Categoryアニメキャラ等 2/23

エロ艦長の帰還(名作選)

無限に広がる大宇宙… その深淵から一隻の宇宙戦艦が地球へ帰還する為に向かっている。    今、ヤマト艦橋の最上部にある艦長室の展望窓正面には赤茶けて干からびた地球が急速に大きさを増して迫りつつあるのが見える。  「地球かあ…」  その無惨な地球を、艦長である私沖田十三は宇宙放射線病で余命いくばくも無い体をベッドに横たえ、夢うつつで眺めている。  そしてこれまでの激闘と苦難の道程に思いを馳せていた。  …そ...

  •  -
  •  -

科学忍者隊ゴッチャマン(名作選)

唐突だが・・。男女同権が叫ばれて久しいが、仕事の同僚に若くてえっちな体の食べ頃な女が居るというのも考え物だと俺は思う。  しかも仕事が特殊任務に就く戦闘隊だとしたら尚更だと思う。  ここ数年。世界各地で『ギャラクター』を名乗る秘密結社による巨大メカを使った大規模破壊や略奪事件が相次いでいた。  そこで国際科学技術庁は科学者・南部博士を長とする特務戦闘部隊『科学忍者隊』を組織した。  メンバーは世界中か...

  •  -
  •  -

機動戦士カンタム(名作選)

宇宙世紀0079年12月、地球連邦軍最新鋭強襲揚陸艦ホワイトぺースはジャブローから離陸し、宇宙へ向かっていた。 大気圏を離脱する重力に耐えながら、艦長のブライト・モア大尉は昨日の思い出を反芻していた。 昨日、出航前の準備をしていると、ミライ・カシマ中尉が艦長室に入ってきた。ホワイトペースは戦闘艦でありながら、多くの乗組員に広くて快適な個室が与えられている。ブライトは、ドアの外に「作戦会議中」の札を下げ、ド...

  •  -
  •  -

メーテルと鉄朗(名作選)

豪奢な椅子に腰かけ、膝に置いた愛用の銃を拭きあげる。 銃器の手入れは、伯爵が自らの手で行う数少ない作業のひとつだった。 長身の銃はやや旧い形式。獲物を捉えたときの手応えが気に入っている。だが今日の狩りで役に立ったのは、普段はほとんど使われることのなかった別の機能。その働きを褒めるように、磨きこまれた銃床を指先で撫でて。 そして、伯爵はゆっくりと視線を上げた。 目の前に今日の獲物が吊られている。両手を上...

  •  -
  •  -

しずかの妊娠(名作選)

しずかはトイレに篭り、自分の性器を震えた手でなぞる。 今月も生理が来なかった。生理が来ない理由には単純に体調不良もありうるが、しずかは知っている。「妊娠」という可能性を。 事の起こりは三ヶ月前のことだった。 潔癖ともいえる彼女は一日に何度も風呂に入り、その体の清潔を保つ。その日も また風呂場で体を洗っていた。 体の隅から隅まで垢を洗い落とし、いざ湯船に入ろうとしたとき背後からドアが開かれる音が聞こえた...

  •  -
  •  -

麗子の取り調べ(名作選)

ある晴れた夏の日、両津勘吉は派出所の机に向かい、熱心に仕事をしているふりを装いながら、ある企みを計画していた。 「よぉし、これで完璧だ。見てろよ麗子、大恥をかかせてやるからな。」それは、いつも中川と一緒に両津を馬鹿にしている麗子に恥をかかせて復讐すると同時に、麗子を利用してひと儲けしようと企んだ極悪な計画だった。 計画は、麻薬の不法所持者の捜査の際に実行された。両津は極秘ルートから入手しておいた微量...

  •  -
  •  -

蘭姉ちゃんとお風呂(名作選)

「コナンくん、私も一緒に入ってイイ?」 浴室の扉が開き、そこから蘭が顔を出す。 浴室内の湯気でよく見えなかったが、そこに裸の蘭が立っているのは明白だった。 「わっ、何だよ蘭ねぇちゃん!今、俺が入ってるんだから、もう少し待っててよ!」 蘭は俺の言葉を無視し、湯船に近づいてくる。 「別にいいじゃない!私、コナンくんに見られても恥ずかしくないもの。」 俺は慌てて股間部分をタオルで隠す。 蘭はそのまま湯船につか...

  •  -
  •  -

アイドル・リョーコ

リボルバーの手入れを済ませ、オレはクロワッサンを頬張る。ホテルの窓の外では花売り娘が開店の準備をしている。オレの名は、ジャン。パリを根城に掃除屋をやっている。パートナーのリョーコはニッポン人だ。 彼女はかつてニッポンで国民的アイドルとして常に人々の注目を集める存在だった。だが今は、その存在を知られる事も許されない闇の掃除屋だ。そのリョーコが捕まっちまった。ターゲットの屋敷に忍び込んだところで、しく...

  •  0
  •  0

広末涼子

深夜の東京。 岡沢は車を路肩に止めると、隣席の広末に言った。 「涼子、ここでしてくれないか?何かムラムラしてきちゃった・・・。」 「え〜っ?今ここでぇ〜?」 広末は少し驚いて、辺りを見回す。 深夜とはいえ車の往来の多い道路の端でするのはスリリングではあるが、いかにも危険だ。 腐ってもヒロスエ。 自分をいまだにアイドルだと神聖視してくれているファンも大勢いる。 当然、広末は躊躇した。 「だぁいじょうぶだよ。...

  •  0
  •  0

板野友美

朝、2人は同時に起きた。 智美は朝ご飯を作った。もちろん2人分。 親太朗「おいしい!こんなの久しぶりだ。」 智美「とも、もっとゆっくり話がしたいんだけど…。これからリハに行かなきゃいけないの…。また少ししたら会おうね」 親太朗「仕事頑張って!応援してるから!」 智美「ありがとう!いってくるね」 親太朗はゆっくりご飯を食べて仕事に行った。おばかキャラと声とたれ目が特徴的なアイドル。意外と合うのかもしれない。...

  •  0
  •  0

AKB48

僕は今年AKB48のマネージャーになりました。もちろんしたっぱです。担当はノースリーブスの3人です。ある日先輩のマネージャーに呼ばれました。 先輩「光輝(名前)。ノースリーブスのマネージャーになったからには儀式を受けてもらうぞ?」 光輝「ぎ、儀式?一体何をするんですか?」 先輩「まぁついて来い」 光輝「は、はぁ#183;#183;#183;」 先輩について行くと大きな部屋に連れて来られた。 光輝「え、えぇぇぇ!?」 光輝が驚く...

  •  0
  •  0

教師スザンヌ

六月…スザンヌ「今日から中学校の教育実習だな〜」 一歩が通う中学校に行くことになった。スザンヌはこれから何かが起こることも知らずにいる。スザンヌは一歩達の教室に入る スザンヌは簡単な自己紹介を一歩達にした。スザンヌの担当教科は保健だ翌日…スザンヌは一歩達の教室で保健を教えている。 一歩「先生、質問がありま〜す」スザンヌ「何でしょう?一歩君」ここからスザンヌは一歩とあることをする事になる。 一歩「sexって...

  •  0
  •  0