禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  妻・恋人・彼女 >  縁側で涼みながら四十路の妻と優雅に一発

縁側で涼みながら四十路の妻と優雅に一発

妻は清楚な顔した40女だった。
夏の夜には縁側に寝転んで団扇で蚊を追いつつ、浴衣の下に白い大きなおケツを眺めてると根がむくむくおっ勃ってくる。
裾をめくると濃い陰毛が外に飛び出し、黒く濡れた女門が目にはいる。
カリ首をヌチャッと当ててやると妻が呻く。暑いから抱かずにからだを離してにニュポ、ニュポとカリ首だけ抜き挿ししてやると淫水がヌルと溢れてくる。

DMM動画紹介☆体験談に近い動画もきっとあるはず!

興奮し大きく勃起した妻のサネ頭を淫水で濡れたカリ首でこねこね撫でまわし、また壷に入れないで割れ目に沿って棹で嬲り、時にはカリ首をヌプヌプッと挿し込んでやるととってもいい気持ち。

妻の方も壷の奥より門あたりは感度が高く、ウッウッと善がり声を堪えながらマラ突きの快味を感じてくれるのが嬉しかった。

門のびらびらは充血して赤黒いホト状に膨れ上がりきつく閉じている。
濡れたホトを押し分けて入れると敏感なカリ首の受ける快味は極上の味わい。

マラとホトけのまぐわい、いつまででもクチュクチュ、ヌポヌポ続け、小半時もやってると妻が善がり我慢できなくなり、「トクっ」叫ぶ。

オレも膨れきった根を思わず壷の奥深く突っ込み丸いお尻を強く抱きしめてやった。
ついで背後から妻の左脚を上に持ち上げてオレの左脚を妻の股ぐらに割り入れ、根元がサネ頭に当たるまで挿し込むと、膨れたマラはホトケに咥えられて隙間も見えない。

コン玉だけが壷に入れずに引きつれた姿で入りたがっている。
壷に咥えられたまま、カリ首を支点にして根元を左右に振ると、毛と毛がジャリジャリ擦れ、妻もサネ頭と門で感じるひとしお良い気持ちを堪能している。

抜き挿しはしないで、乳首を弄り、棹を左右に振っていると気持ちよいのが続きながらも高揚はなく逝く事なしに長いこと月見が楽しめる。

ついでそのまま背中から妻の上に被さり、勃った乳首をしゃぶりながらスカリスカリ捏ねてやると妻はフンフン善がりまくり、門から律液がジュルジュルと溢れてくる。

濡れすぎると締りがなくゆるく感じてくると一旦壷からマラを引き抜き、冷えたタオルでマラを拭き妻の門も柔く拭いてやる。
その刺激で「モウモウ」のおねだり、拭いて乾いた男根はビンビンで、そのままググッと門を押し広げ、壷の中に収めてやる。

乾きマラがヌヌヌッとひだ中に潜りこみ、半擦れで抜き差しする時の快味は筆舌に尽きせぬものがある。

ヌルヌルし過ぎず、擦れる感じで抜き差しすると妻もすごく良いらしくホトが随喜の涙を流して喜んでくれる。

昔は縁側があって寝転んですれば熱さも吹っ飛んだもんだ。



[ 2020/09/21] 妻・恋人・彼女
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する