夜の学校で処女喪失した話し

結構前の話だから、細部の会話とかは正確じゃないかも知れないけど、大体はそのままだと思います。えっとですね、高校の頃の話です。秋口くらいじゃなかったかな。当時私は吹奏楽部だったんですが、付き合っていたのが一つ上の学年の先輩。
 中学から一緒で、陸上部と古典ギター部を兼部してました。くーさんとかK保さんとか呼んでたかな。結局名前では呼ばなかった様な覚えがあります。


背が高くて顔もなかなかいい人だったんですが、ちょっと遊んでそうな感じもありました。実際、私と付き合う前に二人くらいは経験してたらしいし。
 あと、これは勿論しばらく分からなかったんですけど、実は結構Sの入ったえちい人でした。
その後の私のエロ思考って結構彼の影響な気がする。
 付き合っていたって言っても、告られて緊張して舞い上がって「は、はいっ」て答えちゃってただけだったので、まだ恋人系行動はあんまり消化してなかったんですけどね。
 一人えちにおいては既に結構チャレンジャーでしたけど、まだ学校生活では割と純情少女だったので、えち話や恋話をするのもごく一部の女友達だけ。
 まあその一部の友達とは、体位がたくさん書いてあるえち本とかを読んだりもしてましたけど。
 そんなだから、くーさんともあんまりえち系の話になる訳でもなく、申し訳程度にキスをしてたくらいで、結構ガードが固い、大人しい子だと思われてたみたいです。
実は頭の中は結構えち妄想も充実したピンクな空間だったんですけど。
自宅だったし、あまり遅くまで遊べなかったってこともあったかな。
 土日にYAMAHAでボーカル習ったりもしてましたし。後は、やっぱり興味がありつつも怖いものは怖くて、えっちっぽい誘いを頑張ってかわしてたこともあったと思います。
 高校では軽音が主催の合同コンサートみたいなものがありまして(ふざけて合コンと略されてました)、色んな団体がそこに出演してました。
 部活から個人バンドまでオッケーな発表会だったので、個人単位で出演する人も多かったんですが。
 私も吹奏楽部の方で出る予定だったんですが、それとは別に二人で出ないかって誘われました。くーさんに。
ボーカル・フルートとクラシックギターのデュオで。
後から聞いたら、これも何だか彼の作戦の一つだったらしいんですけど。
 そもそも私は掛け持ちでコンサートに出る訳だから、練習は遅くになるに決まってるんですね。
 掛け持ちの両方の練習が終わった後ご飯を食べて帰ってたりしたから、普通に帰るのは9時、10時になっちゃうんですよね。
 彼もわざわざ陸上部の方で夕練とかいれてましたから、結局彼との練習をするのは、運動部も音楽系もあらかた帰り始めてからの時間帯でした。
 うちの高校には「業後の部活は文化系・体育会系問わず全てジャージで」という妙な風習っていうか不文律がありまして、新聞部も文芸部もみーんなジャージ姿で活動してます。
 だから私達の練習もジャージでした。大抵、古典ギター部の部室か音楽練習室の一つで練習してたかな。
吹奏楽部って文科系の皮被った体育会系ですから、練習が結構厳しいんですよね。
 結構へとへとになって練習抜けて、あとはボーカルだけだから楽器ケースをロッカーに置いていこうと思って、教室に戻りかけたところで彼と会いました。
「あー。待っててくれた?」
「うん、コテギ(古典ギター部のこと)の鍵とってきたから。リクブ(陸上部)ウザかったー」
そんなこと話しながら教室の方に。
 私の高校、音楽練習室がある棟と教室がある棟、結構離れてるので、教室の方には元々殆ど人影がなかったんですね。
 警備とかも、正門や裏門のチェックは時間によってはいちいち名前聞かれるくらい厳しいのに、校内は割とどこもかしこもゆるゆるなので、教室も大抵鍵開けっぱでした。
 夜の学校ってなんか独特な雰囲気ありますよね、人気もなくって暗くって。教室もそんな感じで、廊下や外の光が入ってきてるだけの薄暗さでした。
 教室に入った時も、うわ、夜の学校って人気なくてこわー、とは思ったんですけど、まさか彼氏にいきなり襲われるとは予想しませんでした。
 自分のロッカーに楽器ケースを放り込んで、振り向いた途端に、ぎゅ。上半身丸ごと抱っこされちゃって。え?って思って、彼氏の方を見上げたら、いきなりディープキス。
 キスや抱っこくらいなら前からされてたんですが、この時は抵抗する間もなくいきなり舌入れられちゃって、突然のことだったのでこっちも多分目が白黒。
 舌入れキスも勿論初体験だったから、口の中を生あったかい感覚が暴れてて、歯の後ろを舐められちゃったりとか。それだけですっごいいやらしい感じでした。

