禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    寝取・寝取られ >  あやこ(4)

あやこ(4)

彩子は上半身を上げてベッドの下の方に這っていきました。
俺は脳がちょっと焼きついてたっていうか。
茫然と彩子の声聞いてました。
最初は二人の下半身しか見えなかったんだけど、
そのうちすごく見たくなって。
ベランダを移動して、
もっとよく見えるようにカーテンに出来るだけ近付きました。
ベランダが音が出ないようにゆっくり近付いていったので
多分5分くらいかかったと思います。
カーテンがちょい空いているいい所を探し、
立ち上がって覗いたら、
丁度ひざまづいている彩子が見えました。
14
彩子はベッドにひざまづいて、山下の股間に顔を沈めてました。
髪が揺れていて、こくっ、こくっと首を振っていました。
さっきのとは違って、山下は腰を動かしてませんでした。
彩子は軽く片手で握って、頭を揺すってまわすようにもしていました。
そのうちやっぱり山下は我慢できなくなった様で、
彩子のズボンの中に手を入れ、動かし始めました。
彩子「んーーんー。やだっもうしないよ。」
山下「やっぱ駄目だ。入れるよ。もう。」
彩子「んっダメッ!それだけはダメ。やだよ。本当に。先輩ーーー。」
山下「ここまで来て?
彩子も超濡れてるよ。ほら。俺の手すげーことになってる。」
彩子「だって。ダメだよ。ゴムないもん。
絶対ダメ。ほら、先輩口で我慢するって言った。ね。」
山下「ゴムあればいいんだ。
今そういう風に言ったよね。じゃあ、買ってくるわ。」
彩子「そんなこと言ってないー。」
山下「んじゃこのまま入れるよ。
俺も我慢できないし。この分じゃすぐ入るよ。」
彩子「・・・・・・・・・・・・・・・・」
彩子「・・・・・・そのままじゃ絶対ダメ。」
山下「わかった。じゃあ買ってくる。ちょいまっててな。」
そのまま山下はズボンはいて俺のTシャツ着たまますぐ出て行きました。
彩子は黙って山下を見送った後、
横に投げてあったブラを取って上半身を整え、
ベットの上でボーっとしてました。
俺は やっと落ち着いてきてました。
15
俺はやっと落ち着いてきてました。っていうか蒼ざめてました。
やっと腹が立ってきて。山下を殺そうと思いました。
本当に殺そうと思いました。考えてみれば山下は180近くあって
筋骨隆々だったんで体重は90くらいあったと思います。
俺は170で56kg。ギターとピアノと読書とゲームが趣味の男です。
勝てる訳ないんですが。ねじ伏せられるに決まってるんですが。
そん時は勝てると思いました。殴りつけたら山下が吹っ飛んで。
殺せると思って。
山下が行ったのはコンビニだと思ったんで、ゆっくり後を追いました。
コンビニから出てきた後を狙うつもりでした。
道に出てコンビニに向かいました。
セブンイレブンまでは10分もかからないので。
落ち着いて、ポケットに道で拾った大き目の石を入れて歩きました。
コンビニにつくと、山下がいました。
籠を持ってたんで他にもなんか買ってるようでした。
ペットボトルやパンが 入っているようだったので、
多分朝食も買っていたんだと思いました。
俺はちょっと離れた角に立っていて、
目を放さないように見ていました。
本当に。後ろから殴ろうと思っていました。
ポケットに入れていた携帯が震えました。
16
彩子でした。
彩子「あ、やっくん?ねーねーなんで電話出てくんなかったの??
今日心配してたくせにー。夜遅くなるなっていってたじゃん。 遊んでたの?」
俺「お前家にいんの?今なにやってる?一人か?」
彩子「んー10時頃帰ってきたよ。その前に電話くれたの?
もちろん一人だけど、もうねむねむです。長電話は出来なさそー。
明日また電話するから。」
俺「お前こんな時間に電話してくることなんてめったにないよな?なんかあった?」
彩子「お前って・・怒ってる??やっくん。」
俺「ん?・・・・いや、・・いーや。もう寝るのか?」
彩子「うん。ごめんね。今日は疲れちゃってもう電話出れなさそうだから
声聞きたかったし。おやすみ。やっくん。」
俺「ん。おやすみ。また明日。」
なんかいつもどーりの電話でした。俺が怒った口調だった以外は。
電話を切った後ちょうど山下は
俺の前をアパートの方に歩いて行ってました。
後ろを追っかけました。彩子の声聞いて。いつもどうりの声でした。
