友人に妻を抱かせたときの興奮が忘れられない!

嫁と俺は家がそれなりに近所だった
同じ学区ってくらいだけど 大学出た後の同窓会で仲良くなって付き合って結婚
今どっちも30手前くらいって感じ
嫁は結構あけすけな感じ 見た目は誰だろうかわからん
強いていうなら小池栄子とかああいう感じ? それなりにむちむちしてる


俺のフェチは付き合ってる頃からさり気なくアピールしてた
最初はH中に昔の男の話聞いたりしてて
盛り上がってるくると昔の彼氏の名前呼んでもらったりとかしてた
嫁も最初はドン引きだったけどいつの間にか慣れたみたい

そんで嫁も仕方なくって感じで俺のフェチに付き合ってくれてた
嫌々って感じだったけどな
そんで結婚した後くらいに
ちょっとしつこく「他の男はどんなんだった?」って聞きながらHしてたら
「浮気してほしいの?」って素の感じで聞かれた

いやそれは嫌だって即答した
当然それはそれで本音だけど
でも浮気してる嫁とか想像したら超興奮したのも事実だけどそれは嫁には秘密
そんな日々の最中ぺろっと「スワップとかやってみない?」って言ってみた
うわ出たよってしかめっ面された
いつか言われると思ってたらしい

ちなみに付き合ってる時から仲はずっと順調
俺は俺で結構飄々としてるキャラだし
嫁は嫁であけすけな感じだから一緒にいて摩擦とか無い
やっぱやだ?って聞いたら
嫌ですけど?って言われた
「ていうかあんたは良いの?」って真面目な顔で言われた
この辺は多分皆一緒なんだろうけど
好きだからこそ〜って流れで説得した
それしか言いようないしね。
実際そうだし

結局その時は却下
それが大体一年くらい前
それからも昔の男の話を聞きながらの
嫉妬をくすぐるようなHはしてた
スワップの誘いもちょこちょこと間に挟んでた
あくまで怒らせないように
「どうすか?どうすか?」って
「無理です無理です」って

どういう心境の変化があったのかわからんけど
年明けくらいにOK貰った
単純にしつこかったからだと思う
でも嫁から条件出された
「ぶっちゃけ、あんたが他の女とするのとか有り得ない」
結構嬉しかった
あんまり愛情表現してくれる女じゃないから
好きって言われたことも片手で数えるほどしかない気がする

他にも色々と条件出された
少なくとも最初の一回は俺に見られるのは嫌とか
相手の選択権は自分とか色々
とにかく権利は自分が保持したいみたいだった
まぁそりゃそうだろうなと思った

相手は前から候補を決めてた
ネットで会った人とか絶対嫌だった
大学時代の友人で嫁とも面識ある
本田という友人に頼んだ
サッカーの本田に似てる
ゴリラ系のイケメン
でも割と謙虚で大人しめの性格

それで本田にはそれこそ何年も前から
「俺って〜〜っていうフェチだからいつか3Pとかスワップしてみたい」
みたいな事は言ってた
本田もそれなりに遊んでる方だったから
「俺で良けりゃいつでもいいぞ」って言ってくれてた
嫁に本田でどう?って言ったら
素でその時飲んでたお茶を吹いた
「本田君〜?。マジで〜?・・・それはそれでなんか嫌だな」
「なんで?」
「普通に恥ずかしい」

何度か説得してるうちに承諾
知人のが安心できるっていうのは嫁もあったみたい
まだ色々と気持ちが揺れてる嫁に対して日付を強引に決める
それが先週末
一応それまでに嫁が嫌だって言ってきたら諦めるつもりだった
嫁は微妙なテンションで
ことあるごとに「本当にいいの?」って言ってきたけど
嫌だとは言ってこなかった

あと条件については決行日までに
本田とは絶対会わないと言われた
「恥ずかしすぎるでしょ。」
まぁ元々年に数回合わす程度だけど

決行日までの間嫁は俺にこんな事を何度も何度も言ってきた
「本田君には期待しないでって言っておいてね。」
「もう目瞑ってじっとしてるから。って伝えておいて」
本当毎日毎日本田に「あたしはそういうの興味無いから」
ってことを伝えて欲しいと頼まれた
それで決行日
場所は本田のアパート
俺が送っていってそのまま車で待機
見られたくないという条件をそのまま呑んだ
いきなり目前で見るというのはハードル高いと自覚してたから
自分から「見せてほしい」とは頼まなかった

