禁断の体験 エッチな告白集

母親・叔母・姉妹との体験・人妻・不倫・初体験・風俗・寝取られ・など、赤裸々な体験告白を毎日更新しています。
禁断の体験 エッチな告白集 TOP  >    アニメキャラ等 >  フネさんのAV出演(名作選)

フネさんのAV出演(名作選)

男「そうそう。今『昼下がりの奥様とおしゃべりしよう!』ってビデオ撮ってるんです」
フネ「昼下がりの…」
男「それで美人の熟…奥様を探していたらちょうどあなたが歩いていたんです」
男「いやー、奥様お若いですね。30代ですか?」
フネ「い、いやですわ。そんなお世辞…」

男「いやいやお若いじゃないですかァ〜。実に僕のタイプにピッタリだァ〜」
男「肌も白いし着物がまた似合ってますねェ〜」
男「ほんとにちょっとお喋りするだけ! 報酬はきちんと出しますから、ねっ?」

フネ「ほ、報酬ってそんな…」
男「大丈夫ですよ〜。お時間取らせません。10分、いや5分だけでもいいので…」
フネ「そ、そうですか…?」
フネ(まあ、そんなに時間はかからないみたいだし)

フネ(報酬でみんなに美味しいものを作ってあげるのも悪くないかしら…)
フネ「わかりました…では5分だけ…」
男「本当ですか? ありがとうございます! じゃあ早速あっちのホテルに部屋を用意してあるので…」

ホテル
男「お名前伺ってもよろしいですか?」
フネ「名前を出すんですか?」
男「いえいえ、ただ、お仕事に付き合っていただいてる方のお名前を知っておきたいな、と」
フネ「磯野フネと言います」

男「年齢はおいくつですか?」
フネ「52歳です」
男「えーっ、全然見えないですねえ」
フネ(カメラマンの人、身体ばかり撮ってるわねえ)

男「子供はいますか?」
フネ「三人います。孫もひとり」
男「へー、頑張りましたね〜」
男「フネさんはこういうビデオに出るのは初めて?」

フネ(急に馴れ馴れしく…)
フネ「初めてです」
男「どうして出ようと思ったの?」
フネ「いやらしい話ですが…報酬でみんなに美味しいものでもと」

男「あー、家族思いのいいおばあちゃんだァ」
男「フネさんの好きなタイプはどんな男性ですか?」
フネ「タ、タイプ!?」
フネ「ええと…あら、どうしようかしら…こんなの初めて聞かれたので…」
男「フネさん、赤くなってるね〜、かわいいですね〜」

フネ「か、かわいいって…!」
男「あ、怒らないでくださ〜い」
フネ(カメラが足ばかり撮ってる…)

男「着物似合いますね〜。でもちょっと暑くないですか?」
男「脱いぢゃいましょう」
フネ「え…は、はあ」
フネ(部屋の中、若い男の人しかいないわ)

フネ(薄着になるだけとはいえ、たくさんの男の人の前で服を脱ぐのはちょっと恥ずかしいわね)
男「フネさん、最近旦那さんとはどうなの?」
フネ「夫ですか?」
フネ「まあ、それなりに仲むつまじくしているつもりですが…」
男「へえー。あっちの方はどうなの? 子供三人も作っちゃうくらいなんだからさぞかし…」

フネ「あっち?」
男「ほら、夜のほうですよ」
フネ「…」
フネ「…なっ、な…!」
男「あァ〜いきなりこんな質問はびっくりしますよねえ」

フネ「びっくりも何も失礼な…!」
男「でも最近、ご無沙汰なんぢゃないですか?」
フネ「だ、だから…!」
フネ(たしかにまあ…ワカメが生まれてからは年に一度もあるかないかだけど…)

男「あ、図星ですねェ〜」
フネ「そ、そんなことありません! あなた達はさっきから一体…」
男「旦那さん、もう若くないでしょう。一人の男として見れますか?」

フネ「夫は立派な父親です!」
男「そりゃそうだァ〜。でも『父親』としてはともかく『男』としては?」
男「物足りなさを感じてるんじゃないですか? フネさんを『女』にさせてくれないんじゃないですか?」
フネ「う…」

フネ(…たしかに、あの人は夫として、人間としては素晴らしいけれど…)
男「もったいないなァ〜。フネさん美人だしまだまだ若いのに」
男「どうすんの、その美貌? どうすんの、その欲求?」