山下は俺より背も横幅も一回り以上大きかったです。
石は使えませんでした。100mくらい間をあけて追って行って。
山下はそのまま公園の横を曲がっていって見えなくなりました。
俺はなんかパニクッてるんだけど、落ち着いているような感じで。
またゆっくり音を立てないようにベランダの方に行きました。
俺がベランダに行くまで、多分10分くらいかかったと思います。
電気はそのままで、でもなんか動いてる感じがしました。
今だから言えるんだし、多分そんな感じなんかなかったのかもしれません。
声だけかすかに聞こえてました。
「はぁっっ、あっ、あっあっんっんっんっんっ!」
俺は前まで以上に慎重に、ベランダに上がって、ゆっくり立ち上がりました。
17
彩子は脚を山下に抑えて広げられ、正常位で猛然と突かれていました。
山下は全部脱いでいて、彩子は下半身は裸で、上半身はブラだけ後ろの
ホックを外さずに上に押し上げられていました。
「んっんんっあんっっあああ!」
山下は汗だくになって。彩子は両手を山下の首に回していました。
「んぁっ、いやぁっ、いやぁぁっダメっんー」
彩子はちょっとのけぞったような格好で、揺れていました。
なんかいつも俺がやっているような、
俺と彩子がやっているようなセックスじゃありませんでした。
二人は2〜3分位激しく動いていましたが、そのうち動きが落ち着いて来ました。
いった訳ではないようでした。
山下は汗だくになっていましたが、彩子も顔が真赤になっていました。
動きが止まった後、山下は彩子の両手と自分の両手を組み合させ、
ぴったり彩子を押しつぶしたままキスをし、ゆっくり動き始めました。
口を放した後、
山下「彩子、そういや窓空いてる。」
彩子「んーーーーーやっ声聞こえちゃう。。
エアコンにしてくださいよー。」
山下「ん?ベッド窓から離れてるし。
彩子がよっぽどこえ出さなきゃ聞こえねえよ。」
彩子「んーー!もう声出さない。」
その後またキスをして、山下は彩子の上半身をそのまま持ち上げました。
18
山下は彩子を抱え込み、少しずつ動き始めました。
彩子は声をださないように、
少し上向いて顎を上げながら、「んっんっんっ!」と声を出していました。
山下「ちょい自分で動いてみて。」
彩子「動かないよ!そんなこと言わないで下さいよぅ。」
山下「ん??いいから動けって。」
彩子「・・・はずかしいし、やり方わかんないし。やだ。」
山下「んー。じゃあさ、前後に動いてみ。・・違うよ上下じゃなくって。」
彩子は右腕だけベッドに付けて、
左腕は山下に支えられて少しだけ腰を振ってました。
山下「自分が良いように動けばいいよ。」
といって彩子の胸を触り始めました。
彩子の体は白くて。黒い山下の上でちょっと綺麗でした。
山下「彩子いくときちゃんと言ってね。な。」
その後また正常位の格好になって。
彩子は言われたことには素直に頷いていました
山下はゆっくり動きながら胸を持ち上げるようにして揉んでいました。
山下「彩子。きもちいい?言って。」
彩子「んっんっうん。いい。」
山下「彼氏より?」
彩子「やだっ!言わないで。
絶対答えないよ。そんなこと聞くともうしない。」
ちょっと激しい剣幕だったんで山下はビックリした後、
「いくときはいくって言ってな?」ともう一度いい、動き始めました。
19
山下はそろそろ限界らしくて。
「んーんっあんっあんっあっあっあっ。」
彩子は髪を振り乱して、
山下に押さえ込まれて貫かれていました。
腰をしっかりと固定されて、
脚を折り曲げられて打ちつけられていました。
「いくっ先輩。」というと
「もっと大きな声でいえよ」と言われていました。
「んーーいくっ。先輩。ね。もういいでしょ?」
「あ、やべ、俺も出そう。彩子、俺の首に手回して」
といって山下は力任せにラストスパートをかけていました。
山下は彩子の体が「く」の字型になるような感じで深く打ち付けた後、
射精しているようでした。
彩子は真赤になって山下にしがみついていました。
少し彩子はびくびくと震えていて、
その後横を向いてぐったりしていました。
山下は彩子の髪をなでて。
彩子を抱えて仰向けになって息を整えていました。


あやこ1  2  3  4  5  6  7  8


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL