禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    妻・恋人・彼女 >  妻はエッチな銀行員(1)

妻はエッチな銀行員(1)

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。
厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で
浮ついたところもなく、
おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。

私にとっては少々自慢の愛妻で、
友人や知人からお世辞を言われるのも心地よく感じています。
昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、
学生時代からの交際なので
あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。
その分、気心が知れていて気楽でいいのですが。
私は一つ上の28歳。
ごく普通のサラリーマンです。

結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、
妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行くと言うので
「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。
妻はそう いう公私混同に近いことが嫌いな性格でしたから、
当然断られると思っていたのですが、
案に相違して
「うん、来れば?」
と気軽な返事が返ってきました。

「一応みんなにも聞いてみて、いいって言ったら電話するね。」
年齢の近い人ばかりの気楽な飲み会ということもあり、
私も結婚前に何度か会ったことのあるメンバーなので、
あまり気遣いしなくていいと考えたのだと思います。
昼休みに貴子から
「みんなも大歓迎だって」
と嬉しそうに電話がありました。

午後は仕事が立て込んで、
開始時間から30分ほど遅れて会場に着いたのですが、
お堅い銀行員ばかりの飲み会ですから場が乱れるということもなく、
遅着した私も実に爽やかな雰囲気で迎えられました。

男性陣と女性陣は分かれて座っていて、
貴子も当然同期や後輩の女性に囲まれて楽しそうに笑っています。
私はさすがに女性ばかりの中に入るのも気が引けて、
男性陣の中に席を作ってもらって腰を下ろしました。

右隣は貴子の二年先輩の中川氏。左隣は一年後輩の大村君。
結婚式での話やら仕事の話、スポーツの話など、
他愛ない会話がしばらく続きましたが、
さすがに酒が入ってお互いに打ち解けてくると、
銀行員といえども会話がだんだん会話はシモのほうに下りてきます。

「いやー、三沢さん(貴子の旧姓)の結婚を聞いた時はショックでしたよぉ」
と、後輩の大村君が言うと、中川氏もすかさず同調して、
「ボクらの同期の間でもけっこう人気があったんですよ。」
などと言います。

夫の私にすれば多少複雑な心境ではありましたが、
彼らにしてみればただのお世辞のつもりなのでしょう。
酒の席のことでもあり、気分を害してみてもつまらないので、
「そういうことは本人に言ってあげてください」
と笑って聞き流していました。

「美人だしスタイルもいいし、脚なんかもキレイですよねえ」
中川氏の口調が妖しくなってきて、
見るとかなりできあがっています。
爽やか青年で容姿も悪くないのですが、
少し前に貴子に聞いたところによると、
最近 大失恋を経験してから荒れ気味なのだそうで、
なるほどこのことか、と思わず
苦笑してしまいました。

後輩の大村君もほどよく酔っ払って、
「でも中川さん、いっつも『三沢はきっとマグロだな』とか言ってるじゃない
すかあ」
と先輩をからかいます。
真っ赤になって怒る中川氏を想像したのですが、
意外にも中川氏はうろたえる様子もなく、真顔で私に向かって、
「そうなんですよ。実際のとこ、どうなんですか?」
と聞いてきたから、さすがの私も面食らいました。

何も話さないのも場を白けさせるし、
かといって貴子の同僚にいろいろ話すわけにもいかないですから、
「マグロってことはないですよ、気分が乗ってくれば」
と思わせぶりに返事をし、
それ以上は「あんまり話すとあとでカミさんに叱られるから」
などとお茶を濁すつもりでした。

「へー、そうなんですかぁ」
二人は無遠慮に貴子の方に視線を向けます。
妻の裸体やベッドで乱れる様子を
想像でもしているのでしょうか。
若い大村君はそれだけでもう興奮しているのか、
コップに残っていた焼酎を飲み干して、
「やっぱり一緒にお風呂入ったりするんですか」
なんて聞いてきます。

「うーん、ユニットバスで狭いですからねえ」
「でも一度や二度はあるんでしょ?」と中川氏。
中川氏は私よりも年上だからか、さらに遠慮がありません。
「まあ、そのくらいはありますね」
「そうするとお風呂の中でそのまま、なんてこともやっぱりありますよねえ」
「あはは、ご想像におまかせします」
笑ってごまかすしかありません。
新婚家庭なんだから家の中では一通り、
することはしてますが。

「もしかして裸エプロンなんていうのも?」
「いや、そんなことはしないですよ」
「えー、三沢さん、似合うと思うけどなあ」
と大村君が言えば、中川氏がすかさずツッコみます。
「バカ、大村、そんなもんに似合うも何もあるかよ」
私と中川氏と大村君はいつしか三人で顔を寄せ合って、
コソコソと話しては大笑い、という会話を繰り返し、
端から見れば意気投合しているように思えたことでしょう。
実際そんなキワどい会話も別に不快というわけもなく、
私も酒席での猥談と割り切って楽しんでいました。