アパートに向かう途中嫁は何度も何度も
半笑いで「本当にいいの?」と聞いてきた
これから嫁が友人に抱かれるんだって
その時点で滅茶苦茶興奮してた俺は
運転しながら勃起してたちんこを触らせると呆れた感じで溜息つかれた

アパートにつくと嫁は指を折りながら
「一応確認しとくけど本当ぼ〜っとしてるだけだから」
「あとキスとかもしないから」
「後で本田君につまんないとか言われても知らないから」
と念を押すように言われた
嫁は車を出てく時すごい勢いでキスしてきた
がつんって歯が当たって痛かった
嫁からそういうのするのは珍しい

そっからはとにかくやばかった
マジで奇行に走る
じっとなんて絶対無理
道を走ったりとかした
とにかく苦しい
この一言
覚悟してても泣きそうになった
ずっと胸押さえてた

一応電話したら絶対出るってルールはつけてたんだけど
怖くて出来なかった
部屋の前までうろうろしたりしたし
一回意を決して郵便受け明けたりしたけど何も聞こえなかった
外からはカーテンかかってたし
でも中の電気が消えてたのが
「ああやってるのか・・・」って滅茶苦茶凹んだ

でも実際目の前で見てたら本当倒れてたと思う
それくらい鼓動が荒ぶってたし
肌寒い夜だったのに嫌な汗とかがんがん出てきた
何していいかわからんくて
近くのコンビニに何度も入ったり出たりしてた
やばいこれ誰かに止められないと絶対ブレーキ掛けれないって危機感もその時持った

でも不思議と抜こうとは思わなかった
早く嫁を抱きたいってのもあったし
賢者タイムになったらやばいってのも本能的にあったのかも

ルールとしては時間制だった
10時から12時までの間
でも我慢できなくて11時過ぎには電話してしまった
電話には絶対出るってルールだったから
喘ぎ声とか聞かされたらどうしようって恐る恐る掛けた
それが目的のはずなのに。
もう嫁が他人に抱かれてる
って状況だけで胸が破裂しそうだった

嫁にするのが怖くて本田にした
「もしもし」
すぐに出た
「ごめんもう無理。嫁返して。」
「わかった。。。」
俺から電話切った
嫁の声聞きたかったけど、聞きたくなかったという矛盾

俺は運転席でがったんがったん揺れてた
わりとすぐ嫁は出てきた
カンカンとアパートの階段鳴る音がしたから
落ち着いてる振りをした
嫁は無言で車に入ってきた
すごいビクビクしながらちらっと横目で盗み見したら
嫁は口元をもにょもにょした感じで照れくさそうだった
頬は上気した感じで赤く染まってて
長い黒髪も少し乱れてて
あ、これもう駄目だと思った
すっごい強引にこっち向かせてキスした
多分嫁も首痛かったと思う

興奮してたからってのもあったけど匂いはあんまり感じなかった
でもその時のキスは嫁が絶対口開けなかった
その理由は後でわかったけど
顔離すと嫁がむふふって感じで超にやにやしてて
なに上から見てんだってむかついた
でも嫁超好きだって同時になった
まぁぶっちゃけ感情の整理とか絶対無理

無言で車出して
無言のままラブホ行った
どっちも喋らなかった
とても家まで我慢できなかった
荒い運転で駐車場に突っ込んでった時
また「あはは」って呆れる感じで笑われた

無言で車出ると嫁も無言で車降りた
でも何かあからさまにニヤニヤしたいのを我慢してる表情が苛ついたね
自分勝手ってわかってるけどさ
手引っ張ってフロントへ
無言のまま部屋選んでエレベーター
「怒ってるの?」
少し心配そうな感じで聞かれたけど
無言のまま首振るしかできんかった

部屋入ったら速攻で服剥ぎ取って犯した
滅茶苦茶盛り上がった
元々嫁には惚れてたけど
本田とした後の嫁の全裸は普段の倍えろく見えた

殆ど連続で2回した
少し間置いて3回目も
嫁超びっくりしてた
でも求められて安心って感じで笑顔もあった
俺は理性無くした状態
嫁は「愛してるよ」って何度も言ってくれてた気がする
今まであんま言われたことない

