禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    姉・妹 >  姉にマッサージ(2)

姉にマッサージ(2)

もう完全に姉貴が気持ちよくなってると、
思いこんでるし、顔を隠してくれたことで少々のことは大丈夫、
とゆう安心感も手伝って一気に大胆になった俺は、
最初から足の付け根のきわどいところ中心のマッサージで攻めました。
マッサージとゆう名目上、揉むことは揉むんですけど、
親指は姉貴の大事な部分の上に軽くのせたままなんで、

揉むたびに親指はあそこを刺激してるはず。
腕で顔を覆っていても姉貴の口からは甘い吐息が。
と勝手にいい方向にいい方向にとらえて
俺のマッサージはどんどんヒートアップしていきます。

もはや姉貴は俺のテクにメロメロとでも思っていたのでしょう。
「リンパのマッサージもするよ」と言っちゃいました。
その意味を姉貴がわかっていたのどうか分かりませんが、
姉貴が声も出さずに頷くと同時に
「おしりあげて」と言ってすでに紐のほどかれていた
パジャマをずらします。

とうとう姉貴のパンツがまる見えになったのです。
普通の白いパンツでしたが、
当時まだ童貞だった俺が初めて見る光景です。
ありえないくらい勃起したちんぽを
爆発させたい欲求を我慢しながらパジャマを姉貴の足から抜き取ります。

本当なら脱がされる前に中止命令が出ているはずです。
でも、俺の作戦どうり、「おしりあげて」発言から
パジャマを脱がすまでに間髪入れなかったことで、
止めるタイミングを失ったんだと思います。

これはマッサージなんだから・・とゆうことにしなければ・・・
建前ではそうしなければ・・・・。
そうしないとおしりやあそこを触られたってことになる。
あくまでマッサージの最中に手が当たってた。
そうゆうことにしないといけないって雰囲気なのは
完全に理解できました。

黙々と、あくまでマッサージのふりをした行為は続きます。
しかも今度はパンツ1枚しか障害物はありません。

「リンパマッサージ」
つまり足の付け根の、おまんこの横の部分です。
(本当はどうなのかわかりませんが、俺の中ではそうなんです)
姉貴の足を開きおまんこの横の部分をマッサージします。

もちろんあそこの部分に指を押し当てながら。
ここまでくると姉貴も完全に状況は理解しています。
それでも無言でされるがままです。
耳まで真っ赤にしながら俺のマッサージを受けている姉貴の
あそこからたまにクチュッと音が聞こえてきます。
濡れているのです。

揉みながら指を押し当てていたのが、
いつのまにか指で押すほうがメインになります。
完全に姉貴のあそこを指で押しています。
もちろんマッサージとゆう名目を捨てることはできないので
申し訳なさそう程度に付け根部分もおしていますが、
もはやマッサージではなく愛撫と呼べる状態でしょう。

それでも姉貴が何も言わないのは、最後まで
マッサージとゆうことにしなければいきつくところまで
いってしまうとゆう恐怖感かもしれません。
マッサージとゆう名目があって初めてこの行為は成り立ってたんです。

俺は無言で姉貴のパンツに手をかけました。
何も言わずにパンツを下げます。
姉貴は腰を浮かせました。
パンツが太股まで下がります。

そのまま足から抜き取り完全にまんこ丸見え状態で
行為を続けます。
もう姉貴の足はM字開脚になっています。
あそこは大洪水です。
部屋にはクチュクチュとゆう音だけが響いています。

でも、ここまできておきながら
脳裏に何かがよぎるんです。
これ以上はダメだ!一瞬そんな考えが浮かぶと、
やろうかどうか迷っていたクン二や挿入とゆう考えが一気に吹き飛びました。
やめよう・・・やっぱり近親相姦はまずい。
そう思った俺は行為を中止しました。

どうしてやめたの?と姉貴が思ったかどうかはわかりません。
ホッとしたかもしれないし、不満だったかもしれないし。
とにかく行為をやめた俺は
「はい、終了」とあくまで平静を装いながら言いました。