男「実はね、これちょっとエッチなビデオなんですよ」
フネ「…え?」
男「あァー、黙っててすみません。大丈夫です、最後までとかそんなんしないので」
フネ「ちょ、ちょっと待ってくださ…」

男「いきなりですけど、ちょーっとフネさんの胸ェ…谷間! そう、谷間だけ見せてもらえますか?」
フネ「だ、ダメに決まってるでしょう!」
フネ「夫以外の誰にも見せたことないのに…」
男「あァ〜、恥じらってる感じいいですね〜」

男「じゃあ身体を知ってる男は旦那さんひとり? それはフネさん絶対に損だなァ」
フネ「そ、そんなことは…」
男「フネさんの身体が魅力的だから! だからこそ!」
男「じゃあ太もも! これなら大丈夫ですよね?」
フネ「だ、だからだめ…」

男「本当にちょっとだけ、本当にちょっとだけですから! あァ、足白いですね〜」
フネ「だから、ちょ、裾を捲らないで…」
フネ(う…なんて若々しい肌…それにあの人とは違って筋肉質だし…)
男「本当にちょっと! 本当にちょっとだけですから! すみません!」
フネ「やめっ、あっ」

男「すみません、本当にすみません! あァ〜、ベージュのストッキングだァ〜」

フネ(た、たくさんの男の人の前で…!)

フネ「だ、だから、もうやめ…」
フネ「私、もう帰りま」
男「おっぱい見てもいいですかね?」
フネ「な!?」
男「ほんのちょっと! 乳首までは映しませんから! 記念だと思って、ね?」
フネ「わ、私のなんか見たって」
男「あァ〜フネさんいい匂いだ!」

フネ(あ…また肌が触れて…すごくたくましい…)
男「ストッキングもらっていいですか? もらいますね! 本当すみません! あァ〜綺麗な太ももだァ」

フネ(なんてはしたない姿を…! しかもビデオに撮られて…!)
男「フネさんの脱ぎたてストッキング、ゲットぉー」
フネ「か、返して…」
男「大丈夫ですよ。後で新品を渡しますんで」
男「フネさんのおっぱい、登場〜」
フネ「あっ…!」

男「あァ〜、いやらしい! 乳首黒ずんでますね! 使いこんでるなァ〜」
フネ「つ、使いこんでなんか…!」
男「フネさぁん…僕、フネさんみたいな人が好きなんですよォ」
男「フネさんみたいな素敵な人にヌイてもらいたいなァ。そうすれば今日はもう終わりですからァ〜」
フネ「わ、私は…」

数ヶ月後

アナゴ「フグ田君、今夜は暇かい?」
マスオ「今夜? 仕事終わりならちょっとは余裕あるけど」
アナゴ「そうか。いや、実はね。君に譲りたいものがあるんだよ」
マスオ「譲りたいもの?」
アナゴ「趣味で集めてたんだけどね、カミさんに怒られて手放すことにしたんだ」
マスオ「それはなんだい?」
アナゴ「まあ君には必要ないものかもしれないけど」

アナゴ「AVだよ。アダルトビデオ」
マスオ「エェ〜↑ブイ!?」
アナゴ「しっ。声が大きいよフグ田君」
マスオ「アナゴ君にそんな趣味があったなんて…」
アナゴ「ふふふ、みんなには内緒だぞ」
マスオ「でも、もらったところで隠し場所や見る機会が…」
アナゴ「奥さんと一緒に見たらその夜は燃えるかもしれない」
アナゴ「ナースもの、女子校生もの、熟女もの、アニメ、ジャンルは豊富だぞ」
マスオ「…じ、じゃあ、ちょっとだけ…」
アナゴ「好きなのを選んでくれよ。試しに見てもいいぞ」

マスオ「何本くらいあるんだい?」
アナゴ「3000本くらいかなあ」
マスオ「ふーん…あ、これは…」
アナゴ「お、柚木ティナかい? お目が高いねえ」
マスオ「今の女優はレベルが高いんだねえ」

アナゴ「それぞれのジャンルからひとつずつ持っていけばいい」
アナゴ「JKものならこれ、外人ものならこれ、熟女ものなら…これなんかいいんじゃないか?」
マスオ「『素人熟女ナンパ白書Fさん52歳?』」

マスオ「すまないけど僕、熟女はちょっと…」
アナゴ「それが案外バカにできないんだ」
マスオ「なになに?」

52歳完全素人のおばあちゃんが恥じらいつつも全てを見せます!