ようやく落ち着いていつもの感じで喋れるようになった
でも実際はずっと心臓がぐにゃぐにゃした感じは続いてて
ただ冷静な振りが出来てただけな感じ
内心なんだよなんだよ畜生ってなってた。

少しづつ嫁と会話しだした
といってもピロートークとかする余裕無くて
「やったの?」ってがっつく感じで聞いた。
「・・・うん、まぁ」
「どうだったん?」
「なんか、すごいあれだった」
「どれだよ?」
「正直滅茶苦茶興奮した」
嫁は結構馬鹿正直でそういうとこが好きだけど
この時ばかりは嘘ついてほしいって思った

嫁も内心テンション上がってたのか自分から色々喋りだした
「気持ち良いとかじゃなくて興奮したって感じ」
「最初は本当ただ寝てようって思った」
「実際そうしてたんだけど、途中でやばい事してるって思ったらすごい熱くなってきた」
「感じちゃ駄目って思えば思うほど興奮しちゃってた」
「本田君結構大きかった」
「本田君には何回も旦那とどっちが良いって聞かれた」
「でもそれはずっと無視してた」
「すごいドキドキはしたけど気持ち良いっていうのとは少し違うと思ったし」
「でもあんまりしつこかったから、本田君は本田君で気持ち良いよって言っちゃった」
「一応声とかはずっと我慢してた」
「でも何回かイっちゃった。でも声は我慢してた」
「あとキスもしちゃった。ごめん」
「ずっと我慢出来てたんだけど、いっちゃったら我慢出来なくなった」
「でもそんなにはしてない」

途中力なく「おお」とか「ああ」とかグサグサ凹みながら聞いてた
嫁も顔を合わせ辛いのかずっと俺の腕枕で視線上げない感じ
嫁の告白はまだ続いた

「終わった後もう一回したいって言われた」
「やだなって思ったけど言えなかった」
「正直流されてたと思う。ごめん」
「でも本当やだなって思った。色んな意味で」
「でもすごいドキドキしてて、自分から口でしちゃった」
「それであんたから電話きてほっとした」

え?じゃあ電話した時フェラしてたん?と確認出来なかった
確認するまでもなかったし胸になんかすごい刺さってもう何も言えんかったよ

「でも本当滅茶苦茶ほっとした」
そこでようやく嫁は視線合わせてくれた
にこって笑っててなんだか安心して泣きそうになった
「すごい興奮してたけど、それでもずっとあんたの事考えてた」
「ちょっと自分でもびっくりだった」
「もう家族になったと思ってたけど、ちゃんと男として好きだったんだなって思った」
それで少ししんみりして
「またするの?」って聞かれて
すごい賢者タイムだし凹んでるわで「うーん」って迷ってると
「ちょっと怖いかな」って言われたから
「じゃあやめよう」って即答した
その日はそのまま終わり

昨日改めて何が怖いんだ?って聞いた
ここの体験談とか交えて話したら笑われた
「まぁエッチ中くらいは勢いで好きとか言っちゃうんじゃない?。」
「でもエッチしたら気持ちも移るってことも無いのか?」
「あんたがだらしないとそうかもね。」
その辺はしつこいくらい問いただした
「ないないない。あってもそん時だけでしょ。」
じゃあ何が怖いんだって聞いた
「そういうんじゃなくて、刺激にしては大きすぎるみたいな?」

「じゃあ年に一回とかそれくらいならOKな感じ?」
嫁は答えず呆れ笑い
はいはいって感じでいなされた
その時は俺も勢いでそんな事言っちゃったけど
実際2回目あると躊躇しそう
でも今はまだ凹みの余韻が強いけど
ブレーキ利かせられるかすごい不安
ていうか自分で利かせられる人っていないと思う。
嫁も
「でもまぁ・・・ぶっちゃけ自分がこんな流されやすいとは思ってなかったなぁ。」
って言ってた

その晩から嫁の態度は少し変わったかな
俺も変わったと思うし
ベタなんだろうけど愛情表現しっかりするようになった
家族になってたのが男女を意識し直した感じ
昨日なんて会社にいる時
「ぶっちゃけあたしあんたの事好きだから」
「だからしんどかったらたまには仕事休みなよ」
なんてメールが来てトイレで泣きそうになった。

さて、これからは本田に聞いた話を書く。
本田は結構詳細憶えててくれた
まぁおおまかなとこは嫁の申告どおりだったけどね

本田の話

呼び鈴鳴ったから外出ると、苦笑いを浮かべた栄子ちゃん(嫁)が居た
「あ、ども。」って照れくさそうに会釈
帰るまでずっと栄子ちゃん一回も俺と目を合わせず
話しかけると半笑いで相槌打つけど基本的には口数少なし
「外寒かった?」
「少し」
「旦那は車?」
「うん。」
本当会話ってそれくらいだった

気まずい雰囲気だったから少し強引に切り出す
「こっちおいでよ」
ベッド座って隣に座るよう促す
少し躊躇してたけど座ってきた
ちょっと顔が強張ってた
滅茶苦茶緊張してるっぽかった
肩に手を置いてキスしようとしたら
「それはだめ」ってはっきり言われた
めっちゃ真顔だった

でも押し倒すと案外抵抗無くベッドに倒れた
また半笑いで「つまんないと思うよ?。あたしとしても」って言われた
「そんな事ないと思うよ」って言って愛撫してった
服を脱がしてくと
「電気消して」
「やだ」
「見てもつまんないよ。」
って会話して電気消した

あとは靴下だけってなってそれも脱がそうとすると
「一応全部はどうかと思うんだけど・・・。」って言われた
けど無視して脱がした
特に抵抗は無かった
栄子ちゃんは思ってたよりむちむちだった
めちゃくちゃ旨そうな身体って思った
愛撫してる間、栄子ちゃんは無表情でずっと天井見てた

栄子ちゃんもう最初からHを楽しもうって感じが0だったから
どれだけ愛撫してきつそうだなって思ったから
焦らすようにマッサージみたいな事をしてた
焦らして焦らして遠回りに乳首を責めてったら少しづつモジモジしだした
いけると思ってクンニ始めた
クンニしながら乳首を同時に責めた
そのうちゆっくり膝を曲げたり伸ばしたりしだした
鼻息も聞こえ出して俺の腕を握ってきた
クリトリス舐める度に微妙に腰浮かすからわかりやすかった

顔を上げて「フェラ良い?」って聞くと
無言で首を左右に振られた
「じゃあ入れるね?」
返事も反応も無かったけどゴム着けた
ゴム着けながら「生でも良い?。」
って明らかに冗談ってわかる感じで聞いた
「マジで切れるよ?。」
口元は笑ってたけど目は据わってて怖かった

正常位でちんこ擦りながら「体位何が好き?」って聞いた
「わかんない」
「じゃあこのまま入れるよ?」
「あ、後ろからのがいい」
「バック好き?」
「ていうか恥ずかしい。」
バックから挿入すると栄子ちゃんの両手がぎゅってシーツ掴んだ
栄子ちゃんのバック姿すげえ良かった
それなりにくびれあるのに尻がでかかった
あと栄子ちゃんの中すごい狭かった

最初ゆっくりやってたけどそれでも
「奥痛い」って言われた
それで浅いところ突いてたら
「もう少し大丈夫かも」
「じゃあ奥突いてって言ってみて」
「・・・」
鼻で笑われた
言葉攻め好きだからこの後もずっと色々言ってたけど
基本的には全部シカトされた

でも結構ぐちょぐちょ音が鳴ってたから
「旦那以外でこんな音鳴らしていいの?」って聞いたら
「やぁだ。」って笑ってたけど
そっから鼻息荒くなってったから満更でもなかったんだと思う
喘ぎ声は最後まで我慢してた
でも鼻息というか吐息はずっと荒かった
背中かなり汗ばんでたしピストン荒くしてたから
「奥大丈夫?」って聞いたら頷いてた

それでガンガン奥突いたら明らかにシーツ掴んでた両手に力がさらに入ってた
「痛い?」
首左右に振った
「気持ち良い?」
シカト
ガンガン突き続けたら明らかに鼻息荒くなってって
顔をベッドに押し付けるみたいな体勢になってった
そのうち一回いった
「いった?」って聞くと首ぶんぶん横に振ってた