別に気持ち良さはそんなには感じなかったと思うんですが、興奮はしちゃいました。
多分こっちからも舌いれちゃってたんじゃないかな。
吸われるより吸う方が気持ちいいな、とか実験してた覚えがあるので。
 やばっ、て思ったのは、手が胸の方に伸びてきてからでした。その間もずーっとキスしたまんま。
 考えてみれば、ディープキスで抵抗しない時点で男からみればオッケーだって思うわけですよね。
で、彼の手が胸をさわさわしてきた時、初めて気付きました。
やばい、襲うつもりだこの人。
 致命的だったのは、私がこーゆー状況を想像して何度か一人えちをしちゃってたことだったんですね。
 人気のない教室で無理やり・・・とか。襲われ系の妄想、結構得意分野だったので胸いじりも下いじりも経験済みだったり。そのせいで、体がシミュレーションしちゃったんでしょうか、なんか勝手にスイッチ入っちゃってました。
 その内下の方に手が伸びてきて、ジャージの中に手が入りこんで来たんですけど、抵抗しようにも結構えっち状態で力が入らなかったり・・・
 まだ下着の中までは手は入ってこなかったですけど、指、上手い。ヘタすると自分でするのより気持ちいいかも、くらい感じちゃって、おまけに状況も状況で。
下着越しなのに声出るかと思っちゃいました。
 お尻が動いちゃったのと我慢してる表情を見て、感じてるのは気付かれてしまったらしく。
「へー、めぐ、結構オナニーとかしてるんだ・・・初めてっしょ?」
流石にこの時は恥ずかしかったからぶんぶん首を振りましたけど、今ならいえます。
ごめんなさい、ヘタするとくーさんより一人えち経験長かったかも知れないです。
「やぁ・・・だぁ・・・こんな所でなんて、やだ・・・」
 考えてみると、場所の制限をしてるだけであって、食べられること自体はこの言葉で確定しちゃった様なもんでしたけど。
まあ、処女襲うんだからもうちょっと場所選べとかなんとか思ったのも確かですが。
「どこならいいの?」
 耳元でこんなことささやかれても。今思うと、こっちがもうえっちモードだってことを見越した言葉だったとは思うんですけど。
「・・・人の来ないとこ・・・」
 今でも見られて感じる趣味はあんまりないです。でもこの時は結構切実に、くーさんの胸に抱きつきながら言ってたと思います。結構えっちな台詞だったかも知れない。
「んー・・・どうしよっかな・・・」
非常ににやけた台詞だったことは覚えてます。えっち魔人だこの人、確定。
 大体こんな会話をしてる間もえっちい場所を指が這いまわってるんだから、落ち着いて抵抗出来る訳がないんですが。腰がもぞもぞ動いちゃうのが恥ずかしくって。
(やっばぁ、気持ちいい・・・かも・・・)
とか思ってると。
まるで漫画みたいなタイミングだと思うんですけど、廊下から足音したんです。この時。
血の気引きました。
 人気がないから、響くんですよね、音。絶対教室の前の廊下。慌てて彼から離れようとしたら、ロッカー棚の陰に押しこまれました。っていうか、
 二人で一緒に隅っこに四つんばいになって隠れたみたいな感じ。余計怪しいってばこの格好。
 一応教室は暗いし、廊下からは見えない角度だった訳ですけど、万一教室に入ってきて、その辺を見回したりしたら一発で分かっちゃう訳で。こっちは気が気じゃないのに、彼、全然やめません。
 四つんばいになってるお尻に手をかけて、ジャージの下を、ぺろっ。こともあろうに、見られるかも知れない状態で、太ももくらいまでお尻、剥かれちゃいました。
 後ろから、指。お尻、びくって。ちょ、ちょっと何やってるんだーーっと思いつつも、声出せないから首振るだけでした。
 表面っていうか、入り口の辺りをなぞるだけだったと思うんですけど、私この動き弱いんですよ。今でも。
しかも状況が状況で、自分でもどうかとは思うんですけど凄い感じちゃいました。
 多分この時、濡れたのが外まで出てきちゃったんだと思います。後で彼が得意げな顔で濡れた指を見せてきたので。
 時間にしてみれば大したことはなかったと思うんですが、足音がしなくなって、同時に指の動きも止められた時は、完全にくてっ、てなっちゃいました。もうどうにでもして状態。
もー何されてもいいから人のいないところでしてって感じでした。
「・・・部室いく?」
っていう言葉に、否も応もなく取り敢えず抱きつく。
 しばらく待ってから、誰もいないことを確認して部室の方に行ったんですけど、えっと、この状態で歩かされると、下着、染みるんですけど・・・。下着の替えなんか持ってきてないってば。
で、染みを気にしつつ歩いてると、ちょっと冷静になって自分の状態を把握してみたり。
 なんだか、えち気分だったのは勿論なんですけど、あー、この人との経験が私の体にはずっと残るんだなー、みたいな、なんとなく不安な意識はありました。
 なんていうか、何か刻みこまれる感じ、かな。他の人とも経験する様になってからはそんなこと完全に忘れましたけど。

 古典ギター部の部室って、コンクリート張りの床に畳が敷いてあったんです。あんまりおっきい音はしないから、他の音楽系の部室が集まってる棟からはちょっと離れてて、渡り廊下を渡ってすぐのところにある感じ。隣りが囲碁部か何かだったかな。
 それで、畳の上に何故かスヌーピーのレジャーシートが敷いてありまして、二人で部屋に入って鍵をかけるなりそこに押し倒されました。
 流石に全裸にはされなかったけど、ジャージの上はTシャツと一緒に胸のちょっと上くらいのところまで捲り上げられて、ブラは下にずらされ。下はまとめて膝くらいのところまで。
恥ずかしい格好なんだけど、彼は脱ぎかけっていうのが極めて好きだったらしいです。
あの、ここも一応廊下が明るくてかなり気になるんですけど・・・
「外、明るい・・・カーテンか何かないのー?」
「ある訳ないて、んなもん。カポも部費で買えないのに」
「じゃあせめて、見えないとこいくーーっ」
剥かれたまんまでもぞもぞ逃げようとしたら、あっさり捕まりました。
 この後かなりくちゅくちゅにされたと思うんですけど、初体験でくらくらしてて、あんまり細かくは覚えてないです。
 ただ、彼の得意な攻撃の一つで、えっちなところからお尻にかけて手の平で持って(股に手の平を通す感じ)、全体をこする様に前後に動かすっていうのがあって、これにはちょっと、声が我慢出来なくなっちゃったと思います(処女の癖に・・・)
 で、彼は彼で、初めての割に私の反応が妙によいので、調子に乗って責め過ぎちゃったとのこと。
彼の我慢が出来なくなる頃には、正直息も絶え絶えでした。
「なるべく広げた方が楽だし」とか言いつつジャージの下や下着を足首から抜き取られても、全然抵抗が出来なかったり。
彼がズボンとトランクスを下ろした時、正直な感想は「・・・ぐろ・・・」でした。
 立った状態のを見たのは流石に初めてだったので。多分そんなに大きい方じゃなかったと思うんですけど、これが入ってくるのかーと思うと流石にちょっと不安に。
じーっと見たりつんつんしたりしてると、彼がごそごそ何か取り出しました。
 一瞬タバコだと思ったんですけど、取り出してつけてるのを見ると、コンドーム・・・完全に確信犯だったな、あの人。
 でも、ちゃんとコンドームつけてくれたのは、考えてくれてるんだーと思って嬉しかったですね。
 彼が私の足を広げた時には、流石にぎゅーっと目を閉じちゃったり・・・今だったら真剣に観察してたと思うんですが。
で、結構身構えてたんですけど、意外にもあんまり痛くなかったんですね。
 そんなによく運動する方でもなかったんですけど。生理の時の鈍痛をもうちょっと鋭くしたみたいな、その程度の痛みは一応ありましたけど、よく聞く「裂けちゃう」みたいな、そこまでの痛みは全然ありませんでした。
 でも一応後での出血はあった(っていうか、この後もしばらくえちする度に出血があった)ことを見ると、自分で破っちゃったりはしてなかったみたいですけど。
 後から考えてみると、彼のがそんなには大きめじゃなかったことが功を奏したのかも知れない。
 ただ、一応終わった後も何か異物感って言うのかな、太股の辺りでゴムボールを挟んでるみたいな、変な感覚があったのは覚えてます。
「だいじょぶ?痛くない?」←乳首をなめたりいじったりしながら。
「んっ(どっちかっていうと胸の方の気持ち良さで中断)・・・大丈夫・・・」
「無理しなくていいからな?痛かったらやめるから。途中でもいいから」
 ごめん、そんな可愛い処女じゃないです。 でも彼は、流石に痛かったかと思ったらしくて、結構優しく動かしてくれました。
 当時はまだ中より外側とか入り口前後の方が気持ちよかったので、流石に中でイけはしなかったんですが。
 彼が器用で、動かしてる間に外側やクリの辺りをいじってきたり・・・その時ばかりは全身びくってしちゃいましたけど。
彼は彼で、上脱ぎかけで我慢してる表情に結構感じちゃったらしく、そのままおしまい。
 そんな感じの、なんだかちょっと初体験としてはどうなのかな、と思う体験だったんですが。
感想としては、痛くなく、優しくしてもらえたのは良かったかな、と。
でも教室とかで襲われるのはちょっとどうかな、と。
 以後もくーさんには結構色々と、ちょっと特殊なえちいことをされたんですが、それは良かったらまた別の機会に。
でも、今の私のえち思考って絶対この頃の経験が基だよなーとは、思うんですが。
かなーり色々開発されちゃった様な・・・
以上でした。

関連記事

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