、可愛い息子とは言え精力真っ盛りの体が、しかもそびえ立った下半身露わな男性の体に密着しながらの行為は想像以上に刺激的でした。

私はすぐに行ってしまいました。
「すごーい!ママ!でも僕おかしくなりそう」
そうです、突然そのような行為を目の当たりにして10代の男性が平常でいられる訳がありません。

「じゃあ今度は秀君のオナニーをママが手伝ってあげるわね」
そう言って息子のペニスを握り刺激してあげました。すると秀樹は息を乱し、私にしがみついてきました。凄い力。
でもその姿が愛おしくて愛おしくてたまりませんでした。
私は秀樹のものを口に含み舌を使って思いっきり愛撫してあげました。あんなに愛情を込めたフェラチオは初めてです。

世界で一番大好きな大好きな息子のペニスを愛撫できる幸せ。これってなかなかない? きっと凄く良かったのでしょう、秀樹はあっと言う間に私の口の中で果てました。
その瞬間、「んっ」とガマンするような秀樹の喘ぎ声、可愛くてたまりません。
それにしても勢いよく沢山放出される精液。ゴックンと飲み干してあげました。

その後30分位二人で横たわっていたでしょうか。若いって凄いですね、また大きくなってるみたいなんです。
「ママ、ママの体も見てみたいよ~」
秀樹もちょっと大胆になってきたみたい。勢いもあったことだしそれならばとこの機会に性教育をほどこすことを決心しました。
「今日はママと秀君の特別記念日、ママと秀君が結ばれる日よ。ママが全部教えてあげる」
見た目は美形なのに引っ込み思案の秀樹が童貞ってことは間違いなかっただろうし、どうしても秀樹の最初の女になりたかった。とにかく愛おしいの。

いいえそれだけじゃない。私の中の女がそうさせたかも。
正直春からのセックスレスは女盛りの体にはこたえたわ。そんな中で息子とは言え若い男の露わな肉体が目の前に。
そして久しぶりに味わった男性器、男性臭!この状況で欲しくならない女なんてどこにいましょう?秀樹が可愛くて仕方なかった、でも私はそれと同じくらい男が欲しかったの!

可愛くて元気な若い男を貪る願望は常々あったわ。それが世界で最愛の息子の肉体、これ以上の快楽どこで手に出来る?私は性衝動の塊になってた。体中が性感帯になって。。。
でも落ち着くそぶりを見せて秀樹に接したの。
ゆっくりと秀樹の上にまたがり上体を起こしてあげて座位の姿勢に。頬ずりのあと、Tシャツを脱がしてあげた。汗でビッショリになった肌。

ムンムン香る若い匂い。
「欲しい!早く秀樹が欲しい!若い男の逞しい肉棒で貫きまくられたい!」
こみ上げる性衝動を無理矢理抑え濃密なキス。
「これがセックスするときのキスよ。女は欲しくなるとこうやって誘うのよ」
舌と舌を絡ませ、息が乱れて。。。それだけでもの凄く濡れてしまった私。こんなに濡れるの初めて。

やっぱり愛する人とのセックスは何よりも最高。今私は秀樹を愛してる!心も体も全部!
「愛してるわ、秀君。大好きよ」
「僕もママのこと大好き、愛してる!」
そう言って秀樹は私の胸元に激しく口づけしました。
「ああ~っ」
思わず声が出て体がビクンと反応してしまったの。

秀樹の唇は首筋、うなじから耳たぶへ。
もう全身で感じてしまう私、それだけで行きそう。ぐっとこらえて秀樹の耳元で囁いたの。
「ブラジャー外す練習しようか」
「ホックでかかってるだけだから落ち着いてすればすぐに外れるからね。ゆっくりゆっくり」
まだ少し緊張してるみたいだから優しく微笑みながら諭してあげた。
ちょっと手間取ってるみたいでおかしかったけど意外に簡単に外されちゃった。
「ママのおっぱい、久しぶりにしゃぶりたい?」
エッヘン、バストには自信あるんです。

Fカップで形も歳の割には上々。しかも色白もち肌。ここから秀樹はまた壊れちゃったみたいで鼻息を荒げて私の体を押し倒し、貪りついてきました。
もう私も気が遠くなるほど感じてしまい激しく乱れてしまいました。
秀樹の手をとり自分の胸に押し当て揉みしだき。。。もう我慢も限界を超えてしまいました。

私は突然自分でショーツを勢いよく脱ぎ捨て今度は私が秀樹を押し倒していました。
秀樹の上にまたがり、いきり立った若い肉棒をわしづかみにするとそのまま私の手で。。。
ああ、秀樹が私の中に入ってる。そこからは頭が真っ白だったり真っ赤だったり。女の本能が私の体を動かす。
激しく腰を振り上体をのけぞらし、かと思えば秀樹の体にしがみつき鎖骨のあたりを嘗め回したり。。。

汗かき親子の私たち、2人の淫臭に満ちた汗と唾液と私の潮と愛液で秀樹も私もビショビショ。
私は全身でこれ以上ないくらい秀樹を貪り尽くしていました。
自分ではわからないけど元々声が出やすいしきっと獣の様な喘ぎ声をあげていたと思います。

快感!体中に衝撃が走りまくる。花芯から頭頂に、つま先に、全身に。。世界で一番大好きな秀樹の肉棒が私の中に!

そして男、男、欲しくてたまらなかった若い男の肉体が今私のものになってる!
目の前が真っ白になり、何も見えなくなり、無重力空間に投げ出されたような感覚と共に私は絶頂に達しました。

秀樹も行ったようです。いつ行ったのかは覚えていません。とにかく2人揃って超快楽にふけることができました。



[ 2020/02/10] 母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する