ピストン再開して「旦那とどっちが良い?」って聞いたけどシカト
でもすぐまたいった
びくんびくんしてる間もう一回「旦那とどっちが良い?」って聞いたけどやっぱりシカト
でかいケツ掴んでガンガン犯したらまたすぐにいった
パンパンパンパンってイイ音鳴るからすごい良いケツだと思った
でも声は絶対出さなかったし
「なぁ?どっちがいいんだよ?」
ってSっぽく聞いてみたけど変わらず返事は無かった
「正常位でしよっか?」って聞いたら
自分からごろんって寝転がった
その時俺のちんこ見て「元気だね。」って笑ってた

正常位で入れてそのままキスしようとしたら
案外すんなり受け入れてくれた
舌は入れさせてくれなかった
でもそのまま腰振りながら何度かキスしてて
「舌出して」って言ったら
「えぇ?。」って困ったように笑ったんだけど
キスしたら舌絡めてきた
遠慮がちだったけどしっかり俺の舌先にちろちろってしてきた
しばらくそうやってディープキスしながら腰振ってた

「声我慢してる?」って聞いたら苦笑い浮かべてシカト
「旦那とどっちが良い?」ってもっかい聞いたら
「本田君は本田君で良いんじゃない?。」ってニヤニヤしながら言われた
それで射精するためにガンガン突いたら
すごい辛そうな顔で腰をぐいって浮かしてたけどそれでも声は我慢してた
そんで俺が射精してると「終わった?。」って聞いてきて
無言でキスしようとすると「やぁだってば。」って逃げられた

終わっても栄子ちゃんは照れくさそうにニヤニヤしてるだけだった
「どうだった?」って聞いても
「わかんない。」って言われた
そんで俺がゴムの後処理とかしてたら隣に座ってきて
「おつかれ。」って言って背中ぱんぱん叩いてきた
キスしようとするとまた逃げられたけど
顎持って力づくでこっち向かせた
でも絶対視線は合わせない
そんでニヤニヤしたまま
顔近づけたら目瞑ってキス受け入れてくれた
でも唇は閉じたまま
「舌出して」って言ったら「だめー。」って笑われた
「一回だけ。一回だけ。」って頼んだらベロチューしてくれた

隣に座りあったまま俺が栄子ちゃんの股間触って
栄子ちゃんの手を掴んで俺の股間に持ってった
「どうだった?」ってもっかい聞くと
「わかんないってば。」って同じ答え
でも自分から俺のちんこ優しく撫でてくれた
「でも正直興奮した?」
「どうだろね。わかんない」
「声我慢してなかった?」
「しらない。」
最初の堅い雰囲気とか無くなって普通に談笑できるようになってた
でもやっぱり俺とは視線合わさない

そのままの体勢でしばらく会話してた
「浮気とかしたことあんの?」
「ないない。」
「したいって思ったことは?」
「ないない。」
「してみてどう?」
「浮気じゃないし。」
そのうち半立ちになってきて
「もっかいしない?」って誘ったら
「え〜。」って笑ってたけど
「フェラしてよ」ってお願いしたら
「ん〜。」ってニヤニヤしながらちんこ弄ってて
「お願い」って頭下げたらのろのろ俺の前に腰を下ろしてフェラしてくれた

「あたし上手くないよ?」
「大丈夫大丈夫」
遠慮がちなフェラだった
咥えて少しだけ舌でちろちろするくらい
そのうち携帯が鳴った
お前の電話
でも栄子ちゃんはお前って気づいてなくて
俺が喋ってる間もゆっくりと咥えてた
それで俺が電話切って「旦那がもう無理って」って言ったら
「え?旦那だったの?。」って慌ててちんこから口離してた
「最悪。言ってよ。」ってばんばん頭はたかれた

そっから栄子ちゃん服着るのめっちゃ速かった
引き止める間もなかった
「あれ?俺このまま?。」
「ごめん。自分でなんとかして。」
「すげえムラムラするんですけど。」
「無理無理。行かなきゃ」
急いで靴履く栄子ちゃんに
「最後にキスしよ」って言ったら
やっぱり「無理無理。」って笑いながら慌てて出てった

これで終わり

関連記事

コメント

非公開コメント
                  全記事一覧