禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >  母・義母 >  台所で母をシンクに押しつけ、バックから生挿入

台所で母をシンクに押しつけ、バックから生挿入

オレ21歳の大学生、母は45歳で看護婦をしてます。
半年前からだいたい2日に1回は母とHしてます。
1年前から父が単身赴任をしており、普段家には母とオレと妹だけです。
もともと仲がいい家族で、母のお尻を軽く触ったりするのはOKな関係で、その日も台所で料理している母の後ろから、腰をつかんでコカンをお尻に押し付けて「つっこみ~!」なんていってふざけてました。



いつもなら「こ~ら~!やめなさい~!いい年して~」なんていって笑って終わるのですが、このときは何回腰を振っても何も言いません。

「?」と思いながらも、母のお尻に擦り付けているうちにオレのコカンが大きくなってしまい、なんだか止まらなくなってしまいました。

母(美幸)は働いているせいか年齢よりも若く見え、胸は小ぶりでお腹はゆるくなってますが、お尻はまだ垂れてなく、かわいらしいお尻のシルエットでした。
顔はなかなか美人の部類だと思います。
強いていうなら風吹ジュンに似ています。

ふいに「コースケ、あんた、経験あるの?」と今までされたことの無い質問をされました。

それなりに経験があったので、「うん。あるよ・・・」母は、料理をする手をいつの間にか止めていて、シンクのふちをつかんで僕の行為を黙って受けていました。

僕は気持ちよくなってきてしまい、思わず「あァ・・・きもちいい~・・・」と言ってしまいました。

母の腰を必死につかんで、やわらかい母のお尻に大きくなったちんこを擦り付ける息子・・・夢中で腰を動かしてると、母のお尻も僕に合わせて動き出し、「きもちいい?こうすると・・・」と言いました。

いつもの母からは想像できない、とてもエロい腰のグラインドで、挑発するような言葉を投げかけられ、「ん~!!・・んはァ・・はァ・・・」と興奮してしまい言葉が出ませんでした。

僕はもうどうしようもなくなって母に「母さん・・・したくなっちゃったよ・・・」と小声で言いました。

しかし、母は無言でお尻をこすりつけています。
「ねぇ・・母さん・・・ガマンできなく・・なっちゃったよ~・・・母さん・・・ねぇ~・・・」
僕はここでコカンを母から離し、母のスエットとパンティを一気に下に下げました。

母の白いお尻と、母のオマンコがあらわになりました。
母は「あん!・・・ダメよぉ~・・・や~だ~!」といい、こちらに振り向きました。

母の茂みが確認できました。
僕は母に抱きつきました。
母は「もう、ここまでにしよ~・・コースケ・・・」
「え~!・・・だってここまできて・・・」
「きもちよかったでしょ!?」
「最後までいきたいよ・・・みてよ・・・」といって僕も下のジャージとパンツを下げました。

ビンビンになったちんこが勢いよく飛び出しました。
「もう、こんなにされちゃったんだよ~母さんのお尻で・・・もうおさまんないよ、出さないと!」といって母に見せ付けました。

母は困った顔をしながらも「も~う・・・こんなんなっちゃって~・・・こら!」といってちんこの先を指ではじきました。

僕も「母さんはどうなのよ?ここ・・・」といって母のオマンコをさわりました。
確かにしめっていました。
母は「こら!・・・だめ!・・」といって払いのけようとしましたが、僕はそのまま指でオマンコをいじりだしました。

もうすでにぬるぬるになっていた母のオマンコを中指でくりくりいじり「母さんだって、こんなになってるじゃん!・・ねぇ・・・」母の手は僕の腕に添えられて、抵抗しているつもりなのでしょうが、そんなに力が入ってません。

「も~ぅ・・・だめだったらァ・・コースケ・・・」母はそういうと、僕の腕から手を離し、ビンビンになっているちんこを握りました。

「はァ~・・・おっきくしちゃって~・・・もう・・・」握った手を上下に動かし始め、しごき始めました。

お互いがお互いの秘部を愛撫しはじめ、僕はたまらず母にキスをしようとしましたが、母は顔をそむけ、薄笑いしながら「このまま、だしなさい・・・イカせてあげるから・・・」とつぶやきました。