最初は戸惑うおばあちゃんも女に戻ってさあ大変! メス犬の目に早変わり!
熟女ならではのテクを駆使してチ○ポを次から次へと…なんて欲張りなおばあちゃん!
乾いた身体に潤いが戻って何度も「イッちゃう!」と叫んでます!
やがて何度も絶頂の潮吹き…あのくたびれた身体のどこにそんなエネルギーが!
自分が極楽逝っちゃう前に男優みんな極楽浄土! 冥土の土産はハードSEX!
本当に素人!? 240分余すことなく、婆のエロスをお届けします!

マスオ「…」
アナゴ「いや〜お世話になったよこれには」
アナゴ「名前がわからないのが残念なんだけどね」
マスオ「これはなぜ、パッケージに写真がないんだい?」
アナゴ「裏モノだからさ。無修正だよ」
アナゴ「挑戦するつもりで少し見てみようよ」

ガー

男『(ピー)さんはこういうビデオに出るのは初めて?』
フネ『初めてです』
マスオ「…えっ?」
マスオ「…どういうことだ…?」
マスオ「これは…お義母さん…?」
アナゴ「どうしたマスオ君、そんなに食らいついて。まだインタビューだぞ」
マスオ「…」

フネ『わ、私のなんか見たって…』
男『あァ〜、フネさん、いい匂いだァ』
アナゴ「熱中して見てる…案外熟女もの好きなんじゃないか」
マスオ(お、お義母さんが…なぜ…)

マスオ(他人の空似? いや、この声や仕草は間違いなく…)
フネ『あっ、そこは舐めちゃだめよ…!』
フネ『あっ、あっ…!』

ブチン

アナゴ「気に入ってくれたのはいいけどさ、続きは家で見てくれよ」
マスオ「…アナゴ君」
マスオ「これ、もらっていっていいかな…」
アナゴ「もちろん。他にも持っていけばいい」
マスオ「いや、これだけでいい…」
アナゴ「…ふむ」
アナゴ「あ、この女優さんだったらあと二作あるぞ」

磯野家
マスオ「ただいま…」
フネ「おかえりなさい、マスオさん」
マスオ「あ…お、お義母さん…ただいま…」
フネ「今日の晩御飯はウナギにしましたから、うんと精をつけてくださいね」
マスオ「は、はい!!!!!」

マスオ(月末なのにウナギなんて高級品…)
マスオ(しかも精をつけろとか、まさか…まさかな…)



マスオ「みんな寝たな…」
マスオ「ヘッドホンを用意してと…」
マスオ「再生…」

タラヲ「お父さんなにを見てるですか?」
マスオ「た、タラちゃん!」
タラヲ「僕も見たいです」
マスオ「だ、ダメだよタラちゃん! トイレかい!? 早めに済ませて早く寝ようね!」
タラヲ「…チッ」
マスオ(あ、危なかった…)

マスオ「焦った…」
マスオ「改めて再生、と…」

男『どうして出ようと思ったんですか?』
フネ『いやらしいもので』ガガッ
マスオ(何度も巻き戻して確認しているが…やはり何度見てもお義母さんだ)
マスオ(お義母さんに何があったかわからないけど、人には知られたくない素顔があるんだな)
マスオ(全て忘れて…このビデオは闇に葬ろう)

ガタッ

マスオ「!」
ワカメ「…」
マスオ「ワ、ワカメちゃん!? どうして…」
ワカメ「…それ、お母さんだよね?」
ワカメ「お母さんが、えっ? どうして裸で…知らない男の人と…」
マスオ「ち、違うんだワカメちゃん! これは…」
ワカメ「…あああああああああああ!!!!」
マスオ「ワ、ワカメちゃん!」

マスオ(まずい、みんなが起きる! せめてビデオだけでも…!)
ガチャガチャ
ワカメ「ああああああああ!!! ああああああああああ!!!!!」

マスオ(よし、ビデオは回収した!)