しかし、勃起したちんぽは静まっていないんです。
触りながら抜いとけばよかった!!
と思っていたら、姉貴が
「じゃあ交代ね」と言ったのです。

この場合はどう対処すればいいんだろう?
普通にマッサージを受けるべきか?
それとも・・・・・

俺の答えはズボンとトランクスを脱ぐことでした。
無言で、あくまで当たり前のような顔で
うつぶせに寝てから勃起したちんぽを見られないように
全部脱いだんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少しの沈黙の後
姉貴のマッサージが始まりました。
おしり、太股、ふくらはぎ、普通のマッサージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無言のマッサージが続いた後
「次は仰向けになって」
とゆう一言が・・。
一瞬考えました。
ちんぽはビンビンのままです。
恥ずかしい気持ちはかなりあります。

でも、仰向けで受けるマッサージへの妄想には勝てません。
意を決して仰向けになりました。
姉貴と同じように腕を顔に乗せて・・・。
ここで初めて気がついたんです。
顔を隠すことで羞恥心が薄れることに。
きっと姉貴も同じ気持ちだったのでしょう。

また少しの沈黙が流れます。
期待と不安が入り交じって心臓は破裂しそうです。
普通のマッサージなのか?
それとも・・・・・・・
姉貴が動く気配を感じました。

スッと太股に感触が・・・。
普通のマッサージです。
普通に太股を揉んでいます。
ビンビンのちんぽが目の前にあるはずなのに
普通に太股を揉んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どれくらい経ったでしょうか?
単調な姉貴のマッサージにしびれをきらした俺は
「そろそろリンパのマッサージもして」と言ってみました。
ここで俺の心臓の鼓動は部活の試合3試合分以上に高鳴ったと思います。
確実に寿命は縮まりました。

(お願いします!!)

そう心の中で祈っていると姉貴の手が俺の足をグイッと広げました。
俺の足の間に座り直し、
足の付け根の部分を両手で丁寧にやさしく揉み始めます。
もちろん女と違って男にはブラブラする物がついてるので、
付け根を押すと同時にタマタマにもやさしい刺激が伝わります。

先っぽからは我慢汁が出まくっていたでしょう。
足の付け根&タマタマのマッサージがしばらく続いた後、
両手の親指がスッとちんぽの付け根をさすりだしました。
やさしくソフトな感じで・・。

こっ、これはっ!!
あきらかに足の付け根とは言えない部分を姉貴の意志で
触ってくれてます。
あまり敏感な部分ではないので、直接的な刺激とはちょっと
違いますがそれでもこのマッサージは気持ちいいものでした。

「究極のじらし」とでも言えばいいのでしょうか?
我慢汁ってこんなに出る物なのか?と思うくらい
大量の我慢汁がお腹の上にたれています。

しかし、ここまできたら射精しなければ終われるわけがありません。
姉貴もそれはわかっているでしょう。
ただ、できれば露骨な行為は避けて、あくまで
マッサージっぽく終わらせたかったんだと思います。

付け根を軽くさするだけで射精すればと。
しかし現実はそうはいきません。
いくら童貞でも付け根をさすられただけでは射精まではいかないものです。
やはり亀頭近くの刺激がないと・・。

ようやく姉貴も理解し、そしてあきらめたのでしょう。
一度タオルを取りに行き、お腹の上の我慢汁を拭き、
そしておもむろに右手でちんぽを握りました。
ゆっくりではありますが完全に手こきをしだしたのです。

左手に持ったタオルをちんぽの先に添えながら。
ゆっくり、少しずつ手を動かしています。
シュッ、シュッ、シュッとゆう音が部屋に響きます。
でも、寝たままって経験がないせいか、
いきそうな気もするけど、いかないような気もするって感じなんです。

ここまできたらもう同じだと決意した俺は
両手をついて体を起こしました。
一瞬、姉貴の動きが止まりましたが、
ただ体を起こしただけだとゆうことがわかると
また手こきを続けます。


姉にマッサージ1  2  3  4


動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2013/12/23 ]   姉・妹 CM(-)