「え~・・・やだよ・・手じゃ・・・母さんだって・・それじゃあ・・・ほら・・・こんなだよ?」僕は中指を母のオマンコの中に入れました。

中指が熱い壁に締め付けられます。
「はァ~ん・・・こら・・・あっ・・・あっ!」中指を奥まで入れ、コリコリした部分を指先で刺激しました。

「ね?・・・母さん・・・しよ?・・・」母はしごく手を止め、目を瞑り、僕の手首をつかんでます。

そして、再度キスを求めました。
母はもう顔を背けず、僕の唇を受け入れました。

左手をシャツのすそから中に入れ、ブラを上にずらし、母の小ぶりな胸を揉み、母の口の中に舌を進入させました。
「む・・・むぅ~・・ん・・・」
「あァ~・・母さん・・んむ・・・」母はシンクに寄りかかったまま、僕の愛撫を全身で受け止めてました。

キスをやめ、母の耳元に顔を近づけ「・・・後ろ、向いて・・・」といいました。
母は眉間にしわを寄せ、「ん~・・・」といいながら、僕に背を向け、髪を掻き揚げながらお尻を向けました。

僕は後ろから抱きつき、母の胸をつかみ、チクビを指で挟み、ころころしました。
母はシンクのふちをつかみ、下をむいていました。

母の表情は長い髪に隠れて見えません。
僕は母に「入れるよ・・・もう少し、お尻、つきだして・・」というと、母は黙って前かがみになり、かわいい白いお尻を僕の方に突き出しました。

「母さん・・・丸見えだよ~・・すごいエロいや・・・」濡れ濡れなのが見てわかります。
指でなぞるとピクンとお尻が動き、
「・・・んはァ・・・こんなこと・・だめなのにィ~・・・もう・・・早くしなさい・・・」
と母がもらしたので「じゃあ・・・いくよ」といって、いきり立ったちんこを母に挿入しました。

その瞬間、本当に電気が走ったような快感がこみ上げてきて「はいったよ~・・母さんの中に・・・」といって一番奥まで突き刺し、その中をちんこでかき回しました。
母は「あァ~!!!あっ・・・あっ・・・すご・・・」といって顔を上にあげました。

僕は母としているというシチュエーションと、母のオマンコの中の熱さで無我夢中で腰を母のお尻に打ちつけ始めました。
「あ!・・あ!・・母さん!・・母さん!」
「コースケ・・・あっ!・・ダメ!・・・ダメ!!」いつしか母も僕の腰に合わせ、グラインドさせはじめました。

僕は絶頂を迎えそうだったので「母さん!いくよ!・・母さんで・・・いくから!・・・」
「はあ~ん・・はあ・・あっ・・・コースケ・・・中は・・・だめ・・わかってる・・よ・・ね?・・・」
「もう、・・とまら・・ないって・・・もう・・」
「だめよぉ~・・・外に・・・だしなさ・・い・・・」
「え・・・でもぉ・・・もう・・・」

ヤバイと思ったのか、母は腰を引いて僕のちんこを抜きました。
そして、僕のちんこをお尻のわれめにそわせ、ちんこを擦り付けました。
僕はそのまま母のお尻に精液をぶちまけました。
母の最期の理性が勝りました。

「はあ・・・はァ・・・あぶなかった・・・」僕が言うと「もう・・・いくらなんでも・・・それはダメ・・・」ぐったりした母から言葉が。

「母さん・・・すげえ気持ちよかったよ・・・ほんと・・・」
「・・・こんなこと・・・ダメなのよ・・・コースケ・・・」
「うん・・わかってるけど・・・」

僕はティッシュで母の腰からお尻にかかった精液をふき取りました。
「母さん・・・」2人、下半身丸出しのまま抱きつき、口付けをしました。

「・・・ナイショよ・・誰にも・・・いい?」
「あたりまえだろ・・・いえないよ・・・誰にも」
親子なんだけど、母がオンナに見えてしょうがありません。
「ねぇ・・・また・・・してもいい?」母にたずねました。

「・・・それは・・・やっぱり・・・ね?」諭すような口調だったので「でも、母さんだって・・・よかったでしょ?」
「え~・・・そんなこと・・・息子にいえないわ・・・」
「僕はすごくよかったよ!母さんが」
「・・・やっぱだめよ・・・これっきり・・・ね?」

そういって脱がされたパンティとスエットをはき、ずれたブラを直しながら「ほら・・・裕美(妹の名)、帰ってくるから・・・」といって乱れた髪を手ぐしで整えてました。

僕も仕方なくパンツとジャージをはきました。
でも、あきらめきれない僕は母に抱きつき「また、母さんを抱きたい・・・いいでしょ?」
「コースケ・・・もう・・・」
いいともダメとも言わず、抱きしめ返してくれ、キスをしました。

[ 2020/10/02] 母・義母
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する