それから間もなく会は解散になり、私は妻と一緒に家路に向かいました。
「なんかずいぶん楽しそうだったね。」
貴子はほんのりと頬を桜色に染めて、私の顔を覗きこみます。
「うん、まあね。」
「ねえ、三人でコソコソ何話してたの?」
夜の営みについてちょっとね、とも言えないので、

「家に帰ったら教えてやるよ。外じゃ言えないような話だから。」
と適当にごまかして、家に帰りました。

二人で交代にシャワーを浴び、仲良くベッドに入ったのは深夜過ぎ。
少しでも明るいと寝苦しい、
という貴子の希望を入れて窓には
遮光カーテンが吊ってあるから寝室の中は真っ暗です。

普段、エッチの時まで真っ暗では興が乗らないから、
小さなサイドランプをつけるので、
そのサイドランプが「今晩どうよ?」の合図になっているのです
が、この夜はあえてサイドランプを消して真っ暗にしました。

その寝室で、私は妻の意外な一面に出会うことになるのです。
「そうだ、ねえ、さっき何話してたの?」
案の定、貴子は私と中川氏、大村君との会話が気になる様子です。
「なんのこと?」
ちょっととぼけて焦らしてみます。

「ほら、さっき、中川さん達と楽しそうにしゃべってたじゃない。」
「ああ、あのことか、なんだっけなあ」
「あ、ずるい、家に帰ったら教えるって言ってたのに。」
「中川さんも大村君も貴子が美人でスタイルがいいから羨ましいってさ。」
「また、嘘ばっかりー」
暗闇のベッドの中で貴子は笑いましたが、満更でもなさそうです。

「夜はどうなんですか?って聞かれたよ。興味津々、って感じだったなあ」
「もー、そんなこと言うわけないでしょ。」
とても紳士的な二人ですから、
貴子が信じないのも無理はありません。
それに二人姉妹で育った貴子は男性心理について
ほとんど無知なのです。

「ほんとだよ。
『風呂場でしたこともあるんですか?』なんて聞かれて、
返事に困ったよ。
二人とも、貴子の方をチラチラ見ながら、
そんなこと話すからさ、
なんか複雑な心境だったな。」

そう言いながら私は貴子の体の上に手を置き、
ゆっくり愛撫を始めました。
愛撫といっても、脇腹から肋骨のあたりを
優しく撫でるだけのソフトなタッチです。

「えー、ちょっとショックだなー」
貴子はときどきくすぐったそうに身をよじりますが、
それ以上の抵抗はせず、
私の手の動きに身を委ねています。
「普段からそういう目で見てるんじゃないの?気がつかない?」
「そんなことないよ。二人とも優しいもん。」
「貴子は男の心理がわかってないからな。
優しく接しながらこのあたりに視線
を走らせたりしてるんだよ。」
このあたり、と言いながら胸の膨らみを撫でると、
貴子はピクッ、と体を震わせました。

「やだ、もう」
「こんな風に貴子の体に触りたいんじゃないかな」
「・・・」
貴子が返事しなくなったので、眠ったのか?
と思いましたが、パジャマの下
で乳首がつんと固くなっていました。
それから「ハー」と小さな吐息。
(感じてるのか・・・?)
貴子の反応は私には意外なものでした。
正確に言うと「意外にも期待通り」だったのです。

私はまるで悪戯でもするように
パジャマのボタンの間から指先を潜りこませ、
柔らかな素肌の上を滑らせて立ち上がった乳首をツンとつつきました。
「こうやってイタズラしたいんだ、きっと」
「や・・・」
貴子の声が小さくなりました。
片方の乳首を指先で弄んだまま体の向きを妻のほうに向け、
もう一方の手で
もう片方の胸を少し乱暴に掴んで揉みあげました。

「二人がかりで両側から、こんなふうに・・・」
「・・・」
もっと抵抗するかと思いましたが、
戯れとわかっているからなのか、
貴子はじっとしてなすがままになっています。


妻はエッチな銀行員1  2  3
関連記事


↓他サイトの告白を読む



PR DMM動画で必ず抜けます



  
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

携帯で見る
QR
熟女倶楽部
熟女といえばここ
カリビアンコム
Aランク以上の豪華な女優陣
アクセスカウンター

現在の閲覧者数:
ランキング
RSSリンクの表示
PR
熟女倶楽部 無修正動画 杉本美加子 野宮凛子 笹木杏子 高瀬まりこ