波平「な、なんだ! なにが起きた!?」
フネ「ワカメ、どうしたの!?」
サザエ「ワカメ、落ち着いて! ワカメ!」
タマ「フー!」

ワカメ「うわああああああああああ!!!!! ああああああああ!!!!!」
波平「きゅ、救急車を呼ぶんじゃ!」

ピーポーピーポー

翌日

医者「ワカメちゃんに肉体的な異常はありません。しかし」
波平「しかし?」
医者「精神的なショックで強烈な錯乱状態となり…今は満足に他人を認識できる状態じゃありません」
医者「心ここにあらずといった感じで、無表情で空を見つめています」

医者「幼い女の子ですから、トラウマやPTSDのような後遺症が残るのは避けられないでしょう」
医者「現状を抜け出すにしてもいつになるか…下手をすれば一生…」
波平「わ、私の娘は…気違いになってしまったのか…!」
フネ「ワカメ…ワカメ…!」
マスオ「…」

波平「…」
マスオ「お義父さん…」
波平「マスオ君…」
波平「ワカメが錯乱したあの夜、居間には君もいたな」
波平「あの夜、何があったのか教えてくれないか」
マスオ「…」
マスオ「わかりました…全てお話します」
マスオ「お義父さんはワカメちゃんのようにならぬよう」
マスオ「二人きりのときに…居間にいきましょう」

マスオ「これです」
波平「ビデオ…?」
マスオ「アナゴ君からもらったビデオなんですが…再生します」

ガチャ

波平「…ん? これはフネじゃないか」
波平「こんなところで何して…お、おい!」
波平「や、やめんか貴様! フネに何をするんだ!」
マスオ「落ち着いてくださいお父さん! これはビデオです!」
波平「バカモン! フネに近付くな! やめろ、やめるんだ!! やめろおおおお!!!!!!!」

フネ『ああっ! 旦那のよりいいワッ!』

波平「そ…んな…」
波平「フネが…フネが…フネがああああああああ!!!!!」
マスオ「お義父さん…」

波平「フネはな…ワシと付き合うまでは蝶よ花よと育てられた清楚な娘だった…」
波平「並んで歩いて指が触れ合っただけで、顔を耳まで赤くするような女の子だった…」
波平「新婚の頃は毎日欠かさず電話して、私が会社から無事帰れるか心配して確認するような女だった」

波平「そんなフネがなぜ…フネ、フニェエエエエエエエエアアアオエウエオエエ!!!!!」

ヒラリ

マスオ(あ…最後の一本が抜け落ちた…)
波平「ワシだ…全部ワシのせいなんじゃ…」
波平「ワシがもっと稼いでおれば、フネは身売りに手を出さないですんだ…」
波平「ワシがもっとフネを女として満足させていればフネは…」

波平「ワシのせいだ…ワシの、ワシの、ワシの、ワシのワシのワシのワシのワシのワシのワシのワシの」

マスオ「お義父さん! お義父さんは何も悪くありません!」
波平「あ…うあ…あばばばばwwwww」

マスオ(お義父さんはもうダメだ…)
マスオ(僕が話をつけるしかない)
マスオ(お義母さんのところに行こう…)

中島「おじいちゃんがついにPCを買ってくれたぞ!」
中島「早速エロ動画、エロ動画…」
中島「『エロ 無修正』、と…」
中島「ふんふん…うはwww」
中島「オススメの女優、と…ん?」
中島「あれ…これって…まさか…」

中島「…」
中島「た、大変だ…磯野に連絡しないと…」
中島「『履歴 消し方』、と…」

フネ「どうしてワカメがこんなことに…」
フネ「私が家族を裏切ったから、きっと天罰が…」
マスオ「お義母さん」
フネ「!」

フネ「あ…マ、マスオさん…どうしたの?」
マスオ「お話があります」
フネ「何の話かしら」
マスオ「お義母さんが出演しているアダルトビデオの話です」
マスオ「『素人熟女ナンパ白書Fさん52歳』『素人熟女ナンパ白書2Fさん52歳放尿編』」
マスオ「『五十路熟女ソープへようこそ』について、詳しく聞かせていただけますか」

フネ「な、なぜそれを…!」
マスオ「急に羽振りが良くなったり、おかしいとは思ったんです」
マスオ「どうしてですか、お義母さん。なぜみんなを騙すような真似を…」
フネ「それは…その…」
マスオ「ワカメちゃんはあなたのビデオを見て、ああなったんですよ」
フネ「えっ…?」

マスオ「さらに僕はお義父さんにも見せました」
フネ「!?」
マスオ「みんなを巻き込んでしまった以上、あなたには黙秘権はありません」
マスオ「もう、良き家庭のお母さんの仮面を被るのはやめにしませんか」
マスオ「今の貴女は獣欲に満ちたただの老いたメス犬だ!」

フネ「…仕方ないじゃないの」
マスオ「えっ?」
フネ「ワカメを産んでからの数年、あの人は私を女だと見ることは少なくなった」
フネ「私もあの人を男と見ることはできなかった…昔と違って身体は衰え雄々しさは剥げ落ちて」
フネ「私は私で幼い頃から清楚さばかり求められて、それに応えるとあの人も更にそう扱うようになる」

フネ「若い身体に抱かれたとき、私の中で爆発が起きて新しい私が生まれたわ」
フネ「自分でも信じられなかった。私の中にあんなに巨大な黒フネが停泊していたなんて」
マスオ「だからといって、みんなを裏切っていいわけでは…」

シュルシュル

マスオ「…お義母さん? なぜ服を脱いで…」
フネ「あのビデオを見て、あなたも私に欲情していたんでしょう…? 隠さないでいいのよ…」
フネ「私とサザエ、食べ比べしてもいいんじゃない? 若い娘にはない魅力があるんだから…」

マスオ「…ゴクッ」
マスオ「…ええい! 違う違う!」

マスオ「僕はあなたとは違う! 僕は、サザエを、タラちゃんを、家族を裏切らない!」
マスオ「僕達は…この家を出ます。もうあなたといられません」
マスオ「ワカメちゃんの治療にはできるだけ助力しますが、僕とサザエとタラちゃんはこの家を出る」
フネ「…ふん。好きにすればいいじゃない」
マスオ「あなた達とは縁を切る。今後一切あなた達との接触は、間接的にも試みない」
マスオ「安心してください…あなたが行ったことは、もう誰にも言いませんから」

ガラッ

タラヲ「そういうわけにはいかないです」
二人「タ、タラちゃん!?」
タラヲ「そういうことだったですか。おばあちゃんたらとんだアバズレです」
タラヲ「パパ。縁を切ると言ってるですけど、その安月給で家族を養えるですか」
タラヲ「おじいちゃんは優しくしてくれるし、僕は貧乏なんてまっぴらです」

タラヲ「それに間接的にも接触しないとなると、おじいちゃんの遺産はどうなるです?」
タラヲ「全部カツオお兄ちゃんとワカメお姉ちゃんのものだなんて…許されないですよ」
マスオ「タ、タラちゃん…でも」
タラヲ「パパ。ここは全てを忘れて、今まで通りに普通の家庭を演じていけばいいんです」

タラヲ「おじいちゃんもおばあちゃんも、ワカメお姉ちゃんは無理でも…まあどうせ変わらないです」
タラヲ「僕はおばあちゃんを許してあげるですよ」
フネ「タラちゃん…」
タラヲ「ただし…あとで僕のところにこい、ですよ」


マスオ「僕はどうすれば…」
タラヲ「僕が言った通りにすればいいんですよ。いつものようにニコニコしてればいいんです」
タラヲ「幸いお母さんとカツオお兄ちゃんは何も知らないですし、今のお父さんは何もできないです」
タラヲ「さ、おばあちゃん。いくですよ」
タラヲ「熟女は初めてだから楽しみです」

マスオ「僕は…これから先続けられるのか…偽りの家族を…」
マスオ「僕は…僕は…」

ジリリリ

マスオ「…もしもし、磯野です。あ、中島君か…」
マスオ「カツオかい? 部屋にいるよ。今代わるね…」

ピンポーン

カツオ「中島、そういえばパソコン買ったんだよな」
中島「それどころじゃないんだよ!」
中島「エロ動画を探していたら…これを見てみろ」
カツオ「なになに…」
カツオ「…え…」

中島「なあ…これって…」
中島「お前の…姉さんだよな…」
『素人若妻ナンパ白書Sさん24歳』






動画紹介★体験談に近い動画もきっとあるはず!



  
[ 2014/07/05 ]   アニメキャラ等 CM(-)